« 保健・医療行政の失敗の原因 | トップページ | 金星・シリウス・火星・オリオン座が観られた »

2020年9月11日 (金)

米カルフォルニアの山火事

 7日にたまたま見た米ABCニュースがすざまじい山火事の様子を伝えていた。米国のカリフォルニア州では毎年山火事がおきているが、今年も次々に山火事が発生して、50か所で起きていると言っていた。

 映像で見ると物凄い勢いで木々が燃え、延焼して高級住宅も燃えていた。ある場所では山火事に追われて川辺にたくさんの自動車が集まって救助を待っていた。
 

 ロスアンジェルスでは6日に、熱波の影響で49.6度を記録したと言う。日本では先日40度を記録したところがあったが、50度というのはどんな熱さであろうか。人間や動物などが耐えられないと思うのだが。

 異常な高温と乾燥によって山火事が相次ぎ、消火活動もままならず、燃え広がっていると言う。空から消火剤を撒いたり、地上では消防隊がホースで放水していたが焼け石に水の状態のようだ。手の施しようがないらしい。

 ネットのニュースでは、ロスアンジエルス近郊のサンバーナーディーノ市ではパーティの仕掛け花火がもとで約35平方キロメートル、東京ドーム750個分を焼き尽くしたそうだ。

 州知事は非常事態宣言を発令し、鎮火のめどが立たない地域住民2500にんに避難指示を出したと言う。

 以前オーストラリアで広範囲の山火事があったが、こうした山火事は乾燥した気象がもたらすものである。地球上では日本や中国では豪雨に見舞われているが、逆に異常乾燥に襲われているところもあるのだ。

 こうした異常気象は地球温暖化と無関係ではないが、米トランプ大統領は地球温暖化などないとうそぶいている。二酸化炭素排出を制限するパリ協定からも離脱した。これだけ自国がやられても認めようとしない傲慢さだ。

|

« 保健・医療行政の失敗の原因 | トップページ | 金星・シリウス・火星・オリオン座が観られた »

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 保健・医療行政の失敗の原因 | トップページ | 金星・シリウス・火星・オリオン座が観られた »