2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« オンラインで国勢調査に回答 | トップページ | ジャパンライフと桜を見る会の徹底究明を! »

2020年9月21日 (月)

早朝に雨が少ない訳を知りたい

 このところ秋雨前線が停滞し、不安定な天候が続いている。夜中に雨が降ったり、日中天気が変わって雨が降ったりしている。

 秋の雨のことを「ススキ梅雨」というのだとNHKの天気予報で知った。春は「菜種梅雨」という。ちなみに冬には「山茶花梅雨」という言い方があるのだとか。

 日本は四季があり雨も多いので雨に関する表現が多いと言われる。一説では400余りもあるそうだ。

 子どもの頃は遊んでいて日が照っているのに雨が降ると「狐の嫁入り」と言っていた。最近は豪雨が多いが、「これまでに経験したことがないような雨」などという言い方が出て来た。「ゲリラ豪雨」というのもよく使われるようになった。

 秋の雨は「秋雨」「冷雨」「秋湿り」「秋霖」など。「霧雨」は秋の細かい雨のことで、春には「小糠雨」というのは初めて知った。

 今年の夏よくあった「ポツン、ポツン」と降る雨は何と言うのだろう?

 ところで私は毎朝ウオーキングをしているが、雨が降ったときは休むことにしている。毎日記録をしているが、雨で歩かない日は月に1から2回ぐらいである。3回は余りない。

 ところが9月になってまだ1度も休んだことがない。不思議なことである。一度傘を持って出て途中で降られたことがあったが。

 今(18日)外では雨が強く降っているが、今朝もウオーキングができた。早朝には雨が少ないのはどうしてなのか訳を知りたいと思う。

« オンラインで国勢調査に回答 | トップページ | ジャパンライフと桜を見る会の徹底究明を! »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オンラインで国勢調査に回答 | トップページ | ジャパンライフと桜を見る会の徹底究明を! »