« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月30日 (水)

中曽根元首相の合同葬に9643万円もの公費支出!!

 26日の朝日新聞4面に中曽根康弘元首相の「内閣・自民党合同葬」の経費として、今年度予算の予備費から約9643万円を支出することを閣議決定したという記事があった。

 「政府と自民党の合同葬」とはどういう葬儀なのだろう。昨年11月に死去した人の葬儀を何故1年近く経ってやるのは新型コロナウイルスで3月の予定が延期になったという。
中曽根氏は確か大勲位だったと思うのだが、約1億円という大金である。 大勲位なら税金から1億円も出して葬儀をやるのであろうか。まるで「国葬」ではないか。

 安倍元首相も8年8か月も首相を務めたから多分大勲位に叙せられるのだろうが、亡くなれば政府自民党合同葬で営まれ1億円が税金から支出されるのか。

 これまで葬儀を税金で行った例はどんなものがあるのか知りたいものだ。

 自民党との合同葬というが、自民党は一銭も出さないのであろうか。自民党は政権政党とはいえ私党である。公費を支出するのはおかしいと思うのだが。

 たかが1億円されど1億円である。もっと必要なところがいっぱいあるのだから、そちらに税金を使うべきであろう。

| | コメント (1)

2020年9月29日 (火)

少人数学級実現への動き

 私が現役の頃国語教育の研究をしていた「児童言語研究会名古屋支部」の児言研便りが届いた。それによるとコロナ禍の中で「少人数学級が必要!」といいう運動が広がっていることを知った。日本教育学会、全国連合小学校長会、全国市長会、全国町村会など次々に少人数学級の要望を表明しているという。

 国会でも取り上げられ、7月16日には教育研究者有志12人(乾彰夫氏、佐藤学氏、前川喜平氏、山本由美氏など)が呼びかけ人となり、「安心・安全な少人数学級を速やかに実施してください。授業を詰め込みすぎず、仲間との学びと豊かな学校生活を保障してください」との全国署名を開始した。(これより先にも全国各地で、少人数学級を求める署名はてんかいされていた。全国署名は約40日間で15万筆集められ、9月17日に文科省に提出された。この署名だと思うが私も賛同をした覚えがある。

 署名は引き続き進められ、12月末に2回目の集約がされることになっている。このような運動や世論の高まりによって、政府・文科省の中でも前向きな動きがでるようになったそうだ。菅政権はぜひ重要案件として少人数学級を実現させてほしいものだ。

 日本の対GDP比での公的支出は、OECD加盟国38か国で下から2番目の低さである。日本は2.9%、OECD平均は4.1%である。せめてOECD平均並みに引き上げるだけで、10万人の教員を増やして少人数学級を実現することは可能だという。
30年ぐらい前現職の時確か4学級定員が40数人であったが、その頃スコットランドに行ったとき、現地の先生から30人学級だと聞いたことがある。日本との違いの大きさに驚いたものであった。
ネットで調べたら、次のような記事があった。自民党内にも少人数学級実現の動きがあるのだから実現性は高い。
 

 自民党教育再生実行本部(本部長・馳浩元文部科学相)は24日、1クラス30人以下の少人数学級の実現に向け、政府に義務教育標準法の改正を求める決議を採択した。同日、馳本部長らが萩生田光一文科相に決議文を手渡した。
 公立小中学校の学級は、標準法に基づき1クラス40人以下(小学1年のみ35人以下)で編成している。決議では、新型コロナウイルス対策で「3密」を回避し、パソコン端末の活用も進める観点から「きめ細かな指導の充実を図ることが不可欠だ」と指摘。少人数化は段階的に導入することとし、2021年度の予算編成過程で必要な財政措置を検討するよう要請した。
 

 少人数化に必要な教員数は8万~9万人程度。自治体が計画的に人材や教室を確保できるよう、方策を示すことも求めた。

| | コメント (0)

2020年9月28日 (月)

銀行預金相続に関する「仮払い」制度

 2年前に亡くなった叔父の妻、つまり義理の叔母が銀行に預けていた金の相続でもめて来た。本来なら叔母が叔父より先に亡くなっているので叔父が相続しておけばよかったのだが、叔母の弟妹5人と揉めて決裂し、そのままになっていたのだ。

 叔父が亡くなった時、叔母の弟妹のうち4人は相続に合意してくれたが、1人だけ叔父に恨みを持ち同意してくれなかった。それで銀行預金は宙に浮いたままになっていた。

 たった一人のために相続権者8人が迷惑を蒙っているのだが、みんなで何度説得をしても頑として受け入れなかった。

 家庭裁判所に調停を申し込むかと思って、半田と名古屋の家庭裁判所に電話をして調べたがかなり手続きが大変で、結局審判になるだろうと思われた。解決までには時間と手間がかかりそうであった。

 叔父の相続をやってもらった税理士に電話で尋ねたら、法定相続分だけ貰えるかもしれないといった。それで銀行に電話をして担当の職員に話を聞いた。法定相続分を貰うことはできないが、昨年法律が改正されて「仮払い」ができるようになったといった。

「仮払い」とは遺産の1/3を引き出すことができるが、上限は150万円だそうだ。私たちは90万円だといった。それを8人で 法定相続の割合で引き出すことができるのだ。

 後でわかったのだが、残りの2/3はそのまま銀行に残り、相続問題が解決すればいつでも引き出せるそうだ。

 私たちはみな高齢だしいつどうなるか分からないので、叔父側の私の兄弟4人は「仮払い」で引き出すことにした。

 仮払いは必要書類を整えれば一人から請求できるそうである。必要書類は叔母の両親の連続した戸籍謄本、叔母の連続した戸籍謄本、叔母の弟妹のうち1人の現戸籍謄本である。

 翌日、私は朝7時半に家を出て、現地の市役所に着いたのが8時半過ぎであった。9時からだと思って行ったのだが、8時半に開庁していてよかった。

 戸籍関係の人とは前日に2回にわたり40分ほど話をしてあった。持って行った叔父の時の分厚い戸籍関係謄本をみんな見せて検討をしてもらった。

 その間銀行に電話して銀行の人とも話をしてもらったりした。謄本が貰えたのは11時過ぎで、なんと2時間半もかかっていた。でも、係の人には辛抱強くやってもらえたので感謝をしている。

 そのあと50分ほどかけて銀行に行った。謄本を渡し受理してもらえた。あとは銀行から送られてくる申請書類に4人が自筆で署名をし、実印を捺して、各自の戸籍謄本と共に銀行に提出すればよいのである。

 

| | コメント (0)

2020年9月27日 (日)

壊れやすくて部品代、工事費が高いTOTO製品!!

 浴室の洗面台の吐水口から水や湯が出なくなった。マニュアルを見ても分からないし、素人ではどうしようもないので水道屋に見てもらった。部品を交換しなければならないというのでTOTOの工事に依頼をすることになった。TOTOの工事屋でないと触れないというのだ。


 TOTOの工事屋から電話があって、部品と出張費と取替え費で1万4000円かかるといった。そしてシャワーも同じ部品を使っているのでこの際交換した方が良いといった。その場合は2万2000円だといった。仕方がないので両方やってもらうことにした。


 我が家の浴室とトイレと洗面所は9年前にユニットで取り換えた。ところがトイレが何回も故障するので1年ほど前に延長保証が切れたときパナソニックに替えた。

 またシャワーヘッドも1年余り前に壊れたのでTOTOの部品を取り寄せたが、電気店では3000円ぐらいでも買えるのに、10000円ほどもしたので驚いたことがある。

 今回は浴室の吐水口の他に洗面所の蛇口にもひびが入って漏れるようになった。9年間の間に次々と壊れたのだ。TOTOの製品は壊れやすい!!TOTOといえば日本第一のブランドだと思ってTOTOにしたのであったが、全く期待外れであった。
しかも部品代や交換工事費や出張費が高いのだ。TOTOは不良製品を売って部品代や工事費などで儲けようとしているとしか思えない。

| | コメント (0)

2020年9月26日 (土)

思っていた通りの新型コロナウイルスの感染の仕方

 22日に、Yahooニュースを見ていたら、米疾病対策センター(CDC)が公式サイトに掲載しているガイダンスを改訂し、コロナウイルスは一般的に、呼吸などによって空気中に漂う飛沫(ひまつ)や微粒子を通じて拡散し得ると指摘したというニュースを見つけた。「新型コロナウイルスを含む空気を浮遊するウイルスは特に感染力が強く、簡単に拡散する」としているそうだ。

 新型コロナウイルスは主に至近距離(6フィート=約1.8メートル)での人と人との接触や、感染者のせき、くしゃみ、発話によって飛び散る飛沫を通じて感染すると説明されてきた。だから3密を避けることやマスクの着用が強調されてきた。CDCも同様の説明をしていたのを、18日にこの内容を改訂したのだ。

 重要な変更点は、新型コロナウイルスは密接な接触のあった人同士で感染するのが最も一般的だとする記述に加えて、「感染者がせき、くしゃみ、発話、呼吸をした際に発生する呼吸器の飛沫やエアロゾルに含まれる形などの微粒子を通じて」拡散することも分かっていると付け加えたことだ。

 さらに、そうした粒子を鼻や口、気道、肺を通じて吸い込むと感染を引き起こし得ると述べ、「これはウイルス拡散の主な経路と考えられる」と指摘した。

 私は新型コロナウイルス蔓延が始まったころから、空気中に漂うウイルスからも感染すると思っていた。それでなければクラスタだけの感染では説明できない感染源不明者の数字の多さを説明できない。

 毎日発表される感染者数の中に感染先不明が多いのはエアロゾルなど空気中からの感染が多いことを表していると素人は考えていたのだ。

 「飛沫や大気中の粒子は空気中に滞留して他人に吸い込まれる可能性があり、6フィート以上の距離にも届く(例えば合唱練習や飲食店、フィットネス教室などで)ことを裏付ける証拠は増えている」「一般的に、換気が不十分な屋内環境はこのリスクを増大させる」としたそうだが、ここに来てやっと認めたかというのが率直な感想である。

 感染を防ぐためには、従来通り「可能な限り、他人から少なくとも6フィート(1.8m)以上離れる」よう呼びかけ、引き続きマスクの着用や手洗い、消毒の徹底を促した。これは当然やらなければならないことである。

 さらに、症状がある場合は外出せずに隔離措置を講じなければならないと述べ、屋内では浮遊菌を減らすために空気清浄機を使うことを勧告しているというが目新しいことではない。我々は会合をする場合、3密を避け、窓や入り口を開けて換気をよくし、大きな声でしゃべったり、歌ったりしないように気を付けている。

| | コメント (0)

2020年9月25日 (金)

コロナ禍で教員の過労が大変だという

 教職から離れて23年、学校のことは全く分からなくなって久しい。新型コロナウイルスで全国の学校が休校になり、その後再開されたが夏休みが短縮された。教育の現場はどうなっているのかと思っていた。

 20日の朝日新聞に「コロナ禍 教員に負担ずしり」という記事が載った。読んで初めて教員の置かれている状況が少し分かった。
 

 以前から教員の労働時間が過重であることは言われていたが、コロナ禍によって業務負担が増えた。長期休業による授業の遅れを取り戻すことの他に、マスクの着用や消毒作業で体力も奪われると記事はいう。暑い夏に授業をして、今の学校はエアコンがあるようだが、教室の窓は開けなくてはならないし、ソーシャルディスタンスをとる余裕がない中でどうやって授業をやっているのか想像もできない。

 記事が挙げている例では、ある小学校の5年を担任する教員は最近、夜9時まで職員室で授業準備をすると書いてあった。コロナ以前でも長時間準備などをしなければならなかったところへ更に時間が増えたのだ。

 新型コロナウイルス対策で、ある小学校では放課後、当番の教員たちが教室のドアノブや階段の手すり消毒液を吹きかけたり、一つ一つの机や椅子をスプレーで消毒するという。

 理科で使う虫メガネを使うたびに1本ずつ消毒するそうだが、虫メガネだけでなく、他にもいろいろな用具の消毒をしなければならないであろう。想像してだけで大変だとわかる。

 子どもに手を消毒させたり、体温を測ったりやらなければならない事がいろいろあるだろう。

 調査によると、公立の教諭と主幹教諭の57%が過労死ラインとされる付月80時間以上の時間外労働をしていたという。そのうち43%は月100時間超だったそうだ。

 コロナ対策の負担感では、消毒作業が90%、子どもへのソーシャルディスタンスの指導が89%、子どもの心の不安と向き合うことが81%などだという。教員の疲労がたまっていて、このままでは学校が危ないと指摘している。

 文部科学省は全国の公立小中に常勤教員3100人を追加配置する費用と、補習などをする非常勤の学習指導員約6.1万人、スクールサポートスタッフ(SSS)約2万人を追加する費用を補正予算で決めた。しかし、なかなか人材が集まらないという。

 コロナの終息が見通せない中現場の教員の苦闘が思いやられる。医療関係者だけでなく教員や保育士などへの感謝も忘れてはならない。

| | コメント (0)

2020年9月24日 (木)

連休中の車の多さに驚く

 連休に娘たち夫婦が東京からやってきた。新型コロナ禍で東京から来ることに迷ったそうだが、年末に来られるかどうか分からないので、思い切って来たと言っていた。

 ただ友達に会うのは遠慮することにしたし、婿がいつも遊びに行く田舎の友人は、年寄りがいるし田舎だから来ないで欲しいといったそうだ。

 我が家も妻も私も高齢者だが久しぶりのことだし、コロナに罹ったときはその時のことだと迎え入れた。

 我が家は3年ほど前に車を手放してしまったので、いつものようにレンタルカーを借りてくれた。土曜日にはスーパーへ買い物に行ったり、墓参りに平和公園に連れて行ってくれた。

 その時驚いたのは車が非常に多く、幹線道路が渋滞していたことであった。平和公園の行きも帰りも渋滞して、帰りには広小路通で千種駅の方に回ったのだがやはり車が非常に多くノロノロ運転であった。

 21日の敬老の日には東海市まで行ったが、桜山からの空港線も大変な混雑であった。名四国道に入ったら更に混雑が激しく、私が運転していた頃に経験したことがない混みようであった。

 おかげで道を間違えてしまったがどの道も車が多かった。やっとのことで目的地に着いた。用を済ませて帰りは産業道路を通って帰ったがやはり車が多かった。

 この日は天気が素晴らしく良く完璧な日本晴れであった。そうしたこともあって車で遠出をした人たちが多かったのかもしれない。
 

 家に帰ってスマホでネットのニュースを見ていたら、全国各地で車や交通機関で出かけた人が多いと書いてあった。北海道でも車が多いと報じていた。

 東京都が旅行制限を緩和したこともあって全国的に連休の人出が多くなったのかも知れないと思った。コロナ禍で出ることができなかったのが好天気にも誘われて、墓参りや行楽にでかけたのであろう。

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

彼岸の中日に開いた彼岸花

 今年の彼岸の中日は9月22日だ。朝いつものようにウオーキングに出かけたら石川大橋の近くで彼岸花(曼殊沙華)が開いていた。薄いピンク色の花であった。

 例年なら赤い花とクリーム色の花が咲くのに、今年はなぜかピンクの花であった。赤い花とクリーム色の花が混ざるということはないと思うのだ。写真を日本語グループにアップロードしたら、今年は天候の加減で変化したのではないか?というコメントがあった。

 最初に芽を出したのは9月17日であった。時々写真に撮ってきた。彼岸花は彼岸の中日頃には咲くだろうと予想していたら、その通りに中日に開いていた。

 彼岸花という名の通り、彼岸になると咲くのだから不思議である。今年日本で一番早く開花したのは静岡県のどこかで、20日であったとネットニュースに出ていた。

 石川大橋近くの彼岸花はドンピシャの中日に咲いたのだからすごい。植物でも動物でもどうやって季節を知るのか知らないが不思議である。

 半田の矢田川沿いの堤防には彼岸花を植えてあるが、赤い花が咲くと見事である。今年はもう咲いたのかどうか。

 彼岸花はよく墓地に咲くが21日に東海市の長源寺の墓地に行ったときは一つも見なかった。赤い色と墓地に咲くことで好かれていない花だ。子どもの頃は好きではなかったが、歳をとった今は好きになった。曼殊沙華という名が奥ゆかしい。

Img_2520

Img_2521

          9月17日

Img_2522_20200922141001

            9月18日

Img_2523_20200922141001

 

Img_2524_20200922141001

           9月21日

Img_2533_20200922141001

         9月22日

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

ジャパンライフと桜を見る会の徹底究明を!

 9月19日の朝日新聞はジャパンライフ元会長ら14人をオーナー商法の詐欺容疑で逮捕したと1面や社会面で大きく報じた。
ジャパンライフは高齢者を中心に延べ約1万人から2100億円という巨額の金を集めたという。戦後最大級の消費者被害事件だと言われる。

 元本保証と年利6%の配当をうたい、顧客に磁気商品を買わせ、有料で別の人にレンタルするという商法を全国展開した。そのために事あるごとに政治家や有名人とのつながりをアピールしたという。そのために多額の金を使って関係を築いたのだと思われる。

 その一つが安倍首相の桜を見る会であった。新聞によると平成27年の日付の入った内閣総理大臣安倍晋三名の招待状と受付表を印刷して、「安倍晋三内閣総理大臣から山口会長に『桜を見る会』のご招待状が届きました」というチラシを作り宣伝していたという。新聞にはその写真が載っており、NHKニュースでもそのチラシが紹介された。

 安倍前首相は19年12月の参議院本会議で「個人的な関係は一切ない」と答弁した。菅内閣の加藤官房長官は、野党の再調査要求に、資料が保存されていないことを理由に「今から改めて調べても確たることは申し上げることはできない、と認識している」と述べて、否定的な見解を示した。

 ジャパンライフは、その加藤官房長官自身が一億雄活躍相時代に山口容疑者と会食したと顔写真付きのチラシを作っていた。加藤氏からジャパンライフを「非常に高く評価していただきました!」と記されていたという。加藤官房長官は18日当然のように会食や個人的な関係について否定した。

 安倍前首相や加藤官房長官など政界の大物が、山口元会長とつながりをもっていたことについて、このままうやむやに放置してはならない。「桜を見る会などはいつまでもこだわるな、もっと大事なことがある」という人たちがいる。疑惑が明らかにされるのを恐れてのことだ。そうした声にひるむことなく、野党は桜を見る会問題の解明に取り組むべきである。森友、加計問題や改ざん問題などと共に徹底的に追及してほしい。

| | コメント (1)

2020年9月21日 (月)

早朝に雨が少ない訳を知りたい

 このところ秋雨前線が停滞し、不安定な天候が続いている。夜中に雨が降ったり、日中天気が変わって雨が降ったりしている。

 秋の雨のことを「ススキ梅雨」というのだとNHKの天気予報で知った。春は「菜種梅雨」という。ちなみに冬には「山茶花梅雨」という言い方があるのだとか。

 日本は四季があり雨も多いので雨に関する表現が多いと言われる。一説では400余りもあるそうだ。

 子どもの頃は遊んでいて日が照っているのに雨が降ると「狐の嫁入り」と言っていた。最近は豪雨が多いが、「これまでに経験したことがないような雨」などという言い方が出て来た。「ゲリラ豪雨」というのもよく使われるようになった。

 秋の雨は「秋雨」「冷雨」「秋湿り」「秋霖」など。「霧雨」は秋の細かい雨のことで、春には「小糠雨」というのは初めて知った。

 今年の夏よくあった「ポツン、ポツン」と降る雨は何と言うのだろう?

 ところで私は毎朝ウオーキングをしているが、雨が降ったときは休むことにしている。毎日記録をしているが、雨で歩かない日は月に1から2回ぐらいである。3回は余りない。

 ところが9月になってまだ1度も休んだことがない。不思議なことである。一度傘を持って出て途中で降られたことがあったが。

 今(18日)外では雨が強く降っているが、今朝もウオーキングができた。早朝には雨が少ないのはどうしてなのか訳を知りたいと思う。

| | コメント (0)

2020年9月20日 (日)

オンラインで国勢調査に回答

 15日に国勢調査の用紙が配られた。手渡しであった。オンラインでや郵送で回答するのだと言っていた。テレビや新聞でもオンラインでの回答を勧めていたので、次の日にパソコンで回答することにした。

 中に入っていた説明書を読むと簡単そうであった。Googleで「国政調査オンライン」を検索するとすぐに出た。

 ログインをするとき、ID記入のマスが二つになっていた。それでアルファベットの4文字を2つに分けて入れたら、間違っていると出た。やり直しても間違いというので電話で聞こうと思った。ふと説明書をもう一度見ると、二つ目のマスには数字を入れることになっていた。よく見れば丁寧に説明してあったのを適当に見たのがいけなかったのだ。

 次に進んでアクセスキーを入れてログインすることができた。回答画面は一項目ずつ記入するようになっており、順番に記入すればよかった。20ぐらいの項目があったように思うのだが、私は無職なので通勤の手段などは関係がなく16項目ほどで記入を終わった。

 オンライン回答についてのアンケートがついていたのでそれにも答えた。確認画面で回答の確認をし最後に保存用のパスワードを作成して「送信」ボタンをおした。かかった時間は20分ほどであった。

 国勢調査は10月1日現在の状況を調べるので、これから10月1日までに変わったことがあれば再度オンラインで修正しなければならない。

 国勢調査といえば15年ぐらい前に町内会副会長をしていたとき、調査員をやらされて大変嫌な思いをした。ある家では名古屋市の公務員なのに国勢調査は協力できないとグダグダ言われた。またあるアパートでは態度が悪いなどと難癖をつけられた。訪問しても不在の場合も多く用紙の手渡しや回収に難儀をしたものだ。

 その点今回はパソコンやスマホでのオンラインや郵送なのでお互いに楽である。

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

大坂選手のマスクとBlack Lives Matter

  大坂直美選手は全米オープンに出場し、警察のために犠牲になった黒人の名を書いた黒い7枚のマスクを用意し勝ち進んで見事優勝した。

 大坂選手は勝ち進むたびにマスクを変えたのだが、優勝まで進んだことで7枚のマスクをすべてつけることができた。それで彼女のこの行為は全世界のメディアで伝えられ、見事に彼女の人種差別へのメッセージを広げることができた。

 そのマスクの1枚目に書かれていたのがブレオナ・テイラー(当時26)さんであった。テイラーさんは女性の救急救命士であった。

  テイラーさんが殺されたのは、訴状によると、3月13日未明、自宅で恋人の黒人男性と就寝中、捜査官に踏み込まれ、少なくとも8回撃たれたという。

  警官がドアをたたき破って侵入し混乱したとはいえ無防備であったはずである。それなのに8回も撃って殺してしまうという警官の行為は戦慄が走る。

  ケンタッキー州ルイビル市警は当時、別の男性を容疑者として薬物捜査にあたっており、この男性の出入り先としてテイラーさん宅が浮上。だが、テイラーさんにも恋人にも薬物での摘発歴はなく、薬物も結局見つからなかったというのだ。

  日本でも薬物捜査で芸能人などが逮捕されることがよくあるが、テイラーさんのように暴力を受けたり、殺されたりすることはない。

  米国では黒人は動物以下の扱いをされるのか。無抵抗の人間を8回も撃つなどどんな精神状態でできたのであろう。

  そういえば大阪選手が最後につけたマスクのタミル・ライス少年も公園で玩具の中で遊んでいて8発ぐらい撃たれて殺されたと言う。

  テイラーさんの場合は市が遺族に1200万ドル(12億7千万円)を支払うことになった。両者の訴訟で15日、和解が成立した。和解条項には市警の改革も盛り込まれた。

  金が払われたとはいえ、26歳の若い命は戻ってこない。テイラーさんは救急救命士というい命にかかわる大事な仕事をしていたのだ。

  肌の色に違いだけで動物以下の扱いを受ける米国とはいったいどういう国なのか。

 

| | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

いのこ福代版 なのだソング

 下の写真は昭和区平和のつどいで上演された群読「なのだソング」で、劇団うりんこのいのこ福代さんが作詞したものである。ネットで調べたら井上ひさしさんの「11匹の猫」の中になのだソングがあり、そのタイトルを借りて作ったもののようだ。

 とても良い内容なので写真に撮って下に掲載した。

 Img_2509_20200914162901

| | コメント (0)

2020年9月17日 (木)

14回 昭和区平和の集い

 12日(土)午後1時から名古屋市公会堂4階で開かれた「第14回昭和区平和のつどい」に参加した。記念講演がサンデーモーニングのコメンテーター、安田菜津紀さんだったので生の姿を見たいと思ったのだ。

 新型コロナウイルス対策として、検温、アルコール消毒、マスク着用が求められ、座席はソーシャルぢスタンスを保つようになっていた。

 プログラムは2部に分かれ、
 第一部 平和の文化交流
  ☆開会あいさつ
  ☆マジックとバルーンアート     桜花学園インターアクトクラブ
  ☆群読「♪なのだソング」      いのこ福与さんと共に
  ☆「活動紹介・つなぐ子ども食堂」  安藤綾乃さん

 第二部記念講演
   講師  安田菜津紀さん
   演題 「紛争地、被災地から平和を伝える」
 

 安田さんの講演は中央の大きなスクリーンにフォトジャーナリストである安田さんが撮った写真が写され、話が進められた。
 

 彼女がフォトジャーナリストになったいきさつや米国のイラク侵入、シリアの内乱、そして東日本大地震・大津波により壊滅的破壊を受けた岩手県陸前高田のことなどを話された。

 シリアは人口2200万ぐらいの国だそうだが、IS(イスラム国)とシリア政府との戦いで半分近くの1000万人が国外に逃れたという。新型コロナウイルスから命を守るために我々は「移動しない」でいるが、紛争地では「移動」によらなければならないのことを頭に止めて欲しいと話された。

 安田さんの夫の実家が陸前高田にあるそうで、その関係で被災地陸前高田に関わって来られたのだ。義理のお父さんが、勤めておられた4階建ての病院の屋上から津波が押し寄せてくる様子を摂った4枚の写真を映された。それによると7万本の松があった松原が消えていき、街が完全に津波に襲われた様子がよくわかった。

 陸前高田の被災者たちはシリアの難民に救援物資を送ったそうだ。津波の被災によって世界から救援物資を受けた経験から、どんな物資をどのように分類して送ればよいかということが分かっていたと言う話がよかった。

 そして「恩贈り」というコトバを紹介された。またトラフィックチルドレンというコトバも紹介された。「売買された子どもたち」という意味だそうだ。これは東南アジアで起きているそうだ。

 紛争地のシリアとかイラクとかカンボジアや被災地などをまわって写真に収め映像によって現地の様子を伝えておられる安田さんの仕事は素晴らしいと思った。その安田さんは今はコロナのために動けないでいるという。

 安田さんは紛争地も被災地も一番恐ろしいのは「無関心」だと言われた。関心を持って自分にできることをしていくことが大事だ。

Img_2493

Img_2494

Img_2496

Img_2499

Img_2502_20200913140201

Img_2503

 

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

予想、負の遺産を継承する菅政権

 菅氏は自民党総裁に圧倒的な支持のもと選ばれた。菅氏は安倍政治を継承すると言っている。安倍政権の8年8か月の中で政権の大番頭として安倍氏と共に先頭にたってきたのだから継承は当然と言える。

 安倍政権には多くの問題があった。それについては以前にも取り上げたので重複は避ける。記者会見で安倍政権の負の遺産について問われた。森友学園、加計学園、桜を見る会といった安倍政権の負の遺産について、一貫して追加的な対応を否定したことについて次のように答えた。

 「客観的におかしいと思ったことについてはただしていかなければならない。国民に何度も丁寧に説明することも大事だ。その上で成果を出して国民の理解をいただく。そうした対応をしっかり行っていきたい」

 安倍首相は「丁寧に説明をする」と何度もくりかえしたが結局は何も説明をしなかった。はぐらかしただけであった。だから負の遺産として未解決のままのこっているのだ。

 菅氏は官房長官として3213回の記者会見をしたそうだが、安倍政権の説明責任の点では多くの課題を残した。朝日新聞は次にように指摘している。「あらかじめ用意された答えを読み上げ、政権に不都合な質問には答えない場面も少なくなかった」これはテレビで見ている国民には分かったことであった。

 「ご指摘は当たらない」「いずれにせよ」などの言い回しでいなしたと記事は書いているがその通りである。安倍政権を7年8か月も長らえさせたのはこうした官房長官の働きがあったからだ。

 菅氏は次の官房長官について問われて「万能の人」と答えているが、自分が万能であったとひけらかすとともに、困った場面でもすり抜ける対応のできる人という意味も込められているのだ。そのよい手本が菅官房長官であった。

 こうしてみると菅政権も安倍政権と同じようにのらりくらりと説明責任を果たさず、強権でやりたいことをやることは見え見えである。

 現にフジテレビの番組で、官僚が政権の決めた方向に反対した場合、「移動してもらう」と述べた。これは官僚に対する脅しである。官僚はひるんで忖度をくりかえすことは疑いない。

| | コメント (1)

2020年9月15日 (火)

使用済みマスクの回収と再利用をすべし

 11日の夕方のテレビニュースで、面白いニュースを流していた。パリでは街に放置されたマスクで溢れているというのだ。花の都パリで?ホント?と疑いたくなるようなニュースであった。

 フランス人はどうしてマスクのポイ捨てをするのであろうか。日本でもポイ捨てマスクを路上で見かけるが、そんなには多くないようだ。

 その捨てられたマスクを集めてプラ製品に再生することを考えた企業があって、その工場でマスクを再生している様子を見せていた。

 マスクをきれいに消毒して、機械で細かくして、それをもとにペットボトルやフェースシールドなどのプラスチック製品にしているのだ。

 マスクはプラスチックを使っているものが多いのでプラスチックにできるのだそうだ。

 その企業は政府と相談して、フランス中のポイ捨てマスクや使って不要になったマスクを回収する計画をしているという。

 そのニュースを見て、日本では使ったマスクはどう始末されているのだろうと思った。私の場合、燃えるごみと一緒に出しているが、考えてみるともったいないはなしである。フランスの企業のように回収してプラ製品として再利用できないのだろうか。

 日本ではゴミの収集が厳格なので、マスクを回収するすることは容易だと思う。フランスでやれているのだから日本でできないはずがない。マスクの回収と再利用をぜひ進めて欲しい。

| | コメント (0)

2020年9月14日 (月)

立憲民主党が政権交代を目指す道

 立憲民主党、国民民主党、無所属など旧民進党系の合流新党ができた。党名は投票により「立憲民主党」に決まった。また代表には立憲民主の枝野幸男氏が選出された。

 玉木代表ら国民民主党の一部の人たちが参加しなかったのは残念であるが、衆参149人、うち衆議院106名が結集した。政権交代も視野の入れる野党第1党の誕生である。

 つい先ごろ安倍首相が退陣を表明し、政権党の自民党は総裁が菅氏になるのが確定的である。そうすれば次の首相は菅氏であり、来るべき衆議院選挙では安倍首相ではなく菅自民党と闘うことになる。これまでとは状況が大きく変わりそうだ。

 でも、安倍政権の継承を掲げる菅氏である。安倍政権の数々の悪業をついて闘えば衆院選で大きく飛躍し、政権獲得も夢ではないであろう。

 今週の週刊朝日では、田原総一朗氏と小沢一郎氏が対談し、田原氏は小沢氏に3度目の政権獲得のチャンスだとけしかけている。小沢氏もそれに対しやる気満々に答えている。

 その小沢氏は国民民主党から新党に合流した。選挙の達人だと言われる小沢氏の協力によって衆院選では自民党を負かせてほしい。

 衆院選で勝ち政権交代の持ち込むために最も大事なことは、野党勢力の結集である。残念ながら維新の党は隠れ自民党で期待ができないが、それ以外の国民民主党や共産党や社民党や無所属などの結集をはかり、市民連合など幅広い国民と共に闘うことだ。

 田原氏によると、共産党は全面的に野党勢力と市民連合などの結集に協力するそうだ。この際党利党略は言っている場合ではない。互いに譲りあって自民党・公明党の連合政権打倒のために、全ての知恵と力を集めて闘うべきである。そうすればかつての民進党が政権を取った時の再来も夢ではない。
 

 8年8か月にわたる安倍政権にうんざりしてきた国民は大きな期待をしているはずだ。メディアは自民党総裁の交代に焦点を当て立憲民主党は無視されるであろう。メディアへの働き掛けも大事である。

 今はネットもある。SNSを駆使して有権者に働きかけるべきである。あらゆる知恵を絞れば道は自ずから開けるのだ。

| | コメント (1)

2020年9月13日 (日)

握力は筋肉と長寿のバロメーター(NHKガッテン)

 9日のNHK「ガッテン」は「握力と長生き」の関係についてであった。福岡県久山町で59年間にわたって行われている、健康診断と体力測定のデータから、様々な病気による死亡リスクと『握力』に強い関係があることがわかってきた。握力が弱い人たちは、平均値の人たちより病気による死亡リスクが高くなってしまうというのだ。

 「握力」と言えば、人間ドックに行くか学校の体力検査で調べる程度である。私は退職後は握力を測ったことはない。25年ほど前に測った時どのくらいあったか記憶していない。ただ握力は強くなかったことは覚えている。

 研究によると、65歳以上の男性は29.5kg、女性は16kg以下だと総死亡リスクが高いそうだ。ちなみに6歳未満では男性39.5kg、女性は23.5kg以下だという。

 ガッテンでは最初に握力日本一の男性が登場した。普通の握力計では100kgで振り切れ測れなかったが、握力が165kgだと言っていた。この男性は一体いくつまで健康で生きられるのか・・・?と思ったが、握力が高いから長生きとは限らないようで安心した。

 握力は腕のごく一部の筋肉の強さを表しているだけのはずなのに、いったいなぜ全身の健康状態と深い関係があるのか?
握力は、全身にの見えない筋肉の量を反映する「バロメーター」で、生活習慣病をはじめとする様々な病気を引き起こす、全身の筋肉量低下を知る手がかりとなりえるのだそうだ。

 久山町での長年の研究の結果、握力が平均より低いグループでは、男性・女性ともに脳卒中・心筋梗塞をはじめ、様々な病気による死亡リスクが高くなることが分かったのだという

 では握力を強くするには握力を鍛える道具を使えばよいのかというとそうではないのだ。スクワットなど、全身の大きな筋肉を継続して動かす運動がよいというのだ。運動によって体内で筋肉を合成する物質が作られる。とくに「IGF-Ⅰ(アイジーエフ・ワン)」と呼ばれる物質は、血液にのって全身に運ばれ、筋肉をどんどん作ってくれることがわかってきたのだそうだ。

 握力を計ることで、日ごろから全身の筋肉を動かしているかどうかを推し量ることができる、つまり全身の筋肉量を反映している、と考えられるのだという。

 筋肉は呼吸筋,心筋などや、胃腸や血管にもあるり全身にある。握力を測ることでそれらの筋肉の状態を知る目安になるという。

 高齢者には軽いスクワットやウオーキングなどがオススメだという。私は45歳ごろから現在まで40年間、毎朝ウオーキングをしているが、握力が弱くてもこの歳まで生きて来られたのはそのお陰かも知れないと思った。

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

金星・シリウス・火星・オリオン座が観られた

  9日の朝、ウオーキングに行くために4時半過ぎに家を出た。空を見上げると月が傘を被っていた。金星は見られるかなと思い南東の方を見ると白く光っている星があった。金星にしては位置が違うし、明るさが少ないと思い、東の方を見たら金星が煌々と光っていた。白く光っているのはシリウスだと分かった。シリウスも明るい星ではあるが金星の比ではない。

 歩き始めて南西の空を見上げたら火星が赤く光っていた。空には白い雲が薄く広がっているところもあったが、金星やシリウスや火星がある部分な雲がなく晴れていた。

 金星やシリウスなどを見ながら歩いていると突然シリウスの右の方にオリオン座が見られた。これまでオリオン座には気が付かなかったが、この朝ははっきりと観ることができた。

 今年になってオリオン座を見たのは確か冬だったと思う。以来久しぶりに観たので嬉しかった。

 子どもの頃は星が降るように空に散らばっていた。満天の星空であった。天の川もはっきりと観ることができた。そんななかでひときわ大きいオリオン座はくっきりと頭に焼き付いていた。だから歳を取ってもオリオン座をすぐに認識できたのだ。

 名古屋ではほんの数個の星を観ることができるだけである。夜空を見上げてもさみしい限りである。今の子どもたちは星を観ることはできない。観るとすれば科学館へ行って世界一のプラネタリウムの星空を観るしかない。満天の星や天の川などは夢のまた夢である。とても残念なことだと思う。せめて4時何頃に起きて明けの明星の金星やシリウスや火星やオリオン座などを見て欲しいものだ。

 なお、2週間ぐらい前には宇宙ステーションらしいものが金星の近くを動いていくのを観ることができた。

| | コメント (0)

2020年9月11日 (金)

米カルフォルニアの山火事

 7日にたまたま見た米ABCニュースがすざまじい山火事の様子を伝えていた。米国のカリフォルニア州では毎年山火事がおきているが、今年も次々に山火事が発生して、50か所で起きていると言っていた。

 映像で見ると物凄い勢いで木々が燃え、延焼して高級住宅も燃えていた。ある場所では山火事に追われて川辺にたくさんの自動車が集まって救助を待っていた。
 

 ロスアンジェルスでは6日に、熱波の影響で49.6度を記録したと言う。日本では先日40度を記録したところがあったが、50度というのはどんな熱さであろうか。人間や動物などが耐えられないと思うのだが。

 異常な高温と乾燥によって山火事が相次ぎ、消火活動もままならず、燃え広がっていると言う。空から消火剤を撒いたり、地上では消防隊がホースで放水していたが焼け石に水の状態のようだ。手の施しようがないらしい。

 ネットのニュースでは、ロスアンジエルス近郊のサンバーナーディーノ市ではパーティの仕掛け花火がもとで約35平方キロメートル、東京ドーム750個分を焼き尽くしたそうだ。

 州知事は非常事態宣言を発令し、鎮火のめどが立たない地域住民2500にんに避難指示を出したと言う。

 以前オーストラリアで広範囲の山火事があったが、こうした山火事は乾燥した気象がもたらすものである。地球上では日本や中国では豪雨に見舞われているが、逆に異常乾燥に襲われているところもあるのだ。

 こうした異常気象は地球温暖化と無関係ではないが、米トランプ大統領は地球温暖化などないとうそぶいている。二酸化炭素排出を制限するパリ協定からも離脱した。これだけ自国がやられても認めようとしない傲慢さだ。

| | コメント (0)

2020年9月10日 (木)

保健・医療行政の失敗の原因

 安倍首相は退陣を表明した記者会見で新たな新型コロナウイルス対策を発表し、「冬を見据えて実施すべき対応策を取りまとめることができた」と述べ、辞任のタイミングの理由の一つにした。

 安倍首相が語ったのは、簡易抗原検査の能力を8月時点の1日2万6千件から20万件に拡充し、かかりつけ医に相談・受診できる流れをつくることや人員強化も含む保健所体制の整備であった。

 たしか4月の時点でPCR検査を2万件にすると言ったのが一向に増えることなく、やっと1万数千件になったと記憶する。その間テレビではコメンテーターたちや専門家がやかましくPCR検査を増やせと叫んでいた。それなのに退陣の置き土産として20万件にすると言ったのだ。

 それでもPCR検査の先進国と比べると大きな違いがある。いつでも何回でも無料検査できる国があるのに、日本では簡易検査でやっと1日20万件なのだ。それもいつまでに実現されるか不明だし、4万円かかるというPCR検査料をどうするのかも不明である。
 

 7日の朝日新聞は「PCR増やせず10年 新型インフル教訓置き去り」という記事を載せた。それを読んで驚いた。記事によると「2009年から流行した新型インフルエンザを受けて翌10年、有識者らでつくる国の総括会議は、次のパンデミックを見据え、提言をまとめた。保健所やPCR検査体制の強化、情報を伝え意思疎通を図るリスクコミュニケーションができる広報体制の強化が主な内容であった」

 それから10年。新型コロナウイルスの流行で、提言が置き去りにされていたことが浮き彫りになったと言うのだ。

 厚生労働省は新しい病原体を大量にPCR検査することを想定した体制は作られず、検査数を増やせなかったというのである。

 これは全く政権や官僚の怠慢である。次の新型コロナウイルスのような感染症は来ないだろうと高を食っていたのか?それにしても10年間も放置した責任は大きいい。

 発熱してもどこへ行ったらよいか分からない、PCR検査が受けられない、入院先が見つからないなど、そんな患者が相次いで、自治体や医療現場で混乱が広がった。保健所や感染症の医療現場では体力の限界を超えさせられた。それもこれも政府の無能のなせる業であったのだ。

 その責任を取ることもせず、能天気に1日20万件に増やすとか、保健所を強化するなどと述べたのだ。

 保健所と言えば戦後、ほぼ半世紀が過ぎた1994年、効率重視の地域保健法が成立し、保健所の統廃合が始まった。保健所は広域化して数を減らし、国は補助費を削減。一方で、自治体は財政的裏付けがないまま保健業務の一部を肩代わりさせられた。保健所にも新業務が追加され、少ない人員で広域を担当し、住民との距離も開く。保健所の数は、1994年の848か所から、2019年には472か所とほぼ半減していたのだ。
 

 こうした保健所軽視の政策のツケが、今回の新型コロナ禍で回ってきたのだ。病院のベッド数についても削減策がとられ、減り続けている。

 いったい安倍政権は何を見て国民を無視した、金を使わないこと優先の馬鹿げたやり方をしてきたのだろう。

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

香港メディアが伝えた「日本は浪費大国」という記事を読んで

 ニュースパスを見ていたら、香港の報道だと言う記事を見つけた。「日本人は『節約の精神』を持つはずなのに、なぜ日本は『世界有数の浪費大国』なのかというタイトルに惹かれて読んでみた。

 食事の習慣では日本と中国では真逆なところがある。日本の文化では「食事を残す」ことは行儀の悪いことであり、会食の席などでも「マナー違反」とみなされる。

 たしかに日本では子どもの時から残さずにきれいに食べなさいと躾けられる。学校の給食でも配られた分は綺麗に食べることを指導されていた。

 中国では友人や取引先などを食事に招待してもてなす際、もてなす側は「食べきれないほどの料理」を注文するのがマナーであり、招待される側は「食べきらずに、わざと残す」のが礼儀とされると記事は書く。

 食べきれないほどの料理を出して満足してもらう。だからわざと残すことで「たっぷりもてなしてもらった」ことを示すのだ。中国料理で最後に魚がでるのは、「魚」の発音とYUと「余」YU(ありあまる)が同じだからだ。

 そんなわけで中国では外食産業で出る食べ残しは非常に莫大な量とされ、政府は食べ残しをしないよう指導していると聞く。

 日本では「もったいない」というコトバがあるとケニアのノーベル平和賞受賞者マータイさんは世界に紹介してくれた。節約の精神が旺盛であると思われている。

 日本は「世界有数の浪費大国」であると主張する記事を掲載した香港メディアの鳳凰網は、日本人は物を大切にする精神があると紹介し、たとえば高級食材である「河豚」を食べた後に、日本人は骨で出汁を取ったり、ヒレを炙ってお酒に入れて楽しむなど、食材を余すことなく食していると伝え、「節約の精神は日本人の生活に沁み込んでいる」と論じた。

 水戸光圀ではないが、一粒の米も大事にせよと教えられてきた。「頂きます」というのは、食事の材料をつくったり獲ったりする人達や運搬や調理をする人など全てのかかわった人達への感謝と「命」を頂くことへの感謝だと教わった。

 しかし日本が豊かになり、商業主義がいきわたり、利益を第一に考えるようになると、日本人も食べ残しをしたり、賞味期限にこだわるようになり、大量の食品ロスを出すようになったのは間違いない。

 香港メディアは日本は非常に多くの「食品ロス」を生み出していると主張し、年間600万トン以上の食品を無駄にしていると紹介。たとえば、日本では形の悪い農作物は出荷されずに破棄されるケースがあるほか、「賞味期限」や「品質保持期限」などによって食べられなくなったわけではないのに廃棄されるケースがあることを紹介したという。

 日本人は節約の精神があるはずなのに、その行動は真逆となっているのが不思議と強調したという。香港メディアの指摘のように、食料自給率が37%の日本なのに毎日莫大な食料を棄していることは恥ずかしいことだ。世界にはその日の食料に困っている人が6億9000万人もいることに思いを致すべきである。

 記事によると、中国でも食品の「消費期限」は存在するが、期限が近くなった商品は大幅に値引きするなどして販売しきってしまうケースが多いようだ。また、野菜などの販売方法は日本のような個包装は珍しく、山積みにされた商品を消費者が選んで購入する方法が一般的であり、形や大きさが揃っていなくても販売されていて、形の悪い農作物でも売れる方法が取られているという。

 戦中、戦後の食糧難の時期を思い起こして謙虚になるべきである。あの頃はどんな形のものでも、古くても売られていて、消費者も買っていたのだ。

 

| | コメント (1)

2020年9月 8日 (火)

アベノミクス、野口氏の論考より—②―

  賃金の動向は、実質値で見る必要があると野口氏はいう。毎月勤労統計調査によれば、アベノミクスが始まった2012年の実質賃金指数は104.5だった。これが19年には99.9となった。7年間で4.4%の下落したという。

 賃金の伸びを抑えた基本的要因は、非正規雇用者を増やしたことだ。

 労働力統計によると、13年1月から20年1月の間に、雇用者は約504万人増えたが、その64%にあたる322万人は、非正規雇用者だ。これによって賃金上昇を抑えることができた。

 安倍首相は雇用を増やしたと自慢しているが、増えたのは非正規雇用者で彼らの生活は不安定である。いつ職を失うか分からないのだ。

 事実、コロナショックに見舞われた今年1月から6月の間に、非正規雇用者は105万人減少した(正規はむしろ増えている)。つまり、アベノミクスの期間に増えた非正規就業者322万人のほぼ3分の1に相当する人々が、この半年間ですでに職を失ったと指摘している。

 アベノミクスの成果として、企業利益が増加し、株価が上昇したのは周知のことである。

 企業利益の増加は、生産性が高まったためではなく、また、新しいビジネスモデルが開発されたからでもないという。

 法人企業統計で、企業の売上高などについて、2019年10~12月期を12年10~12月期と比べると、売上高はこの間に8.4%増加した。年率では1.2%であり、あまり高い伸び率ではない。それにもかかわらず、営業利益はこの間に39.9%という非常に高い伸び率になったのだ。これは非正規雇用者を増やすことによって人件費の伸びを4.9%に抑えられたからだという。

 企業利益の増加は、利益剰余金を増加させた(これは、しばしば「内部留保」といわれるのだが、正確な表現ではない)。利益剰余金は、12年には250兆円だったが、18年には450兆円を超えた。

 アベノミクスでご利益があったのは、しばしば言われるように大企業と金持ちであり、労働者は非正規雇用が増え、賃金が低く抑えられ、生活の不安を抱えることになったのだ。そこへ新型コロナウイルスにおそわれてますます状況は悪くなっている。

 日銀は、国債を年80兆円程度買い上げるとしていたが、購入額は2017年頃をピークに減少し、19年末には12兆~15兆円程度にまで縮小している。つまり、異次元金融緩和の量的緩和政策は、すでにひっそりと終了しているのだ。

 残っているのは、これまで買い上げた膨大な額の国債で、これを将来どう処理すればよいのだろうか? これがアベノミクスの第2の負の遺産だと言う。

 そして財政再建目標は、何度か延期された後、新型コロナウイルス対策の財政支出激増の中で、雲散霧消してしまった。

 破綻した財政が、アベノミクスの第3の負の遺産だと野口氏はしてきする。

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

アベノミクス、野口氏の論考より―①―

  ダイヤモンドオンラインに野口悠紀雄氏(早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問)が書いた興味深い記事があった。

 安倍首相の看板政策の第一はアベノミクスで、首相は事あるごとに自画自賛してきた。本当にアベノミクスによって日本経済は回復し発展したのか。それについて野口氏はずばり、「アベノミクスの期間に日本経済は停滞したため、日本の国際的地位が顕著に低下した。」と指摘している。

 「企業の利益は増加し、株価が上昇したが、非正規就業者を増やして人件費の伸びを抑制したため、実質賃金は下落した。
その結果、『放置された低生産性と、不安定化した労働市場』という負の遺産がもたらされた」というのだ。

 それを証明するためには、アベノミクスが始まった2012年と19年を比較してみることが一番簡単な方法だという。この7年間の間に世界経済における日本の地位が顕著に低下し続けたという。
 

 GDPでみると12年では中国のGDP(国内総生産)は、日本の1.4倍だった。ところが、19年、中国のGDPは日本の2.9倍になった。いまや中国は堂々と世界第2位である。アベノミクスの期間に、日本経済は停滞したが、中国はが成長した結果だ。
 

 12年のアメリカのGDPは、日本の2.6倍だった。ところが19年には、アメリカのGDPは日本の4.0倍になった。
 

 同様の傾向は、世界のさまざまな国との間で生じていると述べている。アベノミクスの7年間で、日本は世界の趨勢に立ち遅れ、相対的な地位を低下させたのだというのだ。

 国際経営開発研究所(IMD)の世界競争力ランキングで、12年に日本は27位だったが、20年版では、日本は過去最低の34位にまで低下した。

 デジタル技術でも日本は大きく後れを取り、対象63の国・地域の62位だった。

 アベノミクスが何をもたらしたかについて、こうした数字ほど雄弁なものはないと野口氏は言う。

 アベノミクスについて安倍政権はどう総括しているのか、それとも相変わらず自画自賛をしているのか。経済に素人の私でもアベノミクスの失敗はわかる。アホノミクスと揶揄した経済学者もいた。次の総理間違いなしと言われる菅官房長官は、「安倍政治の継承」を第一に掲げ、アベノミクスも継承するつもりのようだ。アベノミクスの総括もせずに引き続き続けてよいものか。

| | コメント (0)

2020年9月 6日 (日)

ユニセフの子ども幸福度調査

 国連児童基金(ユニセフ)は3日、先進・新興国38カ国に住む子どもの幸福度を調査した報告書を公表した。調査は次の3項目。(対象は多くが5~19歳)。データは新型コロナウイルス以前のもので、現在はさらに悪化しているものと思われる。

▽「精神的幸福度」→生活の満足度が高いと答えた割合や、自殺率の数値を比較。
▽「身体的健康」→死亡率や、肥満の子ども・若者の割合を比較。
▽「スキル」→読解力や「すぐに友達ができる」と答えた子どもの割合を比較。

 精神的健康については、多くの国で、生活に満足していると答えた子どもは5人中4人以下であった。一番低かったのがトルコで53%、何と日本はトルコの次の(62%)で下から2番目の37位であった。次が英国で(64%)。

 反対に最も高かったのがオランダ、次いでメキシコ、ルーマニアであった。

 自殺で亡くなる若者の割合が最も高いのはリトアニアで、ニュージーランドとエストニアがそれに続いた。日本も自殺率が高い。自殺は、先進国の15~19歳の子ども・若者の死亡の主要な要因となっているという。

 日本は学校のいじめや家庭内の不和などを理由に幸福を感じていない実態が明らかになった。

 身体的健康については、日本は1位であった。肥満や過体重の子どもたちの割合は近年増加していて、ほぼすべての国でおよそ3人に1人の子どもが、肥満または過体重の状態にある。ヨーロッパ南部ではその割合が急増している。また、先進国の1/4以上の国で、いまだ乳幼児死亡率が1,000人中1人以上である。

 スキルについては、OECD、EU諸国において、平均して40%の子どもが、15歳時点で読解力と数学の基礎的学力を身につけていない。ブルガリア、ルーマニア、チリがその割合が最も低い3カ国である。最も高かったのはエストニア、アイルランド、フィンランド。日本は27位と低い。

 ほとんどの国で、少なくとも5人に1人の子どもは、新しい友達を作るという社会的スキルに自信をもっていないという。チリ、日本、アイスランドの子どもたちが、この分野で最も自信のない子どもたち、という結果であった。

 日本の子どもたちは、身体的には健康だが、精神的な幸福度は低い。死亡率などが低い一方、今の生活への満足度などが低く、「子どもの幸福度」の総合順位は20位だった。1位はオランダ、2位がデンマーク、3位はノルウェーと、北欧の国が上位を占めた。

 7年8か月にわたる安倍政権のもとでいじめ等で子どもの精神的満足度がワースト2であるのは象徴的である。どうして対応できなかったのか、これも重要な失政の1つである。

 

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

サンリンボー

 早朝にアイロボットで掃除を始めたら、すぐに充電してくださいというメッセージが流れ、止まってしまった。ホームベースに接続して充電を始めたがうまくいかなかった。マニュアルを見ても分からないので、後で電話で聞くことにした。

 9時からオンラインでミーティングが予定されていた。ところが待っていても相手がでなかった。10分ほど待っておかしいと思い調べてみたら時間を間違えていた。9時半からだったのだ。

 10時前にスーパーへ買い物に出かけた。空に黒い雲が広がっていたので雨に降られるかもしれないと思い、傘を持って出かけた。買いものをしている間に雨が降り出し、店を出るとき大雨が降っていた。しばらく様子を見ていたが止みそうにないと判断して帰ることにした。雨はますますひどくなり、土砂降りとなった。家に帰るとびっしょりと濡れていた。しばらくすると雨は弱まって来た。

 昼過ぎにアイロボットのサポートに電話をした。「ただいま大変混みあっています。お掛け直しいただくかこのまま待っていてください」というメッセージが流れたので待っていたら、2分ぐらいでツーツーという話中の音に変わってしまった。掛けなおしても同じように話し中の音に変わってつながらなかった。

 朝から付いてないことばかり起きると思って、ふと「サンリンボー」というコトバが頭に浮かんだ。昔母方の祖母や叔父がよく使っていたコトバであった。何かついていないことが起きると「サンリンボー」と言っていたのだ。非常によく使っていたので頭のどこかに残っていたようだ。

「サンリンボー」とはどういうことか気になったので調べてみた。Wikipediaには次のように書いてあった。

 「三隣亡の由来は全く不明で、いつ頃から三隣亡の慣習が始まったかは判明していないが、江戸時代に入ってから確立されたとする説が有力とされている。実際、三隣亡は、江戸時代よりも前の古い暦注解説書には書かれておらず、江戸時代になってから見られるようになっている。

 江戸時代の本には『三輪宝』と書かれ、『屋立てよし』『蔵立てよし』と注記されていた。すなわち、現在とは正反対の吉日だったことになる。これがある年に暦の編者が『よ』を『あ』と書き間違え、それがそのまま『屋立てあし』『蔵立てあし』と伝わってしまったのではないかとされているが、真偽は不明である。後に、『三輪宝』が凶日では都合が悪いということで同音の『三隣亡』に書き改められた経緯がある。

なるほど「三隣亡」と書くのか知った。

 他にも「九星の俗信の一つ。この日に建築をすれば火事を起こし、近所隣をほろぼすといって忌む日。さんりんぼ。」という説明もあった。火事を起こして隣近所に迷惑がかかる忌日であったのだ。

それを祖母や叔父は嫌なことがあると「サンリンボー」と言っていたので、誤用をしていたようだ。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

議論も党員選挙もなしに菅氏とは!

 9月2日の朝日新聞トップニュースは「菅氏選出強まる」であった。安倍首相の辞任表明からわずか数日でここまで来るとは驚いた。

 この間立候補するかもと言われていたのが、岸田氏、石破氏は当然として、その他にも河野氏や野田氏など何人も言われていた。自民党総裁選挙にはそれらのうわさに上った人々が立候補して争われるのだろうと楽しみにしていた。ところが菅官房長官が立候補表明をしていないのにあっという間に菅氏で固まってしまった。

 細田派、麻生派、二階派など5派閥や無所属の人も支持することになり2/3も多数を制したという。

 菅氏は安倍政権の官房長官としてずっと安倍総理を支えて来た。毎日テレビのニュースにその顔が出ない日はなかった。一時は官邸の官僚の意見が重んじられ、菅氏はのけ者にされたということもあったが、結局安倍政権の後継として菅氏を推すことになったのだ。

 どうしてそうなったのかは素人の私には分からないが、新聞によると安倍政権の政治路線を引き継ぐものとして一番ふさわしいということと、権力構造にしがみついていたいということからだという。

 安倍政権の悪政の数々はこれまで何度も取り上げて来たが、それを支えた大事な柱が菅官房長官であった。いわば同罪である。これからも安倍政権のような国会や国民を無視した政治が行われるのかと思うとがっかりである。

 これまでの官房長官としてのブリーフィングから見ても分かるように、森友問題、加計学園問題、文書改ざん、桜を見る会・・・などや強行採決などでのコメントはのらりくらりと逃げ回ったものであった。安倍政権のあの姿が引き継がれていくのだと思うとうんざりである。僅かな希望は昭恵夫人のようなことはないだろうということぐらいか?

 自民党に人材がいないのか。いてもみな同じ穴のムジナなのか。党員選挙も行わず国会議員の意向、つまり派閥の意向だけで、議論もせずにさっさと次の首相を決めてしまうこの体質。長年圧倒的多数の議員でやりたい放題にやって来た自民党のおごりが見られる。

| | コメント (1)

2020年9月 3日 (木)

中国で盛んな日本式夏祭り

 ダイヤモンドオンラインで面白い記事を見つけた。上海や杭州などで日本式夏祭りが開催され大人気だというのだ。

 8月下旬、上海市の西部、「虹橋天地購物中心」というショッピングセンターの中庭や通路などで、その名も「夏日祭」という夏祭りが開催されたそうだ。
 

 3日間行われた夏祭りでは、各種の露店のほか、無料で貸し出される浴衣体験、音楽会、太鼓のパフォーマンス、生け花体験、花魁(おいらん)道中、浴衣クイーンコンテスト、写真展などもあり、盛りだくさん。入場は無料で、今年でなんと8回目を迎えるという。

 浴衣が無料で貸し出されたり、花魁道中や和太鼓パフォーマンス、さらには盆踊りまであるとは驚きである。

 憧れの浴衣を着てお祭りを歩けるなんて、サイコー!」
「今年は日本に遊びに行けなかったけど、日本のお祭り、興奮するわ~」
「あぁ、早く日本に行って、墨田川の花火大会にも行きたいな!」
などという声がSNSで見られたという。
 

 ほぼ同じ時期、上海の南豊城というショッピングセンターでも8月中に2回、夏祭りが開催されたそうだ。
売られているものはたこ焼きやかき氷、お面、綿あめなど日本とまったく同じだし、販売している人も浴衣や法被を着ているそうだ。

 かき氷は台湾でも人気でふわふわかき氷を食べたことがあるが、冷たいものを食べなかった中国人にも受け入れられているようだ。
 

 杭州ではショッピングセンターではなく、セレクトショップやホテル、レストランなどが集積する文化エリアで7月末から3日間、「夏夜游園会」という夏祭りが開催された。約60の露店が出て、線香花火などで遊ぶイベントもあった。杭州市の繁華街から離れているにもかかわらず、若い女性などを中心に大盛況だったという。

 なぜ、ここ数年、このような夏祭りがさかんに行われるようになったのか?2014年ごろから始まった日本旅行ブームで、多くの中国人は日本各地には夏祭りというものがあるのだと知り、すばらしい伝統文化だと思い取り入れたようだ。中国人は自分たちが持っていないものにとても憧れるのだという。

 日本に行ったことがある人だけでなく、行ったことがない人でも、アニメやドラマの影響を強く受けていて、日本の夏祭りのことは皆よく知っているという。浴衣を着て花火をするのは、まるで自分が日本のドラマの主人公になったような気分になるり特別な異文化体験だという。若い女性の好きなコスプレなのだそうだ。

 浴衣もセーラー服も中国の通販サイトで簡単に購入でき、夏祭りの屋台で使う小道具などもすべて通販サイトで購入して取り揃えられるという。綿あめを製造する機械まで購入でき、日本の夏祭りをそっくり再現できてしまうとは驚きである。

 日本では西洋のハロインなどが移入されているが、それと同じようなもので、外国の楽しいイベントを移入しているのであろう。日中の相互理解と親善のために良いことだと思う。

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

googleの便利な機能―③―WORD  COACH

 Googleの第3の機能は「WORD COACH」である。これは1種のクイズゲームで、楽しみながら英語の勉強ができるのだ。

 Googleの検索窓に「WORD COACH」と入れて検索するとWORD COACHの画面が現れる。そこにはWhich word is simmilar to file?などと、問題文があり、その下に
  Gender or Folder
と選択肢が2個2段に書いてあり、どちらかを選択するのだ。すると次の問題が現れる。

 Which word is simmilar to load?
 Spill or Fill

 全部で5問あり、その中に写真で選択するものもある。

 Wich image best fits the word milk?
と書いてあって、ミルクとコーヒーの写真が並んでいるので選択をするのだ。

 右上に1問ごとにscoreが示される。5問終わると、
5/5 Score 1200
 Perfection
と表示される。

 そして5問のExplanationsが下に出て、右にあるνをタップすると、その問題の説明が英語で書いてある。

 WORD COACHは言語設定を日本語のGoogleでも使え、日本語で出題されるが、説明は英語である。

 続けてやる場合は、右下の「Next round」をタップする。

 遊びながら自然に英語の勉強ができるように作られている。スマホで使えるので、いつでもどこでもやれるのがミソである。


 As we can see that Google is getting smarter day by day and its New Game "Google Word Coach" is helping a lot to the users to expand their English Language and Vocabulary in a Fun Way.What is Google Word Coach?Very few people know about Google Word Coach. It is a fun game that is provided in search results. It is a game based on vocabulary which has been introduced by Google to enhance our English.

 It is a great Initiative by Google for Non-English Speaking people who are week in English. It helps them to enhance their English Speaking and Learning Skills. Those whose English Language skills are good and want to pass their time in some productive activity can also play this game for fun and joy.

 This amazing feature of Google Word Coach has been added below the Google dictionary and translate boxes of Google Search. When you search for any word - meaning in Google, you can see the Word Coach game below the dictionary or translate box. Or When you Type the "Word Coach" in Google It appears.

| | コメント (0)

2020年9月 1日 (火)

googleの便利な機能ー②―How to pronounce

 Googleにある面白い機能のその2は「How to pronounce」である。英単語の発音について知りたいとき、Googleで「How to pronounce real」のように、発音を知りたい単語を入れて検索をすると、右に口の絵のある画面がでる。

 左上に「real」という単語が表示されている。その下に「英語(アメリカ)の発音」と書いてあり、アメリカ英語が選択されている。その傍に▼のボタンがあり、それをタップすると英語(イギリス)の発音」というのを選択できるようになっている。

 その下に「reeーlaiz📢」が表示されている。スピーカーもしくは口の絵をタップすると発音がされる。面白いのはアメリカとイギリスの発音の違いが分かることだ。簡単な単語でも違いあるのが面白い。

 私は中学校で英語を学び、高等学校でも英語の授業があった。その頃はイギリス英語であった。と言っても当時は発音は適当であって、綴りなどがイギリス式であったのだ。

 中学校1年の先生はアメリカ英語の発音であったが、子どもにもわかるいい加減なもの、つまり日本式発音であった。高等学校の1年の時の先生はイギリス英語で、発音のライセンスを持っていると自慢していた。でも私たちが勉強したのは文法や読解であった。あの頃は英語の発音はどうでもよっかったのだ。

 ところでGoogleのこの機能には、発音が正しいかどうかをチェックしてくれるのがついている。口の絵の下の方に「Practice」と書いてあり、それをタップすると、「Speak now」と変わる。変わったときに発音すると、よかったかどうかを判定し、アドバイスのメッセージが現れる。私が試したところではとても厳しくてなかなか合格できない。

 その他にモデルの発音のスピードを変えるボタンもあり、遅く発音させることもできる。

 大事なことは、スマホの「設定」でgoogleを選び、「言語」を「英語」にすることである。デフォルトの「日本語」のままだと、Practiceが使えない。

 この機能は子どもの英語の勉強にはとても役に立つと思う。私が退職するころはまだ英語を話せる先生はほとんどいなかった。15年ぐらい前からやっと英語の先生も話せるようになってきたようだ。

 英語の勉強は音から始めるべきだという学習法がネットにはある。この歳になってやっとその大切さを知り、目からうろこが落ちた。

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »