« 白人警官に殺されたジョージ・フロイドさんの最後の言葉 | トップページ | 3度び「マスクとアルコール消毒剤」 »

2020年6月 8日 (月)

安倍政権のメディア支配を指摘した記事

 Yahooニュースを見ていたら、「官邸の『反政府番組監視』 小川彩佳・和田アキ子・IKKOも対象」という記事を見つけた。安倍政権が力を入れてきたメディア支配についてのものだ。監視文書をもとに、官邸は気に食わない報道やコメンテーターの発言があると公式ツイッターで反論し、報道に“圧力”をかけてメディアを支配してきたのだ。

 どのようにして番組監視をしてきたのかというと、内閣広報室の分析チームの職員3人ほどが専従となっている。彼らは毎日、番組を視聴して出演者の政策に対するコメントなどを書き起こす作業を行なっているのだ。記録文書は2月1日から3月9日付までの約1か月分だけでA4判922枚に及び、2種類に分類されているという。

 ①「報道番組の概要」とのタイトル
  朝の番組→「スッキリ」(日本テレビ系)、「羽鳥慎一モーニングショー」 
        (テレビ朝日系)、「とくダネ!」(フジテレビ系)。
  昼の番組→「ミヤネ屋」(日テレ系)と「ひるおび!」(TBS系)。
  夜の番組→「報道ステーション」(テレ朝系)と「NEWS23」(TBS系)
 

 番組内容が毎回、ルーチンワークで記録されていた。
 

 TBS系の「グッとラック!」、フジテレビ系の「バイキング」、日テレ系の「news zero」はなぜか基本的には監視対象外のようだという。多分政権批判がないのであろう。
 

 羽鳥モーニングショーで玉川徹氏が「私や岡田先生は政府の監視対象になっている。そんなことに職員が毎日膨大な労力をつぎ込むのなら、なぜ新型コロナウイルスの専門家会議の議事録が作れないのか」という趣旨の発言をしていた。
 

 テレビを見なければならないから専従の職員が必要で、その労力は大変なののだあろう。そうまでしてテレビを監視しなければならないのか。安倍政権の怖さを思い知らされた。
 

 おそらくネットの監視もどこかでやっているに違いないと思う。

②「新型コロナウイルス関連報道ぶり」のタイトル

 日付ごとに分類され、出演者のコロナに関連する発言がピックアップされているという。コロナ対応で歯に衣着せぬ発言で知られる公衆衛生学者の岡田晴恵・白鴎大学教授は、「モーニングショー」だけではなく、「アッコにおまかせ!」(TBS系)に出演した際の和田アキ子やIKKOらとのやり取りまで克明に記録されていた。
 

 文書を分析すると、官邸が政府の政策や対応について各局がどう報じているかを幅広くモニターするのではなく、批判的な番組やコメンテーターの発言を重点的に収集していることがわかるという。
 

 ということは和田アキ子やIKKOはマークの対象ではないようだ。たまたまひかかっただけであろう。
 

 記事は、「本誌(週刊ポスト)で報道後も監視対象となっている局は沈黙を守ったままで、特定の番組や出演者の発言を監視するのかの説明を政府に求めようともしない。長年のメディア支配で“牙”を抜かれてしまったのか。」と書いているが、メディアが抗議をしないというのは政権のメディア支配と同じように大問題である。権力を監視すべきメディアが沈黙させられている、あるいは自ら黙っているというのは”戦前回帰”が予想される怖いことだ。

 

|

« 白人警官に殺されたジョージ・フロイドさんの最後の言葉 | トップページ | 3度び「マスクとアルコール消毒剤」 »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

権力が暴走しないように監視をするのが新聞、テレビなどマスコミの仕事であるのに、権力が内閣広報室に職員を常駐して、マスコミを常時監視をしているというのは異常な事態です。本来ならテレビ各社は連帯してこのような内閣広報室の番組監視や番組への圧力を止めるように政府に強く働き掛けるべきなのに、マスコミ各社のトップと総理の懇親会という名のお食事会を相変わらず続けているようですね。政府を批判するとコメンテーターを次々と交代させて、政府から機密費で雇われた?田崎史郎氏などコメンテーターが連日テレビに出演して、政府のやることを必死で擁護する姿は辟易とします。こんなことまでして政府の批判を封じたいのは、自分たちとお仲間の利益のためによほど後ろめたいことがあり過ぎるからでしょう。平気で法律を閣議決定で変えてしまったり、都合の悪い公文書を破棄したり、民主主義の根源を完全に潰してしまった戦後最悪の内閣ですね。

投稿: danny | 2020年6月10日 (水) 08時19分

非公開の専門家会議ならともかく、誰でも視聴できるテレビ番組となれば内閣の職員よりも何倍も重箱の隅をつつくように分析しては自民党の事務所や内閣広報室へ投書している人はいくらでもいるでしょうに。
それにしてもヤフーニュースのコメント欄に典型的なのは、とりわけTBS系の「NEWS23」「ひるおび!」「サンデーモーニング」などに「左翼」「反日」等々のレッテルを貼って満足している人が多いことです。
「ひるおび!」が左翼ならば座標軸の原点はどのあたりにあるのでしょう。無難の極みのような関口宏さんでも権力に批判的なことを少しでも言えば「左翼」分子なのでしょう。
古今東西、すべての権力は腐敗するものである以上、批判が不要になることは永遠にありえないのですが。
今週の週刊文春に出ていた能年みね子の文章で、ネット上の誹謗中傷や人権侵害の対策を検討するプロジェクトチームの座長に三原じゅん子議員がついていることを知りました。
安倍首相と負けず劣らずの頭脳をお持ちの三原じゅん子議員が座長では、与党議員をネット上で誹謗中傷する者は逮捕すべきなどと飛躍する危険性は大いにあるでしょう。

投稿: たりらりら | 2020年6月 8日 (月) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白人警官に殺されたジョージ・フロイドさんの最後の言葉 | トップページ | 3度び「マスクとアルコール消毒剤」 »