« 国産マスク製造を増やし、品質保証の法整備を!! | トップページ | 待てど暮らせど来ぬ10万円特別定額給付金 »

2020年6月13日 (土)

ウエットティッシュの2回拭きで除菌

 ニュースパスを見ていたら、埼玉県が、ウエットティッシュを使ってテーブルに付着させた細菌をふき取り、どれだけの細菌が残ったのか調べるテストを行ったという記事を見つけた。

 テストに使ったティッシュは下記の4つである。
●除菌ウエットティッシュ(アルコールタイプ)
●除菌ウエットティッシュ(ノンアルコールタイプ)
●除菌表示のないウエットティッシュ
●水道水を含ませたティッシュペーパー
 

 テストの結果、どのタイプも1回のふき取りでは、全ての細菌を取り除くことはできなかったという。だが、2回目のふき取りで、ほとんどの細菌を取り除けたそうだ。もちろん水道水を含ませたティッシュペーパーでも、除菌が可能なことがわかった。 一番きれいに取り除くことができたのはやはりアルコール除菌タイプのティッシュで2回目にはすべて除去できたそうだ。

 大事なことは2回拭き取るということだ。

 またティッシュは厚さも大事だという。薄いと何枚も使わなければならないので不経済である。

 私はトイレを清拭するトイレクリーナー、床用の水拭きワイパー、キッチン用のウエットティッシュなどでもよいのではないかと思う。アルコールがないから完全除去ではないが、2回拭けばきれいにはなるというのだから。

 もしエタノールがあれば、吹き付けて使えば効果的であろう。アルコール濃度が40~80%のものを選ぶことが大事で、アルコール濃度は、高すぎても低すぎても細菌に対する効果が低下するのだ。

 なお、拭くときには同じ方向に動かすことが大事である。

|

« 国産マスク製造を増やし、品質保証の法整備を!! | トップページ | 待てど暮らせど来ぬ10万円特別定額給付金 »

新型コロナウイルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国産マスク製造を増やし、品質保証の法整備を!! | トップページ | 待てど暮らせど来ぬ10万円特別定額給付金 »