« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月30日 (火)

コーヒーの保存

 我が家では朝食がパンの時などにはコーヒーを淹れる。コーヒー豆は30年ぐらい前にコーヒーの焙煎をする専門店がオープンして以来、その店のコーヒー豆を買っている。

 毎月初めにセールをするので、その時に買っておいて、冷凍庫に保存して、必要な時に豆を電動ミルで挽いて、ペーパー式のドリップでコーヒーを出している。

 店で買って来た焙煎したコーヒー豆は、遮光したアルミの袋に200gずつ入っているので、それをそのまま冷凍庫に入れている。

 コーヒーを売っている専門店では、ガラスケースの中にコーヒー豆をいっぱい入れて売っているが、私の行く店では注文しておくと焙煎したあとに袋に詰めてくれるのでよい。毎回いろいろな産地の豆を炒ってもらって買っている。

 今日スマートニュースを見ていたら「【実験で判明】コーヒー豆おすすめ保存方法、期間別3パターン」という記事を見つけた。長く詳しく書いてある記事だが、大事なところは次の部分である。

 1 豆の賞味期限は基本2週間、保存によって伸ばせる
   1-1 コーヒー豆4つの弱点!酸化防げば、おいしく飲み切れる
 2 【期間別】おすすめな保存方法3パターンを大公開!
   2-1 【1週間】買ってきたまま常温でOK、缶保存だと尚良し
   2-2 【2週間】冷蔵庫でジップロックなどで密封保存
   2-3 【1ヶ月】冷凍でジップロックなどで密封保存、理想は小分け
 3 【徹底検証】常温・冷蔵・冷凍2週間経ったコーヒーを飲み比べてみた
   3-1 判明!飲みきる期間ごとに保存場所を変えた方が絶対いい
 4 おすすめのキャニスターは缶、袋ならジップロック
 

  我が家の場合、消費期限は1か月なので冷凍保存で良かったのだと知った。

  次に、コーヒーの弱点が挙げてあった。それは、「光」「温度」「空気」「湿度」の4つだというのだ。この4つは、コーヒー豆の酸化を進め、劣化の原因となってしまうそうだ。

 食べ物には酸化が敵である。味が落ちてしまう。だからコーヒーも酸化を防げれば、劣化することなくおいしく飲みきることができるのだ!

 具体的には、
・高温多湿は避け、涼しくて湿気の少ないところで保存する
・紫外線や蛍光灯などの光に当たらない、暗いところで保存する

 また、コーヒーを買う時は、コーヒーを粉のではなく、「豆の状態で買う」のがだいじだということだ。なぜなら、豆の方が粉に比べ、より空気に触れる面積が少ないので、酸化スピードを遅らせることができるからだ。

 この点でも我が家の買い方は合格であった訳だ。

 

| | コメント (0)

2020年6月29日 (月)

和歌山県での新規コロナウイルスの感染者についての知事メッセージ

 和歌山県で久しぶりに新型コロナウイルスの感染者が一人でたことを新聞で知ったとき、あの和歌山県でどうして?と思ったのであった。

  24日の和歌山県庁メールマガジンで、仁坂知事がそのいきさつについて触れていた。仁坂知事は和歌山と大阪は接近しているので、大阪のことをいつも心配していた。案の定新型コロナウイルスの感染者は大阪由来のものであった。

  仁坂知事は細かいと思われることにも県民に説明をされるのでとてもよいことだと思う。我が愛知県では新聞などで新感染者の数を知るだけである。

  以下に和歌山県知事のメッセージをコピペする。

  6月23日和歌山県で再びコロナ陽性者が発見されました。 大阪でこのところ何人かが感染をしている何軒かのナイトクラブとは別の接客業の友人と大阪市で会食した20代の方で、 その従業員の方が感染をしていることが分かり、 その濃厚接触者であるとの連絡が大阪市からあったので、 さっそく調べたところ陽性が確認されたのです。
 
  その方は一時高熱があったが解熱したので、 勤務をしたり、 遊びに出かけたりとしていたようです。 その方のご家族などの濃厚接触者を検査したり、 行動履歴調査をしたりしているところです。
 
 和歌山県では5月12日に最後の感染者が見つかってから41日間新しい感染者がなく、 既存の感染者も全て退院をし、 かつ2週間の経過観察期間も全ての方が終了している状態にありましたので、 久々の出来事でした。
 
  関西では、 東京と違って、 感染が抑え込まれていて良かったのですが、 ここに来て、 大阪のミナミのナイトクラブでいくつか感染が発生して少し心配しました。 今回の和歌山県の感染は大阪からの持ち込みですが、 大阪府や大阪市がよく頑張ってくれているお陰でしょうか、 ミナミの感染もここ2〜3日新規感染者がいないというように落ち着いているように見え、 このまま推移してくれることを祈りたいと思います。
 
 今回の新規感染の発表の記者会見に私は自らは出ませんでした。 これは、 6月18日のぶら下がり会見の時に予告したとおりです。
 
  すなわち「今後も感染者は出ると思います。 世界的には感染が収まっているとはとても言えない状況ですから、 和歌山県で発生しないはずはありません。 でも、 コロナ拡大防止策は、 保健医療行政の頑張りと国民、 県民の行動抑制、 営業自粛の和、 足し算ですから、 県でこれまで頑張ってきた保健医療行政が踏ん張って、 感染者が出てもちゃんとお世話し、 拡大をしないように、 検査、 調査をして、 他に拡がらないように囲い込みをしますから、 県民は、 安全には気をつけつつではありますが、 生活や経済の立て直しや健康や学力の維持に頑張って下さいということです。
 
  それに、 あの済生会有田病院の頃より、 保健医療行政の力は格段に上がって、 体制が強力になっていますので、 少し感染者が出ても、 破綻することはまずありません。 万一我々が失敗して手を付けられなくなったら、 また、 県民の皆さんにお詫びしつつ自粛の協力をお願いせざるを得なくなるかも知れませんが、 そうならないように頑張ります。
 
  そうでなくて、 いつまでも自粛一本やりでやっていては県民生活も県経済もむちゃくちゃになってしまいます。 ですから、 一人ひとりの陽性者発生に知事が一つひとつ記者会見に出たら一大事という印象が強く出過ぎて、 県民の皆様の心を過大に萎縮させてしまう恐れがあるので会見に出ないことにします。
 
  また初め、 自分で記者会見をした理由の一つである、 どんな情報を公開し、 どんな情報は公開できないかについても、 十分経験を積んで相場観が出来たので、 職員でも迷うことなく発言できると思います。 」と申し上げました。
 
  その線でしばらくはいきたいと思います。 怠けているわけではありませんで、 詳細に説明を聞き、 部内で必要な指示は出しています。
 
 このまま、 感染の拡大がないことを祈りますが、 保健医療部局は迅速に、 すべきことをやってくれています。 県民の皆さんへのお願いは、
『移行期間中における県民の皆様へのお願い(第10弾)』(和歌山県HPアドレスhttps://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/011900/d00204539.html)の通りです。
安全な生活、 安全な外出、 安全な営業でお願いします。
 

| | コメント (1)

2020年6月28日 (日)

河井前法相の巨額な買収資金の出どころを究明せよ

 昨年7月の参院選をめぐって河井克行前法相と妻の案里参議院議員が公職選挙法違反容疑で逮捕された事件で、これまで現金受領を否定してきた連中が次々と「金を貰った」と告白を始めた。

 4月には安芸太田町の小坂真治前町長金を貰ったことを認め辞職。6月25日には三原市の天満祥典市長が辞職を表明。安芸市の児玉浩市長は頭を丸めて記者会見し謝罪した。いずれも河井衆議院議員が配った94人に含まれている。

 また安芸高田市の市議会議長、副議長も現金を受け取ったと告白した。他にも呉市議をはじめ告白を始めた議員たちがいる。「天声人語」は懺悔のドミノだと表現した。

 中には「安倍さんからです」と渡された町議や「二人だけの秘密です」と言われた議員もいたという。

 河井夫妻は相変わらず違法なことはしていないと言い張っているが、金を貰った側から次々と告白が出始めたことはいいことだ。新聞には告白が続くのは裁判で名前やいきさつが出ることを見越しての防御行為だと指摘してあった。

 問題はバラまいた巨額の金がどこから出ているかである。分かっていることは通常の10倍もの1億5000万円が党から支給されていることだ。その金の中には政党交付金という税金も入っていることであろう。

 河井克行議員は安倍首相と9回も個人的に会見をしていたというニュースもあった。異例なことだという。そして会見の前後に金を貰ったのだそうだ。

 検察当局は金の出どころを調査していると思うが、容赦なく徹底的に調べて欲しい。我々国民は検察がどこまで追及するかを見守っている。

| | コメント (1)

2020年6月27日 (土)

年金の株式・債券運用で損失がでても原資は確保されているという

 我々年金生活者のとってはもちろん、将来のために年金を積み立てている現役の人たちにとっても、公的年金は大きな関心事である。

 年々年金が減らされてきたが、先日届いた今年度の年金額通知では0.2%増額となっていて、雀の涙ほどだが減るよりはましと思ったのであった。

 その年金原資は株などで運用されていると聞いていた。新聞で「年金積立金が○○兆円消失」などと報じられることがこれまでに何度もあった。安倍政権になってハイリスクの株式投資での運用が認められた以後であった。私などはそういうニュースを聞くたびに年金は大丈夫かと心配していた、
 

 先日、年金の運用についての次のような記事をYahooニュースで見つけた。「『公的年金積立金消失』のウソに騙されない! 年金の『給付財源』と積立金の『運用成績』の正しい理解」(マネーの達人)という見出しであった。

 「年金が運用損で消失」というのは全くミスリードで、公的年金の給付財源と、財源の一部である積立金の運用について正しい知識を持つことが必要だというのだ。

 公的年金の財源のうち、株式などで運用されている積立金は1割だそうだ。
■公的年金の財源
・ 年金保険料:7割
・ 国庫負担(税金):2割
・ 積立金:1割 → 株式や債券で運用されている

 マスコミは1割の積立金の運用部分での損失を大々的に報じるので、私たちは「国民が積み立てている年金保険料すべてが株式などで運用されている」「運用成績で損失が出る=年金額が減らされる」と誤解してしまうのだという。

 年金積立金の運用は、2019年末までで累計75兆円の収益を出しているそうだ。だから2020年3月の新型コロナ暴落で18兆円のマイナスがあったとしても、トータルでは57兆円の黒字が出ていて、元本割れしたわけではないという。

 先に見たように、給付財源の多くは年金保険料や税金で賄われていて、年金給付に必要な積立金は十分に保有したうえで運用が行われているから安心してよいというのだ。

 ちなみに2020年3月に大幅に下がった株価市場も、2020年6月現在には大きく回復している。

| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

日本酒やワインで梅酒などを作ると違法か?

 スマートニュースで時期に適った面白い記事を見つけた。「普通は焼酎。 日本酒やワインで『梅酒』を造ると、違法になるのは本当? 国税庁に聞く」という見出しの記事だ。

 私は最近は梅酒を作らないが、以前は梅酒やグミ酒などを作っていた。いまでもまだ残っているのが少しあり、ヴィンテージだと称している。

 梅酒などを作るとき、普通は25度の焼酎を使うが、ブランデーで作るとおいしいと聞いて安物のブランデーを使ったことがある。

 でも、日本酒やワインはアルコール度数が低いので使うことは頭に浮かばなかった。

 今回の記事は日本酒やワインを使うと違法になるかというもので、それを国税庁に確認したものであった。

 結論は、違法だということである。理由は以下の通り。
(1)ベースとなるお酒は、アルコール度数が20度以上のもので、かつ酒税が課税済みのもの
(2)混ぜていい物品は、糖類と梅、あとは財務省令で定めるもの
(3)混ぜた後にアルコール度数で1度以上の発酵がないこと
(4)米、麦、トウモロコシ、ブドウ、アミノ酸などは使ってはいけない
(5)できたお酒を販売してはいけない
 

 こうした条件を守っての梅酒造りは、違法行為には該当しません」

 その根拠は、.酒税法では、お酒を造る人は製造免許を受けること(同法7条)と定めているが、例外規定があるというのだ。

 酒税法の根拠条文としては、43条の「みなし製造」という規定の中にある。43条ではまず、「酒類に水以外の物品を混和(混ぜること)した場合において、混和後のものが酒類であるときは、新たに酒類を製造したものとみなす」と記載しており、「お酒に何かを混ぜることをお酒造りとみなす」としている。

 その上で、「みなし製造」の例外となる行為を挙げておいる。43条11項で梅酒関係について触れている。

 一部を抜粋すると、「消費者が自ら消費するため酒類と他の物品との混和をする場合」は無免許製造に該当しないというのだ。その場合の条件が上に挙げた5項目なのだ。

 (4)のトウモロコシなどを使ってはいけないのは、糖分を含んでいて発酵が起きやすいからだという。ブドウの場合は天然の酵母がついていて発酵が起きるからだという。そういえば葡萄酒は葡萄についている酵母でつくるのであった。

 梅酒造りに使うお酒のアルコール度数を「20度以上」に限定しているのは、20度以上あれば、新たな発酵が起きにくいからだという。アルコール度数が高いと、酵母の働きを抑制するそうだ。

 ブランデーやウイスキーなどは43度もあるから使ってよいことになる。

| | コメント (0)

2020年6月25日 (木)

半年ぶりに栄に行った

 久しぶりに栄に行ってきた。半年ぶりぐらいだと思う。まず三越伊勢丹の1階にあるファンケルの売り場に行った。ビタミン剤を買うのが目的である。

 ビタミン剤はビタミンB,C,Eとマルチミネラルである。最初にビタミン剤を飲み始めたのは、西宮在住の大学の先生に活性酸素除去をすることが大事だと聞いたからだ。その前に活性酸素についての本を読んでビタミンに関心があったのですぐに取り入れたのであった。


 娘がファンケルがいいよと勧めてくれたので、それ以来ビタミン剤をファンケルで買っているのだ。30年以上になると思う。

 三越伊勢丹のあとスカイルに行った。地下にある三菱UFJのATMで通帳を記入した。ATMには絶えず人が来ていた。外国為替について尋ねたいことがあったのだが、あいにく窓口は閉店中であった。

 栄の地下は以前から改装中であったが完成したようで、あちらこちらに「RENEYAL OPEN」の垂れ幕が下がっていた。

 エレベーターで上に行こうと思ったが思いなおしてエスカレーターで上った。7階にあるダイソーに行くと、店の様子がすっかり変わっていて戸惑った。明るくきれいになり商品の掲示があったが、以前とは売り場が変わっていたのだ。キャッシャーの場所も変わっていた。

 時間はあるので店内を歩き商品を見て回った。以前はあった3本セットのブラシがなかったので店員に尋ねたら、今は扱っていないと言った。

 ダイソーには客がいっぱいいたので意外であった。どんな商品を買いに来るのかとにかく客が多くいた。

 マスクも売っていた。50枚入りの箱を2000円(税別)で売っていた。これは安い方かと思ったが、全国マスク工業会のロゴはついてなかった。 他に7枚入りとか5枚入りのマスクなども売っていたが安いとは思わなかった。

 マスク用のアルコール除菌スプレー(120ml)を見つけたので試しに1個買った。トランクスも100円で売っていたので買った。

 買い物が終わってエスカレーターで降りた。ところが地下に来るとエスカレーターの場所が以前とは違った場所にあった。

 地下2階で降りたら無印良品の所に出た。以前は三菱UFJのATMの所に出て分かりやすかったのに。地下鉄の駅の方向が分からないので店に人に尋ねた。

 地下街も改装によってかなり変わった印象を受けた。歩いている人も結構多いように見受けた。ウインドウショッピングをしながら歩いたが、マスクを売っている店が目についた。布製マスクが多かったが値段は高そうであった。

 私の見た限りではドラッグスギヤマの箱入りマスクが一番安そうであった。50枚入りの箱が税込みで2000円ぐらいだったと思う。でも全国マスク工業会のロゴはついていなかった。

 新型コロナウイルス以後初めての都心部栄であったが、人の数はかなり戻ってきている印象であった。

| | コメント (1)

2020年6月24日 (水)

「エール」は底の浅いお笑い劇か!?

 NHK連続テレビ小説「エール」は、15日~19日の1週間3つのテーマでスピンオフを放送した。

 15日と16日は音の父親が頭に△の布をつけて登場した。あの世で閻魔大王のこの世に戻る抽選会があり、2泊3日の権利が当たったという設定であった。

 音の前に現れた父親は、生前と違うのは親族にしか姿は見えないということで、それ以外は生前と同じことができた。音にお金を渡し大好きな団子を買ってきてもらって食べた。そこへ祐一が帰宅して団子が置いてあるのを見てそれを食べた。父親は祐一を見ていい亭主でよかった安心したと話す。

 16日には豊橋の音の実家に行き妻や3女の娘に会う。娘を励ます。妻が夕食を食べて行ったらというのをもう戻る時間だからと断りあの世に戻る。

 あの世からの父親が会いに来るという設定がなぜ必要であったのか疑問を感じた。しかも非常にリアルな描き方で、音や3女とハグをしたりするのだ。

 17日は、祐一と音の家の前の喫茶バンブーの夫婦がどうして結婚したのかという物語だった。

 店主は以前古本屋をしていた。そこに妻になる女性が木曜日ごとに現れるようになる。店主は次第に女性に惹かれていくが好きだと言い出せない。そこに常連客が美少年を連れて現れる。その少年がこましゃくれた大人のような言い方で結婚を申し込めと促す。この少年は祐一の幼馴染で同級生の佐藤久志なのだ。

 このエピソードは時間的に全く合わない。祐一と同じクラスにいたのはずっと昔のことなのだが、ドラマではそんなことは無視して描いているのだ。第一金持ちの美少年が恋の手ほどきをするというのが可笑しい。あり得ない話である。

 18日と19日は双浦環のパリ留学と恋人との同棲、そしてプチーニの歌劇蝶々夫人のオーディションである。日本人画家と出会い同棲を始める。そしてオーディションを受けにイタリアまで行ったり、英国へ行ったりし、英国でもオーディションに合格する。

 双浦環のモデルである三浦環が留学したのはドイツであり、その時彼女は最初の夫と結婚していた。その後オペラ歌手になるため離婚し、環に熱烈な恋文を送り続けていた三浦という人と結婚するのだ。

 スピンオフではフィクションとはいえ全くあり得ないことを描いたり、モデルを無視した描き方をしている。

 スピンオフではないが、ドラマでは祐一は酒に強い人として設定され、しばしば酒を飲むシーンも出てくる。ところが古関裕而は酒は1滴も飲めなかったそうだ。飲めないどころが匂いを嗅いだだけでも駄目だったと妻の金子が書いている。酒は飲めなかったがタバコは超ヘビースモーカーで作曲をするときにはピース缶すべて吸ってしまうほどで、タバコにもうるさかったそうだ。


 酒好きに設定したのは福島が銘酒の産地だからだろうと指摘するネット記事があった。

 以前にもエールはズッコケのドタバタ笑劇だと書いたが、スピンオフを見ても普通のドラマとはかなり違った設定や描き方になっている。これでは古関裕而や妻の金子が可哀そうだ。

| | コメント (1)

2020年6月23日 (火)

FNNと産経の世論調査不正

 フジテレビ系列のニュースネットワークFNNと産経新聞社が合同で行う世論調査で不正がが発覚した。FNN・産経は調査業務をアダムスコミュニケーションという会社に下請けし、このアダムス社がさらに京都の日本テレネットという会社に孫請けさせていた。テレネットが電話調査をせずに架空の回答を入力していたというのだ。

 朝日新聞によると、テレネットの幹部職員が不正を主導した、「派遣スタッフの電話オペレーターン確保が難しかった」「利益向上のためだった」「他の社員も手伝った」などと説明したという。
 

 不正はわかっているだけでも、2019年5月から20年5月の間の計14回、2500件に及び、不正は総調査件数の約17%を占めるという。
 

 FNNと産経の世論調査では、組織をあげて安倍政権に有利な結果になるよう加工しているのではないかという疑惑もささやかれてきた。

 内閣支持率でも他社と比べるとずっと多く、不支持率は低かった。産経は政府広報機関と言われる読売よりもっと右寄りの政府広報機関だと言われる。
 

 両社は、2019年5月~20年5月の計14回の世論調査の結果を取り消し、世論調査を当面休止するというがそんな生ぬるいことで済む話ではないだろう。

 世論調査というのは質問の仕方によっても回答に差が出る。内閣支持率以外の安倍政権の政策をめぐる世論調査では、質問を恣意的にすることで、他社よりも評価が高くなる仕掛けも平気で行なっていたとLITERAは指摘している。

 その一部を下記にコピペする。
「典型が、2015年9月、国会で安保法案が強行成立した直後の世論調査だ。このとき、共同通信や朝日新聞、毎日新聞の世論調査では6割以上が“安保法案に反対”と答えていたが、FNNと産経の世論調査では、『安保法制が必要と答えた人が69.4%』。これは、質問が、シンプルに安保法制の成立を評価するかどうかでなく、〈あなたは、日本の安全と平和を維持するために、安全保障法制を整備することは、必要だと思いますか、思いませんか〉という誘導的な文章にしたためだった。
 

 今回の不正発覚は、内部告発で他のメディアに書かれるのを怖れて先手を打って発表したと言われる。
 

 下請けがやった不正だとされているが、FNNと産経がからんだ不正だと思われる。世論調査への国民の信頼を損なうとんでもない事件であった。世論調査は公正に行い、厳密にチェックし、世論に近い数字を出すようにすべきである。
 それにしてもこの事件で安倍政権は痛手を蒙ったであろう。最も頼りにしていた一角が崩れたのだから。

| | コメント (1)

2020年6月22日 (月)

3か月半ぶりに会合

 6月15日に、昭和学習センターで昭和男爵コーラスの臨時総会があった。2月までは練習をしていたのだが、センターが閉鎖になったので練習できなくなって、3か月半ぶりの顔合わせであった。3人欠席であった。

 生涯学習センターは6月から部屋を借りられるようになったが、コーラスは禁止されている。しかも、部屋の定員の半分までということで我々は視聴覚室を借りたのであった。

 最初に3か月半の間どう過ごしていたかを簡単に報告しあった。健康のために市内の旧跡巡りを始めたという人がいた。敬老パスが貰えたので目的地近くまで行って歩くと言っていた。

 ほとんど家に自粛していて、買い物とたまの釣り以外は外に出ないという人や、昨日やっとカラオケに行ったという人もいた。

 絵を描いているという人も2人いて、そういう才能のある人はいいなと思った。毎日1万歩は歩くという人もいた。その人はウオーキングを30年間続けていると話した。

 他にも天白川河川敷を歩いている人とか、矢田川に沿って歩いている人もいた。みなそれぞれに健康に気をつけているのだと知った。

 私は毎朝歌の自分のパートのピアノを聴きながら5km歩いている。ウオーキングは40年近く続けていると話した。

 我がコーラスはみな高齢者なので、新型コロナウイルスに掛からないよう家に自粛していたのだ。

 みなさんは歌いたくてしょうがないのだ。役員が練習ができる会場を探してくれたがいずれも指揮者によって不合格とされた。指揮者は私たちが高齢であることをおもんばかってか、厳しい見方をしていて、練習再開は来年の夏ごろとみているようであった。とりあえずは2か月に1回集まって顔を見せることになった。

 役員改選の時期なので次の役員を決めた。代表にはもう1年やってもらえることになり、副代表にKRさん、会計にはKNさんがなった。

 また自主練習のリーダーのSさんが重いガンになったので、KRさんが代わりに引き受けてくれることになった。

 残念であったのは最高齢の87歳のOさんとその次の86歳のIさんがこの日限りで退会をしたことであった。Oさんの退会理由は分からないが、Iさんは健康がすぐれないということであった。

 わがコーラスグループはいつも人数が増えかかると誰かが退会するので、人数が増えず残念である。2人が退会したので、私が繰り上げで最高齢者になってしまった。いつまで続けられるかなあ。

| | コメント (3)

2020年6月21日 (日)

イージス・アショア配備計画停止でよかった

 河野防衛大臣は秋田県と山口県に配備する「イージス・アショア」の配備計画停止を表明した。安倍政権が17年末に閣議決定した計画で、東西に2基設置することで日本全体をカバーするとしていたものだ。

 安全性や費用対効果に疑問があり、地元の強い反対があったが進められてきた計画である。秋田・山口では計画は撤回と受け止められている。

 5千億円もの費用がかかる上、運用開始は早くても25年度以降であった。計画停止の理由は、「迎撃ミサイルを打ち上げた際に切り離す推進装置、ブースターが決められた安全な地帯に落下させるためには、システムの大幅な改修が必要になる」というものであった。およそ10年間の期間と2000億円の費用が掛かると判明したというのだ。

 これまで「安全に配備でき、運用できる」と地元へ説明してきた。それが今になって安全ではないといういい加減さである。原発の安全神話を思い起こさせる。

 陸上イージスの導入は首相官邸の主導で決まったのだという。素人の勘繰りで言うなら、大量に購入するF35戦闘機と同様、トランプ大統領への慮りで導入を決めたのであろう。お友達を大事にする安倍首相ならやりそうなことだ。

 配備計画をやめるとそれまでにいくらぐらいの費用が掛かったのか、そのうちアメリカにいくら払ったのかなども知りたい。新型コロナウイルスで金はいくらあっても足りないのだ。税金は本当に必要なところへ厳密に使って欲しい。トランプ氏が何か言ってくるであろうがはねつけるべきである。向こうは金もうけのディールなのだ。
 

| | コメント (1)

2020年6月20日 (土)

河井夫妻やっと逮捕、首相らも責任をとるべき

 河井克行前法相と妻の案里参議院議員がやっと逮捕された。朝日新聞は2面では「前法相の逮捕 前代未聞」という見出しをつけた。テレビのニュース番組でも前法相ということが強調されていた。

 河井前法相は令和元年9月の就任記者会見で「国民の皆様の安全と安心を守るために全力で汗を流す,そのためにこそ法務省は存在をしていると,私は,そう確信をいたしています。そのための法的基盤の整備という大変重大な使命を帯びている,また同時に法務省の英文名は,「Ministry of Justice」,社会正義の実現という崇高な使命も持っていると考えます。」と述べた。

 その言葉と裏腹に、法の最高責任者である人物が、妻の議員当選のために買収という脱法行為をした疑いで逮捕されたのだ。つい先日には東京高検検事長の黒川氏が麻雀賭け賭博で辞めた。何といういい加減な法務省だろう。

 河井前法相は安倍首相の側近で、首相補佐官や党総裁外交特別補佐官として重用された。また菅官房長官とも関係が深かった。

 参院選挙に当たって、案里議員に白羽の矢を立て、首相は地元の山口県下関市から複数の秘書を広島に送って応援させ、自らも応援に立った。党からは通常の10倍の1億5000万円もの資金を与えている。

 検察は94人に2570万円を地元議員や後援会や陣営関係者に渡した資金の出どころや金の意味を追及している。

 黒川氏が検事総長になれば、河井夫妻の買収容疑については葬られると言われていたが、検事総長は林東京高検検事長になると言われるので、安倍首相や菅官房長官に忖度することなく徹底的に調べて欲しい。

 安倍首相は「法務大臣に任命したものとしてその責任を痛感しています」と述べたが、いつもの決まり文句で誤魔化そうとしている。責任を痛感しているなら具体的にどうするのかを国民に分かるようにしなければならない。

| | コメント (1)

2020年6月19日 (金)

首相記者会見のからくり

 新型コロナウイルス禍が広がり、学校の一斉休校とか非常事態宣言とか、安倍首相の記者会見が何度かあった。これらの首相の記者会見はいつもNHKテレビなどで中継される。

 NHKの中継でテレビに映るのは、記者会見冒頭に総理が一方的に話す場面だけだ。このとき、総理の両脇にはプロンプターが用意されている。原稿を書く人は官邸の決まった人で首相はそれを読むだけである。見ていると堂々と前を向いて話しているように見える。それはプロンプターのお陰なのだ。

 この記者会見を主催しているのは、新聞・テレビなどの大手メディアの記者で構成される記者クラブだ。テレビを見ていて分かるように内閣広報官が司会進行を務めて質問者を指名する。実際の主導権を握っているのは官邸なのだ。

 幹事社の質問は事前に官邸側に伝えられ、総理の回答も事前に用意されている。幹事社以外の記者からの質問も、官邸側が情報収集して想定問答を作っている。

 首相は想定外の質問に不用意に答えることがないようになっているのだ。だから首相は安心して答えられる。台本がある言ってみればやらせのようなものだ。


 記者会見にはフリーランスの記者も参加しているが、彼らはいくら手を上げても指名されることはないという。

 なんと、2012年12月の第2次安倍内閣発足以来、フリーランスの記者が総理会見で質問できたのは2020年3月14日まで7年以上、一度も質問できていなかったというのだ。驚くべきことだ。

 3月14日に初めて質問できたのは、インターネット上で始まった「オープンな首相会見を求める署名活動」の力によるという。4万2000筆を超える署名が集まったため、ついに官邸も「記者クラブ以外の記者」を無視できなくなったのだろうと言われる。

 記者会見での質問は大抵の場合、首相はこの後も忙しいという理由で、数人で打ち切られれしまう。実際は何も特別の用もないのにだ。

 安倍首相は「国民に丁寧に説明する」とよく言うが、記者会見は「国民に丁寧な説明をする場」にはなっていないのだ。首相の記者会見は質問の時間を長くとって、フリーランスの記者にもチャンスを与えるべきである。

 ※この記事はYahooニュースに載ったGQの記事を参考にした。

 

| | コメント (0)

2020年6月18日 (木)

ハライチ澤部佑はなぜ持てる?

 お笑い芸人のハライチ澤部を始めて見たのは「探偵ナイトスクープ」の探偵になったときであった。今時珍しい丸坊主で違和感を覚えたものだ。

 その澤部がNHKの「日本人のおなまえっ!」にレギュラーで出るようになり、「エッ?」と思った。そしたら有吉の「お金発見 突撃カネオくん」にも常連ゲストとして出演。その他にも民放番組でも出ているのを見かけるようになった。

 いったハライチ澤部がどうしてこんなにもてはやされるのだろうと思っていた。テレビ放送業界は常に新しいタレントを探しているとは思うのだが、もてるということはそれだけタレントとしての才能があるからなのだろう。

 そう思っていたら、14日のYahooニュースの日刊ゲンダイの記事で「TV各局で異様なモテっぷり 澤部佑の好感度って何なの?」というのを見つけた。やはり私以外にも「どうして?」と思う人がいたことが分かった。

 記事によると、上記の番組以外にも、NHK金曜に「ドラレコは見た!ちょっといい話」のMCとなったという。NHKの常識ではありえないことだと書いている。

 民放でも、相葉マナブ」「なりゆき街道旅」「林先生の初耳学!」「欅って、書けない?」「しくじり先生 俺みたいになるな!!」「探偵!ナイトスクープ」……と、何本のレギュラーを抱えているのか、もう数えきれないそうだ。

 澤部が好感されるのは、「いつでもどこでも明るくて楽しそうな雰囲気を醸し出すからだ。丸っこい顔と体つきはそれだけでユーモラスで、笑うとニコニコマークになる。」と記事は書く。たしかに丸坊主の澤部にはそんな憎めないところがある。

 番組スタッフにとっては、澤部は安心して任せられる存在だという。

「勘所をすべて押さえています。制作現場は『それ、いただき!』のシーンばかりで、期待通りに役割を演じられる、実に起用な芸人なんですよ」(民放チーフプロデューサー)という。なるほどそうだったのか。

 探偵ナイトスクープに出ているので、澤部は吉本興業所属だと思っていたら、ワタナベエンターテインメント所属だという。そして妻がクリーニングチェーン大手「白洋舎」の社長の娘で、子煩悩というのも、番組スポンサーを安心させると記事は書いている。

 奥さんが白洋舎社長の令嬢とは!でも、今や稼ぎは物凄いだろうから奥さんも見る目があったということか。間違っても渡部建のようなことはしないであろう。

 ちなみに「ハライチ」とはおかしなネーミングだと思っていたら、埼玉県上尾市原市の出身なのだと分かった。相方も同じなのだという。

 

| | コメント (1)

2020年6月17日 (水)

「エール」は史実を曲げずにズッコケずに真面目に描け

 NHK連続テレビ小説「エール」で古山祐一(古関裕而)の最初のヒット曲「船頭かわいや」が藤丸(実際は音丸)という下駄屋の娘によって歌われ全く売れなかったということになっている。

 ある日妻の音(金子)が音楽学校の先生の双浦環(三浦環)にレコードを聴いてもらう。環がとてもいい曲だから私に歌わせて欲しいという。

 志村けんの小山田耕三(山田耕作)などが反対するが、双浦の強い売り込みでプロデューサーの廿日市はOKを出し、レコ―ディングをして売り出すと、世界的オペラ歌手が歌ったというので大ヒットする。そして祐一は専属を失う危機を逃れる。

 実際は「船頭可愛や」の大ヒットは音丸が歌った最初のもので、それはコロンビアの売り込みの努力によるものであった。

 三浦環が「船頭可愛や」を歌いたいと言って歌ったのは事実だがそれはずっと後の昭和14年のことで、しかもそのレコードの売れ行きは芳しくなかったのだ。

 フィクションとはいえ、モデルがあるものを全く事実と違うシチュエーションにして描いたのはおかしい。第一歌った本人たちに失礼である。

 藤丸(音丸)が祐一の友人鉄男の居酒屋で「船頭可愛やはもともと私の歌なのよ。双浦環さんのお陰?納得できない。バカヤロー」などとクダをまいて怒る場面があった。

 案の定ネットでは史実を変えて藤丸にきれさせるのはおかしい。」とか「下駄屋の娘あんなふうに落とす必要があるのか」などの苦言が殺到したと11日のニュースパスに出ていた。

 ストーリーを面白くするための作られたエピソードとはいえあまりにも軽率である。以前にも指摘したが、古関裕而など主な役をズッコケキャラクターとして描きお粗末なドタバタ喜劇にしている。もっと真面目に祐一や音などのキャラクターを描いてほしい。

| | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

「ケア階級」という概念

 11日の朝日新聞「欧州季評」というコラムで、英国在住のブレイディみかこ氏が「社会に欠かせぬケア仕事」という文を載せていた。

 「負債論」という著書で有名な人類学者のデヴィット・グレーバーの言葉を紹介していた。私はこの人類学者のことは何も知らなかったが、彼の言葉「ケア階級」に惹きつけられた。

 新型コロナウイルスのパンデミックによって、医療、教育、保育、介護などの仕事に携わる人がクローズアップされた。とりわけ医療関係は医療崩壊の危機が迫っていたし、直接的にコロナウイルスの感染予防や治療に関わっているから注目を集めた。

 グレーバーは直接的に「他者をケアする」仕事をしている人々のことを「ケア階級」と呼んだのだ。今日の労働者階級の多くは、実はこれらの業界で働く人だとブレディ氏はいう。

 産業革命後資本家は工場生産に投資し製造業で働く人々は労働者階級の中心であった。それがケア階級の人々がいなければ地域社会は頓挫してしまうことが明らかになったのだ。日本ではゴミ収集の人たちに感謝の言葉が寄せられるようになった。運転手もケア階級に含まれる。

 イギリスではロックダウン中、ケア階級の人々は「キー・ワーカー」と呼ばれ、英雄視されたそうだ。毎週木曜日午後8時に家の外に出て感謝の拍手を送ることやメディアでも「サンキュー、キー・ワーカーズ」のメッセージが繰り返されたという。

 そして次のようなグレーバーの言葉を紹介している。「わたしたちは、わたしたちをほんとうにケアしているのはどんな人々なのかに気づいた。ヒトとしてもわたしたちは壊れやすい生物学的井存在にすぎず、互いをケアしなければ死んでしまうということに気づいたのです」

 コロナウイルス禍で人類は改めてケアの大切さに気付かされたのだ。ただ、残念なことにコロナウイルス禍に対処するのに大国の指導者も小国の指導者も適切な対応ができていない。中でも米国のトランプ大統領やブラジルのボルソナーロ大統領などは酷いものだ。

 ケア階級の人々が十分に働けるように政治をしなければならないのに、阻むようなことをしている。それでも劣悪な条件下でケア階級の労働者は歯を食いしばって頑張っているのだ。

※この記事には後半があるのだが、それは割愛した。

| | コメント (1)

2020年6月15日 (月)

気になる二つのカタカナ英語

 新型コロナウイルスのパンデミックによって、これまで知らなかったカタカナ英語が5つほど使われるようになった。最初はとまどったし、新聞の投書にはどうして日本語で表記しないのかという意見も載った。

 でも、新型コロナウイルスも半年になり、今ではそうした用語にも慣れてしまった。その中で、気になる言葉が二つある。

 1つは「ソーシャルディスタンス」である。人と人との近接を避けるため2mの間を空けるようにしようというもので、これも定着している。夏になってマスクをすると熱中症になる危険性がるので、政府は「2mのソーシャルディスタンスがあればマスクを外してもよい」と言い出した。

 ソーシャルディスタンスは日本では2mだが米国では6フィートだとか。国によって距離が違うようだ。

 このソーシャルディスタンスという用語は米国などではSocial Distancing(ソーシャルディスタンシング)というのが使われている。どうしてだろうとずっと気になっていたが、先日の「天声人語」でその理由が分かった。

 コロナウイルスなどで疫学的に社会的距離を取るときはソーシャルディスタンシングが正しいのだ。

 ソーシャル・ディスタンス(Social Distance)とは他者との親密さ/疎遠さを意味する単語である。宗教や民族やグループなどの間で心理的な距離を表すもので、ときには差別につながる場合もある。

 感染防止で必要とされているのは社会的な距離(Distanceという名詞)ではなく、ディスタンシング(Distancingという動名詞)社会的な距離を確保することという行為である。感染防止の対策が、隔離したり、排除したり、差別するという他者との社会的距離(Social Distance)になってはいけないのだ。

 そういう意味では、英語の国で使われているソーシャルディスタンシングが適切であると言えよう。

 WHOでは「フィジカルディスタンス」(身体的距離)という用語を使い始めた。

 もう一つの用語は「テレワーク」である。これも今ではすっかりおなじみとなった。コロナ後もテレワークが定着しそうだという見方も出ている。

 10日の朝日新聞声欄には「コロナ禍でテレワーク(在宅勤務)やソーシャルディスタンスが求められています」という使い方をしていた。

「在宅勤務」という意味でテレワークというのは正確ではないとNHKの「即レス英語」で知った。「WORK FROM HOME」というのがいいというのだ。知って見れば確かにその通りである。

 テレワークの場合は、意味の範囲がもっと広くなるのだ。在宅勤務も含めて職場を離れて別の場所で仕事をすることなのだ。

 最近ではホテルが部屋を改造してテレワークをする人に貸すとかカラオケルームをテレワーク用に貸すなどの客を呼ぶ苦肉の策を講じるところが出て来た。

 WORK FROM HOME(在宅勤務)ができない人やしにくい人が多いというので需要が見込めるというのだ。

| | コメント (0)

2020年6月14日 (日)

待てど暮らせど来ぬ10万円特別定額給付金

 12日のメーテレで、名古屋市の10万円の特別定額給付金を貰った人は2.5%だと言っていた。おそらくオンラインで申請した人であろう。

 郵送で申請書が配達されたのは49%だという。最初の頃は名古屋市は5月末までに郵送を開始すると言っていたが、その後遅れるばかりである。次には6月10日までには郵送を完了すると言っていたが、だめであった。

 毎日郵便が配達されると確認をしているのだが特別定額給付金の申請書は届かない。我が家だけ忘れられたのかと心配になる。それで問い合わせたら15日までには届くようにすると言っていたが無理であろう。

 12日のメーテレでは、22日までに全世帯に届くようにすると言っていたが、それも当てにならない。

 10万円の特別定額給付金申請の郵送は名古屋市は一番遅い方だが、全国的に10万円を手にするのが遅れていると報じられている。

 申請書を受け取ってそれに記入して送り返しても、審査などで手間取って振り込まれるまでに2週間以上はかかるという。

 あのアベノマスクも送られてくるのが遅く2か月もかかったが、給付金も同じように時間がかかっている。テレビでは人手が足りなくて発送ができないのだと言っていたが、自治体によっては工夫をして事務量を減らしているところもある。

 新型コロナウイルスで仕事を失ったり、生活に苦しむ人が増えていると毎日報じられている。マスクはともかくとして、特別定額給付金10万円は速やかに手に入るようにすべきだと思う。

| | コメント (1)

2020年6月13日 (土)

ウエットティッシュの2回拭きで除菌

 ニュースパスを見ていたら、埼玉県が、ウエットティッシュを使ってテーブルに付着させた細菌をふき取り、どれだけの細菌が残ったのか調べるテストを行ったという記事を見つけた。

 テストに使ったティッシュは下記の4つである。
●除菌ウエットティッシュ(アルコールタイプ)
●除菌ウエットティッシュ(ノンアルコールタイプ)
●除菌表示のないウエットティッシュ
●水道水を含ませたティッシュペーパー
 

 テストの結果、どのタイプも1回のふき取りでは、全ての細菌を取り除くことはできなかったという。だが、2回目のふき取りで、ほとんどの細菌を取り除けたそうだ。もちろん水道水を含ませたティッシュペーパーでも、除菌が可能なことがわかった。 一番きれいに取り除くことができたのはやはりアルコール除菌タイプのティッシュで2回目にはすべて除去できたそうだ。

 大事なことは2回拭き取るということだ。

 またティッシュは厚さも大事だという。薄いと何枚も使わなければならないので不経済である。

 私はトイレを清拭するトイレクリーナー、床用の水拭きワイパー、キッチン用のウエットティッシュなどでもよいのではないかと思う。アルコールがないから完全除去ではないが、2回拭けばきれいにはなるというのだから。

 もしエタノールがあれば、吹き付けて使えば効果的であろう。アルコール濃度が40~80%のものを選ぶことが大事で、アルコール濃度は、高すぎても低すぎても細菌に対する効果が低下するのだ。

 なお、拭くときには同じ方向に動かすことが大事である。

| | コメント (0)

2020年6月12日 (金)

国産マスク製造を増やし、品質保証の法整備を!!

 新型コロナウイルスのパンデミックにより、世界中でマスクの着用がされるようになり、マスクをしていないと罰金を取られる国もあるようだ。

 マスクは主に中国で作られるため米国、ロシアなどの国からもマスクの注文があり、価格が高騰した。受けに入ったのは中国の生産業者であろう。コロナウイルス様様ではないだろうか。

 西欧諸国のマスクの取り合いで日本へのマスクの輸入が減り、3か月ほどマスクが店頭から無くなった。ようやく最近になってマスクを店頭で見かけるようになったが、値段はまだまだ高い。
6月6日に放送されたNHK特集の「マスクが消えた日々、そうやって医療現場を守るか」では

 NHKの番組では、マスクの値段は、医療用で1枚10円、一般用で4円だと言っていた。中国ではそんなに安く作られるのかと驚いた。そのマスクが高騰時には1枚200円以上もしていたのだ。

 そのため大量のマスクを買って高値で転売する人が現れ、転売が禁止された。先日マスク転売で逮捕されたというニュースがあった。

 9日のネットニュースでは、1枚14円が最低値だと出ていた。だいぶウイルス以前の価格に近づいてきたようだが、市中の店頭ではそんな安いマスクはまだ見かけない。それにネットで買うと送料や代引き手数料が必要なので注意がいる。

 6月6日のネットニュースでは、「マスク不足、再来しない? 中国の業者は『軸足を移す』日本でのマスク不足は終わったという記事があった。日本は飽和状態になりつつあるので、米国に軸足を移そうと思っているというのだ。

 中国税関によると、3月1日から5月16日までに中国から輸出されたマスクは何と509億枚に上るそうだ。

 浙江省は1~3月の統計でマスクの輸出額が国内最多の一大生産拠点で、米国と日本が主な輸出先である。

 浙江省嘉興市の工業団地の一角にある工場では、日米などから受注が相次ぎ生産が追いつかなくなったため、20万元(約300万円)かかるラインを新たに3本導入。年間20万枚程度だったマスクの生産量は、1週間で300万~350万枚にまで増えた。驚異的な伸びである。
 

 さらに中国では自動車メーカー比亜迪(BYD)がマスク生産に乗りだし、1日2千万枚という世界最大級の生産体制を築いた。中小の業者も乱立して新規参入が相次いだ。
 

 それで供給が過剰気味になり、性能の低いマスクを中心に値崩れが起きた、特にウイルスの遮断率が90%以下の低品質のメルトブロー不織布はコロナ前の水準まで下がったとの報道もあるという。

 マスクブームに沸いた中国だが、コロナウイルスが続く限り、世界での需要は続くであろう。

 日本国内の生産では中国製に価格の面で太刀打ちできないと言われるが、そこを何とか工夫して信頼のできる製品を国産で製造してほしいものだ。中国製のマスクの中には粗悪品があり、大量のマスクを返品した国もあるくらいだ。中国政府さえ4月末までに9000万枚もの粗悪品を確認したといわれる。

 なお、NHKの番組では、マスクに関しては法による規制がなく、野放しになっているそうだ。ただ、日本マスク工業会の認証したロゴが入ったマスクはこれまでのところ問題が起きていないという。

 マスクについても何らかの規制が必要になった。法整備をすべきであろう。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年6月11日 (木)

タマネギ180トン廃棄というニュース

 ニュースパスを見ていたら、「タマネギ180トン廃棄」というニュースを見つけた。私は毎日2回酢タマネギを食べるのでタマネギは必要である。廃棄するぐらいならいなら格安に売れないものかと思った。

 私はいつも安いタマネギを買うようにしている。最近はマックスバリューが週に1回2安売りをし、1個28円で売ることがよくある。通常は1個48円とか38円である。今日は48円であった。1個で20円も違うので安い日を狙ってかいにいくのだ。
帰ってきたらタマネギ廃棄のニュースを見たのだ驚いたのだ。

 ニュースはつぎのようであった。
「笠岡湾干拓地(岡山県笠岡市)で育てられた出荷前のタマネギが行き場を失い、廃棄に追い込まれた。新型コロナウイルスの影響で需要が落ち込んだため。『表現できない悔しさ』と生産者は唇をかむ。

 廃棄を余儀なくされたのは、県産の35%を占める年間1500トンを生産する農業法人『エーアンドエス』。干拓地に広がる約30ヘクタールの畑で、5月26日から廃棄作業を始めた。
 

 直径10センチを超す大きさに育った無数のタマネギが、破砕カッターをつけた大型トラクターで畑にすき込まれていく。グシャッという音と同時に、刺激臭が一帯に広がる。2003年に法人設立以来、初めての事態。『最高の出来栄えなのに出荷できない。表現できない悔しさです』。大平貴之社長(44)は作業光景に背を向けた。」
 

 新型コロナウイルスのせいか。生産者は大変だと思ったが、どうしようもできない。

 売れなくなった原因は、今年のタマネギは国内最大産地の北海道で豊作なのだという。北海道のタマネギが豊作とは知らなかった。そこへ外食産業の営業自粛が追い打ちとなって需要が激減。4、5月の市場での平均価格は、1キロ当たり30~50円台と前年の3、4割ほどに低迷した。担当者によると「過去にない下落率」だという。

 それにしても私が行くスーパーはどこもタマネギの値段が安くなったいないのはどういうことだろう。北海道産の他に淡路島もタマネギの産地でよく売っている。

 タマネギを廃棄するというのは、収穫して売りに出しても利益が見込めないからだと思うのだが何とももったいない話である。
 

 高級マグロが売れなくて価格が半分になったというニュースがあったが、庶民には高級マグロは縁がないが、タマネギはどこの家庭にも必要な栄養食品である。それなのに・・・・。

| | コメント (1)

2020年6月10日 (水)

消毒には「界面活性剤」が有効

 エタノールが相変わらず出回らない中で、新型コロナウイルスの消毒に良いものとして次亜塩素酸が言われていたが、最近のニュースを見ていると、次亜塩素酸の使用をしないようにという記事が多い。

  まぎらわしいのは「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」があることで、「次亜塩素酸ナトリウム」の方はOKだが、「次亜塩素酸水」は保留されたというのだ。

  独立行政法人 製品評価技術基盤機構(略称:NITE)は、家庭や会社で使うための、新型コロナウイルスに有効な消毒方法を探している。先日は、台所用洗剤に含まれる「界面活性剤」による殺菌効果を確認して公表した。
 

 しかし、「界面活性剤」に続いて検討が進んでいた「次亜塩素酸水」については、「今回の委員会では判定に至らず、引き続き検証試験を実施する」として保留されてしまった。

 (1)「界面活性剤」で消毒

 台所用の洗剤を見ると、界面活性剤が成分に入っているものがある。我が家ではライオンの「Magica」を使っているが活性剤が表記されている。

 記事には「台所洗剤を使って代用することができる」として、やり方が説明してあった。

①洗面器などに500mlの水を入れる。そこに台所洗剤(スポンジなどにつけて洗う洗剤)を小さじ0.5~1杯(2.5~5g)入れて軽くかき混ぜる。

②キッチンペーパーや布などに作った溶液を染みこませて、垂れないように絞り、対象物の表面を拭く。同じ方向に動かすことが大事である。

③5分ぐらいしたら水拭きをする。

④そのあとキッチンペーパーなどで乾拭きをする。1
 

やるときはゴム手袋をはめてやるようにする。結構手間がかかりそうだ。我が家ではまだやっていないが知っておくことは大事だと思う。

(2)0.05%以上の次亜塩素酸ナトリウム液の作り方

 花王のハイターやキッチンハイターなど。次亜塩素酸ナトリウムが表記されているもの。

 水1リットルに付属のキャップ1杯。(購入から3か月以内のものは、キャップ1/2)

※換気をする。家事用手袋をする。他の薬品と混ぜない。説明書をよく読む。

| | コメント (1)

2020年6月 9日 (火)

3度び「マスクとアルコール消毒剤」

 私は1枚の不織布マスクを時々洗って消毒をしながら2か月ぐらい使っている。コロナウイルスが言われだしたころ、不織布マスクは10回ぐらい洗っても使えるとネットに書いてあった。

 マスクはどこにも売っていなくて仕方なしに節約のために洗って使うようにしたということはある。

 洗うときは薬用ソープでそっと洗う。そのあと日光に当てて干す。そしてアルコールで消毒をする。

 私の場合、外出はスーパーへの買い物だけだから、いつも自転車で行くのだが、店に着くまではマスクをしない。途中で他の人と近くなることはあまりないからだ。店に着くとマスクをしてから中に入り、入り口に置いてあるアルコールで手や指を消毒しついでにマスクの表も撫でる。気休めではあるが。

 買い物を済ませて店を出るとマスクを外し家に帰る。帰ったら日光で干す。沿おういう訳で1枚のマスクでやってきた。6月4日に新しいのを1枚出して今は2枚を交互に使っている。

 最近はマスクをドラッグストアなどで見かけるようになった。でも、まだ値段が高い。マツモトキヨシは1枚当たり50円~60円である。マックスバリューでは40枚入りを2400円(税別)で売っている。

 5日に新瑞橋に新しくできたドン・キホーテに行ったら、マスクを2種類売っていた。マスク工業会のロゴ入りが5枚で298円(税別)、ロゴ無しが7枚で298円であった。

 テレビや新聞では、30枚1000円どいうのを見たが、税金や送料や手数料を入れると結局高くつく。

 ドン・キホーテではプッシュ式のアルコール消毒剤を500ml入り780円(税別)で売っていた。他にハンドジェル500mlを780円(税別)、350ml入りのアルコール消毒を650円(税別)で売っていた。私は780円(税別)のプッシュ式アルコール消毒剤を買った。

 ちなみにマツモトキヨシでは500ml入りプッシュ式アルコール消毒剤が1280円(税別)である。またマックスバリューでは、同等のものを1300円(税別)と980円(税別)の2種類売っている。

 まだまだ値段は高いが少しずつ品が出回って来たようである。

Img_2322

| | コメント (0)

2020年6月 8日 (月)

安倍政権のメディア支配を指摘した記事

 Yahooニュースを見ていたら、「官邸の『反政府番組監視』 小川彩佳・和田アキ子・IKKOも対象」という記事を見つけた。安倍政権が力を入れてきたメディア支配についてのものだ。監視文書をもとに、官邸は気に食わない報道やコメンテーターの発言があると公式ツイッターで反論し、報道に“圧力”をかけてメディアを支配してきたのだ。

 どのようにして番組監視をしてきたのかというと、内閣広報室の分析チームの職員3人ほどが専従となっている。彼らは毎日、番組を視聴して出演者の政策に対するコメントなどを書き起こす作業を行なっているのだ。記録文書は2月1日から3月9日付までの約1か月分だけでA4判922枚に及び、2種類に分類されているという。

 ①「報道番組の概要」とのタイトル
  朝の番組→「スッキリ」(日本テレビ系)、「羽鳥慎一モーニングショー」 
        (テレビ朝日系)、「とくダネ!」(フジテレビ系)。
  昼の番組→「ミヤネ屋」(日テレ系)と「ひるおび!」(TBS系)。
  夜の番組→「報道ステーション」(テレ朝系)と「NEWS23」(TBS系)
 

 番組内容が毎回、ルーチンワークで記録されていた。
 

 TBS系の「グッとラック!」、フジテレビ系の「バイキング」、日テレ系の「news zero」はなぜか基本的には監視対象外のようだという。多分政権批判がないのであろう。
 

 羽鳥モーニングショーで玉川徹氏が「私や岡田先生は政府の監視対象になっている。そんなことに職員が毎日膨大な労力をつぎ込むのなら、なぜ新型コロナウイルスの専門家会議の議事録が作れないのか」という趣旨の発言をしていた。
 

 テレビを見なければならないから専従の職員が必要で、その労力は大変なののだあろう。そうまでしてテレビを監視しなければならないのか。安倍政権の怖さを思い知らされた。
 

 おそらくネットの監視もどこかでやっているに違いないと思う。

②「新型コロナウイルス関連報道ぶり」のタイトル

 日付ごとに分類され、出演者のコロナに関連する発言がピックアップされているという。コロナ対応で歯に衣着せぬ発言で知られる公衆衛生学者の岡田晴恵・白鴎大学教授は、「モーニングショー」だけではなく、「アッコにおまかせ!」(TBS系)に出演した際の和田アキ子やIKKOらとのやり取りまで克明に記録されていた。
 

 文書を分析すると、官邸が政府の政策や対応について各局がどう報じているかを幅広くモニターするのではなく、批判的な番組やコメンテーターの発言を重点的に収集していることがわかるという。
 

 ということは和田アキ子やIKKOはマークの対象ではないようだ。たまたまひかかっただけであろう。
 

 記事は、「本誌(週刊ポスト)で報道後も監視対象となっている局は沈黙を守ったままで、特定の番組や出演者の発言を監視するのかの説明を政府に求めようともしない。長年のメディア支配で“牙”を抜かれてしまったのか。」と書いているが、メディアが抗議をしないというのは政権のメディア支配と同じように大問題である。権力を監視すべきメディアが沈黙させられている、あるいは自ら黙っているというのは”戦前回帰”が予想される怖いことだ。

 

| | コメント (2)

2020年6月 7日 (日)

白人警官に殺されたジョージ・フロイドさんの最後の言葉

  白人の警官によって膝で首を抑えられ死亡した事件の動画が公開されたのをきっかけに全米各地140都市で抗議デモが展開された。何ともむごい痛ましい事件であった。トランプ大統領は軍隊の覇権を示唆した。

 今も続く人種差別。コロナ騒ぎではアジア人もいわれのない差別を受けた。


 AVAAZから抗議の署名に協力してほしいというメールが来た。そこには誰かが書き起こした黒人男性の最後の言葉が記されていた。

 ココログでは残念ながら署名のアドレスをコピーして載せられない。本文だけをコピペした。

皆さま

これは、ジョージ・フロイドさんの最後の言葉です。46歳のジョージさんは、米国の警察官によって地面に押し倒され、およそ9分間にわたり膝で首を押しつけられた末、死亡しました。

「それは俺の顔だ
なにも悪いことはしていない
お願いだ
勘弁してくれ
頼む、息ができない
お願い
誰かお願いだ
お願いします
息ができない
息ができない
お願いだから
(聞き取り不可)
息ができないんだ、顔が
どいてくれ
息ができない
頼む、膝が俺の首に
息ができない
クソ
俺は
身動きできない
ママ
ママ
ダメだ
膝が
首が
もう無理
終わりだ
閉所恐怖症なんだ
腹が痛い
首が痛い
全部痛い
水かなにか
どうか
お願いです
お巡りさん、息ができないんだ
殺さないでくれ
俺を殺す気だ
やめてくれ
息ができない
息ができない
殺される
俺を殺す気なんだ
息ができない
息ができない
お願い
どうか
お願いです
お願いします、息ができない」

そう言って目を閉じた彼が必死に訴えることは、もうありませんでした。その後まもなく、ジョージ・フロイドさんの死亡が確認されました。

 いま、わたしたちには選択肢があります。これを、米国の警察官が再び犯した悲劇的事件として片付けてしまうのか、もしくはこれをきっかけに変化を起こすのかという選択肢です。

 Avaazは、世界に6000万人以上のメンバーがいます。その全員が一斉に声をあげれば、それは世界中に響き渡ります。 だから皆で声をあげましょう。世界中の皆で人種差別による殺人に終止符を打つよう求めましょう。そして権力者にも同じように声をあげるよう促していきましょう。

 ワンクリックで、下記の意見書にご署名ください。世界中からたくさんのご署名が集まり次第、Avaazは米国の主要紙に意見書を掲載、また世界各国のウェブサイトにも掲載していきます。このような殺人を終わらせると共に、これまでに失われてしまった命に敬意を示す讃歌としましょう。

以下署名を呼びかける本文 

 わたしたち世界中の人々は、米国の警察官の愚かな行為によって再び命が失われてしまったことに、心を痛めています。

わたしたちは、心に傷を負ったすべての人々と手を取り合って立ち上がります。

  残忍なこれらの殺人に、終止符を打たなければいけません。その一つひとつが人類の心に傷を残し、またアメリカ合衆国の偉大な国旗に消し去ることのできない恥を刻んできました。

 誰もなにも言わなければ、その沈黙を味方に、人種差別は助長されます -- だから黙ってなどいられません。人種差別に無関係な人などいません。わたしたち皆で闘わなくてはいけないのです。

 けれど、この闘いを憎しみに変えてはいけません。それでは、わたしたちが説得しようとしている人種差別主義者らと、なんら変わらなくなってしまうからです。マーティン・ルーサー・キング牧師の言葉を借りるならば、「闇は闇を追い出すことができない。それができるのは光だけです。憎しみは憎しみを追い出すことができない。それができるのは愛だけです」ということです。

 この精神に基づき、いますぐ行動を起こすようすべての権力者に求めます。そしてトランプ大統領、ならびに米国の州政府および自治体政府に、下記を実行するよう求めます:
· ジョージ・フロイドさんの殺人に関与した警察官全員が、しかるべき法律に則って裁かれるようにする
· 過去に一度でも権力を過剰に行使、またはそれを防止するため介入しなかった警察官を免職にしたうえ、起訴する
· 警察官が起こしたすべての殺人事件について、透明性と独立性を確保した捜査を行う

 わたしたちは、人種差別をめぐる恐怖、怒り、無知に対し、人類がもつ全ての希望、愛、強さでもって立ち向かうことで、わたしたちの役割を果たすことを誓います。

 ジョージ・フロイドさん、どうか安らかにお眠りください。
あなたの死を無駄にしたりはしません。

 

 

| | コメント (2)

2020年6月 6日 (土)

マスク着用で喜ぶ犯罪者

  2日のTBSニュースに「手を引っ張られ 後をつけられる、学校再開で子ども狙われる被害相次ぐ」というのがあった。

  1日に東京都内の多くの小中学校でおよそ3か月ぶりに授業が再開された。久しぶりの登下校中の子どもが手を引っ張られたり、後をつけられたりする被害が相次いだという。

  以下記事から。
 ①警視庁によると、1日午前11時半すぎ、練馬区の路上で、学校から帰宅途中の児童が男に後ろから無言で手を引っ張ら 

     れた。男は30代から40代とみられ、身長170センチ前後でサングラスにマスク姿だったという。

  ②荒川区の路上では、午前8時ごろに小学生の女子児童が「かわいいね」などと男に声をかけられた。

  ③江戸川区の路上では、正午すぎに男子児童がおよそ150メートルにわたって男に後をつけられた。
 

  小中学校では新型コロナウイルスの感染防止のため、子どもが1人で登下校する「分散登校」が増えている。こうした事件はこれからも全国でおこるだろうとよそうされる。
 

  このニュースを読んで頭に浮かんだのは、犯罪を犯す者たしにとって新型コロナウイルスの蔓延は絶好の機会だということだ。
 

  外出するときにはほとんどの人がマスクを着用している。マスクをすることによって顔を認識できなくなっている。見えるのは目だけで、あとは男か女かの区別ぐらいだ。記事にあるように、サングラスをし帽子を被ったらどんな人相の人なのかを覚えることはできないであろう。

  この時期、子どもだけでなく、年寄り、女性など広範囲の人にとって非常に危険だということだ。新型コロナウイルスに感染する怖さだけでなく、誰かに襲われる怖さも忘れてはならないのだ。

 不要不急の外出は避けること、特に夜間や人通りが少ない道は注意して歩かねばならない。

 警察には注意を呼びかけるだけでなく、パトロールを強化するなどしてほしい。

| | コメント (2)

2020年6月 5日 (金)

アルツハイマーの兆候見分けるチェックリストという記事

 高齢になると認知症になるのが心配である。自分が認知症になりかかっているのかどうか、妻が認知症になりかかっていないかどうか、毎日観察をしている。

 昨夜など妻が突然冷蔵庫の扉を開けて中に入るという奇妙な行動をした夢を見た。人間が入れる冷蔵庫は我が家にはないのだが、なぜか我が家の冷蔵庫がドア式になっていてそのドアを開けて中に入ったのだ。

 どうしてこんなおかしな夢を見たのだろうかと考えたのだが、多分いつも気にかけているので夢になったのだと思う。

 友人で認知症になったのがいるが、半年ぐらいの間に急速に症状が進んだ。

 認知症には、レビー小体型認知症、パーキンソン病、前頭側頭型認知症といった種類がある。その中でも最も凶悪で、高齢者の認知症の原因の80%を占めるともされる最大のものが、アルツハイマー病だそうだ。

 スマートニュースを見ていたら、東洋経済ONLINEの「アルツハイマー病の兆候を見分ける10のリスト」という記事を見つけた。ジョン・メディナ博士の「ブレイン・ルール 健康な脳が最強の資産である」という著書から取ったものだ。この本は世界で100万部以上売れているという。

 その本の中でメディナ博士がアルツハイマーを見分ける最善のリストとして、アルツハイマー協会が示す「アルツハイマー病の10の兆候」を紹介しているのをまとめたものだ。

【1】日常生活の妨げになる記憶喪失
 たまに忘れるのは心配ないが、頻繁に大切な約束を忘れたり、メモや付箋に異常に頼る、同じことを何度も尋ねるなどの記憶喪失は注意。

【2】慣れているはずの作業ができなくなる
 オセロやモノポリーなどの名前が「ほら、あれ、あれだよ」とすぐに出ない程度は大丈夫だが、大好きだったそのゲームの遊び方までわからなくなっていたら問題。いつも通っていた道順を忘れるなども要注意。

【3】話し言葉や書き言葉に問題が生じる
 ちょっと単語や漢字を忘れるぐらいは大丈夫だが、どんな単語も浮かんでこなくなり、言葉につまったり、話についていけなくなったり、何を話していたのかを忘れるなどは注意。

【4】ものの置き場所を間違える、来た道を引き返せなくなる
 置き間違えは誰にでもあるが、香水を冷蔵庫に入れてしまうなど、異常な間違いには注意。また、アルツハイマー病の患者は、物を失くした際に、誰かが盗んだと責めることもある。

【5】計画を立てたり、問題を解決したりするのが難しくなる
 レシピ通りに料理を作ったり、家計の予算計画を立てるといったことが次第にできなくなるのは赤信号。集中力が低下し、日常のタスクに異常に時間がかかることもある。

【6】判断力の衰え
 アルツハイマー病になると意思決定能力が急速に衰え、お金に関する決定、歯磨き、身だしなみまであらゆることがうまくできなくなる。

【7】仕事や社会活動をやめる
 仕事や、よく馴染んで楽しかった社会活動をやめてしまうのは、初期の兆候とされる。認知症を自覚し、それを人に知られたくないために引きこもってしまうケースは少なくない。

【8】気分と人格の変化
 気分の変化も1つの兆候。妄想を抱きがちで、不安や恐怖心が強く、過剰反応が増えたり、感情が乱れやすいなど気分と人格の変化がある。とりわけ、不慣れな環境にいるときの反応は激しい。

【9】視覚映像と空間的関係がわかりにくい
 高齢になると視力が衰えるが、アルツハイマー病では視覚認知力が失われる。距離、色、コントラストや、物と物との空間的位置関係がわからなくなる。

【10】時間や場所の混乱
 一時的に曜日を忘れたり、散歩中に自分のいる場所が一瞬わからなくなるのは異常ではないが、真夜中に近所を徘徊し、自分がどうやってそこまで来たのかがわからず狼狽するのは異常。

 今のところ上記の10項目のチェックリストにひかかるものはないと思っているが、この先のことは何とも言えない。気を付けるしかないだろう。

| | コメント (1)

2020年6月 4日 (木)

パンデミックとニューノーマル

 28日のCBCのグッドラックで、池上彰と増田ユリヤが「歴史に学べ!ころなだけじゃない!!感染症が変えた世界」という解説をした。

 これまでに感染症によってその後の世界が大きく変わったという事態が起きているとして、天然痘、ペスト、スペイン風邪を取り上げていた。

 ペストの大流行によって、ケンブリッジ大学が休みになり、田舎に引っ込んだニュートンが万有引力を発見したということ。天声人語によるとニュートンは大学に復帰後は鳴かず飛ばずであったそうだから、自粛生活が幸運であったわけだ。

 池上彰は、それまでのキリスト教の神中心であったのが、神の無力を知り、人間に目が向けれれるようになって、ルネッサンスが始まったと言っていた。

 天然痘は西洋から新大陸への航海によって、アメリカ大陸に渡り、インカ帝国などを滅ぼしたという。

 スペイン風邪はもともとアメリカで始まったのだが、第一次大戦で米国兵が欧州に渡り広めた。しかし、流行性感冒のことは軍事機密にしていた。中立国であったスペインだけが発表したので有難くない名を頂戴したのだ。

 解説の中で池上彰は「新型コロナウイルスでカタカナ言葉がいくつか出たが、またニューノーマルというのが出た」と言った。

 ネットで調べてみたら、「新たな状態や常識を指す用語で、構造的な変化が避けられない状態を指します。世界経済はリーマンショックから立ち直っても、もとの姿には戻れないとの見解から生まれた言葉です。2014年、中国では、習近平国家主席が中国は「新常態」に入りつつあると述べたことから、これがニューノーマルに相当するとして話題になりました。」

 つまり、リーマンショック後に生まれた言葉なのだ。私も新型コロナで出来た言葉だと思っていた。新型コロナでは「新日常」と訳されているようだ。

 新型コロナウイルスによるパンデミックで世界中の生活が非日常を強いられるようになり、テレワークとか自宅に籠るとか手洗いとかマスク着用などをよぎなくされている。またさまざまな業種や学生や派遣労働者などで店がつぶれたり、仕事が無くなったり、生活に困る人たちが出ている。政府は第2次補正予算により様々な給付を決めて発表した。

 新型コロナウイルス後の経済や働き方や生活はどうなっていくのか。これまでと違った大きな変化がもたらされるのか、それについていろいろな予測を言う人も出ている。

 IT主体のルネサンスのような大変化がくるのであろうか。

| | コメント (2)

2020年6月 3日 (水)

税金の無駄遣いのアベノマスク、出るべくして出た不良品

  6月1日の朝日新聞朝刊に「布マスク『質より量』迷走」という記事が載った。アベノマスクというニックネームを持った前世帯配布マスクだが、届いたのは5月末現在で25%、大半の世帯にはまだ届いていないという。

  一時払底していた不織布マスクなどは、値段は高いが我慢すれば手に入るようにはなった。今更アベノマスクを貰っても有難みは全くない。

  政府はとにかく早く数を揃えて欲しかったので、「質より量だ。とにかく早く欲しい」とせかした。「質より量!!」これが大量の不良品を出す原因になったのだ。再検品で使われた税金は8億円と言われる。何という無駄な支出をしたものか。

 主な発注先は、興和  136億円、  マツオカコーポレーション  58億円、
 伊藤忠商事  52億円,  ユースビオ  32億円、 RILIEFE  13億円

 最初に受注し、最大の受注をした興和は、アベノマスクの材料のガーゼの生地を中国やベトナム、スリランカなどアジア各国で探して集めたという。そして生地はタイとインドネシアで加工。法制は中国の加工業者に依頼した。日本人は引き上げていたので、現地スタッフを通してやり取りした。

 検品も当初、品質を確保するために国内での検品を希望したが、日本で丁寧にやると間に合わないと政府が断り、中国で検品をしたのだという。それが不良品を出す原因となった。

 中国製のマスクは使い捨てマスクの中にも不良品がいっぱいある。一時レストランとか路上で売られたマスクに不良品がみられた。優良品そっくりの偽ブランドマスクを平気で作る業者は中国にはたくさんあるのだ。

 「マスクを全世帯に配布すれば国民の不安はパッと消える」と首相に進言したのは、経済官庁出身の鑑定官僚だそうだ。
私に言わせれば、アベノマスクを拙速で全世帯に配るより、以前にも指摘したように、「不織布マスクと消毒用エタノール」を手に入るようにすべきであったのだ。マスクについては福井県とか一部の自治体が実施した。

 ネットには「お友達優遇のアベノマスク」という声が溢れている。新しいところでは、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」(水曜、後9・00)に出演する生物学者の池田清彦氏が30日にツイッターに投稿。安倍政権について「国民を騙すのは簡単だと思っている」と分析した。
 

 池田氏は、「アベノマスクは国民にマスクを配ることが目的ではなく、税金をお友達にばら撒き利益を得ることが目的だったのだ」との投稿を引用し、「全くその通りなのだけれど、ノロノロしてたので、却って逆効果だったのだ。なんでも身内の金儲けの口実にする史上最低の政権」と同意した。

 我が街の薬局がアベノマスクの寄付を呼びかけ、大量のマスクが寄せられた。マスクに困っている施設等に寄付をするという。この動きに対し、菅官房長官は寄付しないで自家で保管するようにと述べた。どうなっているの?

| | コメント (1)

2020年6月 2日 (火)

専門家会議の議事録を残さないのは追及を逃れるため

 新聞やネットニュースによると、新型コロナウイルス感染症への対応を検討する政府の専門家会議の議事録が残されていないことが報じられている。そして批判が集まっているそうだがそれは当然だ。

 私はこのニュースを読んだとき一番先に頭に浮かんだのは、安倍政権の対応を事後的に検証することができなくなるするためだと思った。森友問題・加計学園問題やそれに関連しての公文書改ざん、破棄等これまで安倍政権は大事な案件で都合の悪いことは全て記録が残らないようにしてきた。また会議での議事録も作成しなかったり、廃棄したりしてきた。

 ここに来て新型コロナ対策の専門家会議の議事録がないとこが明らかになった。それは医薬業界専門紙「リスファクス」が28日、情報開示請求をしたところ、内閣官房が議事録は「不存在」として不開示決定したと報じたのだ。改めて安倍政権の公文書管理への姿勢が問われる事態となっている。

 菅官房長官は29日の閣議後会見で、専門家会議は、公文書管理のガイドラインが定める「政策の決定または了解を行わない会議等」に該当すると主張。発言者が特定されない「議事要旨」を作成、公表していることから問題ないと逃げを打った。
 

 公文書管理を担当する北村誠吾地方創生相も同日の閣議後会見で、専門家会議の議事録を作成しない理由について「構成員の専門家に自由かつ率直にご議論をいただくため」と説明した。

 公のどんな会議でも議事録を残さなくてはならないのは自明の理である。ところが安倍政権は屁理屈をつけてずさんな公文書管理をしてきた。都合の悪いことは目に触れることができないようにして責任追及を逃れて来たのであった。

 今回もこれまでと同様に、後で検証されるとき、不利にならないようにと考えてのことだと思われる。新型コロナウイルスという未知の感染症、しかもパンデミックを引き起こし、これからも再発が繰り返されるかもしれないのだ。

 政府は3月、新型コロナの感染拡大を同ガイドラインに基づく「歴史的緊急事態」に初めて指定。「国家、社会として記録を共有すべき歴史的に重要なもの」(北村氏)として、適切に文書を作成し、保存、管理する方針を決めた。

 加藤勝信厚生労働相も3月2日の参院予算委員会で、専門家会議について「1~3回目は議事概要になるが、4回目以降は速記を入れて、一言一句残す。専門家の了解の範囲で、当面は公表させて頂く」と答弁していた。

 それが口約束だけで守られていないのだ。今回の事態にどう対処したのかを出来るだけ詳しく記録し、検証をしていかなければならないのだ。きちんと議事録が残るようにしてもらいたい。


 

| | コメント (1)

2020年6月 1日 (月)

WHO脱退という暴挙!

 トランプ米大統領は2ついに9日WHOからの脱退を表明した。WHOへの負担金を出さないと言っていたのが、「脱退」まで決めたのだ。

 理由はトランプ流の身勝手な言い分だ。「中国政府が新型コロナウイルスの感染拡大を隠蔽した」「米国が年間4億5000万ドルを拠出し、中国は4千万ドルしか拠出していないにもかかわらず、中国がWHOを支配している」と批判し、「改革を求めたが、彼らは拒んだ」と主張した。

 アメリカファーストのトランプ氏は、中国との対立を深めているが、自国第一主義はかつての世界のリーダーとしての米国をかなぐり捨ててしまった。

 WHO脱退は、米国が今のところ世界トップの新型コロナウイルス感染であり、10万人以上の死者を出している自らの失政へのいら立ちと八つ当たりであろう。

 これに対し、米国医師会は「新型コロナとの国際的な闘いで指導的な地位を捨てないように求める」と声明を出した。また、与党共和党内部からも懸念の声が出ているという。

 AFP=時事ニュースによると、世界から批判が巻き起こっているという。
 

 欧州連合(EU)は「いまは協力と共通の解決策を強化すべき時だ」 「国際的な成果を弱める行動は避けなければならない」とする声明を発表し、コロナウイルスへの対応に問題があったのは米国だとして、WHOへの資金拠出を恒久的に停止するとした決定を見直すよう求めた。
 

 ドイツではイェンス・シュパーン(Jens Spahn)保健相が、米国の決定は「残念」で、世界の健康増進の妨げになると述べた。
 

 米ジョージタウン大学(Georgetown University)教授(国際医療法)でWHOにも協力しているローレンス・ゴスティン(Lawrence Gostin)氏は、トランプ大統領のWHO脱退表明は「違法で無謀かつ危険だ」と述べ、トランプ大統領が議会の承認なくWHOから脱退することが可能なのか疑問を呈した。

 英医学誌ランセット(The Lancet)の編集者、リチャード・ホートン(Richard Horton)氏は、「狂気と恐怖が同時に来た」 「米政府は人道上の緊急時にならず者になった」と述べた。

 「狂気と恐怖が同時に来た。ならず者になった」のは、トランプ氏が米大統領になった時からだ。それ以後世界はどれだけ彼一人のツイッターでの言動に惑わされてきたことか。

 米国大統領選挙までまだ6か月あるが、その間にこのならず者への米国民の支持が続くのであろうか。世界の安全と共生のためにも米国民には賢明な判断をしてもらいたいものである。

 

| | コメント (1)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »