« 新型コロナウイルス対策、和歌山県知事のメッセージから―②― | トップページ | 誤解を招く「準備中」の掛札 »

2020年5月 4日 (月)

新型コロナウイルス対策、和歌山県知事のメッセージから―③―

 和歌山県は独自の和歌山方式で新型コロナウイルス対策を実施していることを述べているが、それが正しいやり方だと私は思う。

※以下知事のメッセージ

 もう一つ、 和歌山県がずっと国の方針(おそらく)に反して和歌山県の医師会にお願いをして続けてもらっているコロナ患者の早期発見システムもあります。 数はそう多くはありませんが、 何人かの人の感染を早期に発見してくれてその後の感染防止にすごく役に立ちました。 これが遅れたら感染させた可能性のある接触者がどんどん増えて、 その後の拡大防止努力が大変になったり、 防止が出来なくなったりするからです。 即ち、 大概の人は風邪になりますと、 クリニックに行きます。

 その中でも変だと医師が思ったらレントゲンやCTで肺炎を調べてもらって、 肺炎があったら保健所に通告してもらい、 後は保健所が中心になってPCR検査をするというものです。 最近では、 味覚等の変化、 激しい下痢なども要注意にしてもらっています。 それでも、 肺炎を疑う人の割合は風邪引きの人の1〜2%、 さらにクリニックから通告のあった人のうち陽性者は2〜3%ですから。

 風邪の人の中で非常に少ない人がコロナというわけです。 もちろんコロナの人の治療をクリニックにして下さいと言っているわけではなく、 それは感染症対策病院の仕事にしています。 そしてコロナ陽性の時はその人を発見したクリニックの人をPCR検査で安全確認をしてもらいますが、 今まで1人もクリニックが患者さんから移されたという例は出ていません。 クリニックの方々は、 それでも多少は不安と戦いながらも県民のために尽くしてくれているのです。

 しかし、 国の専門家は、 この方式を推奨はしません。 風邪のような人は4日間は自宅で様子を見て、 それでもというのなら感染者外来へ行きなさいと言うのです。 風邪の人はすぐにクリニックへ行ってはいけませんというのです。 どうしてそうおっしゃるかは医療崩壊を恐れてのことだそうです。 先の段階のG段階にまで行けば、 本当にそうせざるをえないと私も思います。

 でも、 AやBやCの段階の県の人にもそう言いますかと和歌山県は問うているのです。 それに、 このような国の推奨方式では、 色々危険が伴います。 まずコロナ発症で4日も放っておくと、 中には重症化に至ってしまう人もいます。 病院もいきなり重症者がたくさん来られたら、 あっという間に医療崩壊でしょう。

 また、 4日も待って行き先は、 感染者外来だとしたら、 そこに猛烈に人が集中して、 ここで別の医療崩壊がおこってしまうではありませんか。 クリニックが機能してくれているから、 感染症外来に回される人の数は50分の1か100分の1ですむのです。
 
 医療の専門家は、 臨床をやっている人ならば、 大事な事は、 この患者は今どういう段階にあって、 だからこの治療法だと判断をすることでしょう。 今回のコロナ騒動に際しても、 大事なことは、 国なり、 ある地方なりがどういう段階にあって、 だからその段階にふさわしい医学専門的な方法論をアドバイスすることでしょう。 第1段階から最終段階までのシーケンスを全部述べて、 最終段階ではこうなのだから、 いずれの人々もそうしなさいと言うことは、 医学の世界のすべきことでしょうか。
 
 本日はうらみ節をつい申し上げました。 私のような地方の首長もそれぞれの住民に自粛自粛と言うだけではなくて、 自らの支配下にある全スタッフを挙げて行政当局が行うべき感染症対策の面でも成功して見せなければなりません。 それでこそ、 それを補完するものとして住民に自粛の不自由さを耐えしのんでもらえるのではないでしょうか。 そしてこの当局の行う対策に医学的に最高のアドバイスをすることこそ政府の専門家に求められていることだと私は思います。 不足ばかり、 言いつのりましたが、 私は依然として、 日本を救うのは、 専門家の高い専門知識だという期待は捨ててはいません。 しっかりと日本を救って下さい。

|

« 新型コロナウイルス対策、和歌山県知事のメッセージから―②― | トップページ | 誤解を招く「準備中」の掛札 »

新型コロナウイルス」カテゴリの記事

コメント

和歌山県は、スーパーの売り場にみかんや梅が並んだ時に意識するくらいです。
仁坂知事に至っては、高浜原発の再稼働差し止め決定を批判して、原発推進派が良く使う、原発のリスクと交通事故のリスクを同じ天秤に乗せる浅はかな論理を記者会見で言っていた印象しかありませんでした。
それだけに、新型コロナ発生以来たびたびテレビで見(となりに同席する女性もフジ子・ヘミングの娘かと思えるようなキャラクター)、今回のメッセージを読ませてもらい、興味深いものでした。
それにしても知事の文章の中にも「大活躍しておられるのは統計学の先生で」とありましたが、その統計のもとになっているデーターが科学的というよりもかなり政治的であることが、現状の日本をおかしくしていると思えます。
専門家会議の広報担当らしい尾身副座長が力説しても力説しても我々に響いてきません。
接触を8割減らす、と言っても一体どうやって計算するのやら。携帯電話会社のデーターで人の混み具合が8割減ったと言っても、それと接触率とはイコールではないはず。
とにかくこうした非科学性の連続と、緊急事態宣言に効果がないから憲法を変えようなどという権力者が日本を滅ぼしかねません。

投稿: たりらりら | 2020年5月 4日 (月) 17時01分

昨晩のNHKスペシャル 検証クルーズ船の教訓はさすがNHK、見応えのある内容であった。ただ、検証とはいうものの厚労省が取った対応についての踏み込んだ評価はしていないのが若干もの足りなさを感じた。やはりここでも忖度をせざるを得ないのか?それはともかく、東京の感染者数の増減に特に注目が集まっている。
これはPCR検査を希望して検査をした人の内、陽性が判明した人の数字ですね。でも実際はなかなか検査を希望してもしてもらえない。第一保健所に電話が繋がらないそうである。また東京は一人暮らし世帯が多い。症状が出ていても面倒くさいことはしたくない人も多い。最近、孤独死した人を調べたら、新型コロナウィルスに感染したというケースも出てきている。そうなると陽性率はどれほどの意味があるのだろうか。やはりPCR検査の実施数が少なかったことが決定的なミスであったと思えるが、、。

投稿: Toshi | 2020年5月 4日 (月) 10時54分

和歌山県は新型コロナ感染者が出て、早い時期から県独自でPCR検査を実施したり、早期発見、早期隔離を徹底した全国でも模範となるコロナ対策をしてきたと強く感じます。その効果があって感染者数も現在なお兵庫県の10分の1以下です。感染者数が現在3人の鳥取県や奈良県でも独自でドライブスルーのPCR検査を実施していますね。それに比べて国はPCR検査の基準が相変わらず厳しく、検査を受けたくても受けられずに重症化する人がまだいるようです。PCR検査をすれば医療崩壊を起こすなどと根拠ない宣伝をしてきた橋本徹は微熱が出ると真っ先にPCR検査を受けて何事もなく平然とうそぶいています。国も緊急事態だの外出自粛を繰り返すだけで、その間にやるべき検査の拡大も3か月前と比べてもあまり増えていません。日本は100万人あた1033人しか検査しておらず、アイスランドの13万件、豪州の1万8千件、アメリカの1万3千件と比べても、ドイツの週50万件、韓国の1日2万件と比べてもあまりにも検査数が少ないので正確な感染数がわからず、今後の見通しも立たないのが現実です。今は中国コロナと異なるヨーロッパ型の毒性が強力なウイルスが東京を中心に帰国者から感染が広がっているのが心配ですね。

投稿: danny | 2020年5月 4日 (月) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コロナウイルス対策、和歌山県知事のメッセージから―②― | トップページ | 誤解を招く「準備中」の掛札 »