« 内閣支持率下落と検察庁法案の行くへ | トップページ | 家飲みと酒のアルコールの量の計算式 »

2020年5月20日 (水)

臨時休校による学力低下について

 新型コロナウイルスのために学校は3か月ほどの臨時休校になってしまった。14日に非常事態宣言が解除されたので39県については、学校が再開され始めた。

 この間、いっそのこと9月から新学年を始めたらどうかという意見が強くなった。結論がでないままとりあえず学校再開である。

 学校が3か月近く休業で、児童、生徒は自宅で過ごしたので学力低下や学力の格差が問題にされた。たまたまスマートパスでウスビ・サコ京都精華大学学長のインタビュー記事を読んだが、その中で学長が次のように語っているのが興味深かった。

 「学力とは、2週間学校に行かないから低下する程度のものなのでしょうか。ヨーロッパやアメリカ、アフリカなどでは、夏休みが2カ月の国もあり、場合によっては子どもたちは宿題もないので家でダラダラして過ごしている。その中でも、子どもたちはものごとを観察し、考え、賢くなる。人生100年の時代に、子どもが一定期間、学校での勉強をしなくても、学力においては大して問題にならないはずです。」


 この部分を読んだとき、自分の子ども時代の勉強のことを思い出した。私は国民学校一期生であった。1941年4月から小学校が国民学校に変わったのだ。その年の12月8日に戦争が拡大し太平洋戦争が始まった。

 最初のうちはまだよかったが、戦局が厳しくなるにつれ学校で勉強どころではなくなった。低学年の児童も作業に駆り出された。作業というのは山の方に行ってラミー読んでいたつる草を採集することで、その繊維を使って服を作るという話であった。また、飛行機に使う松根油を取るための松の根を運ばされた。そのうち運動場がサツマイモ畑に変わったりした。

 それに夜も昼もB29が飛んできたり、戦闘機が飛んできたりで大変であった。

 戦争が終わっても教科書などはなかった。新聞紙のような教科書を貰ったことを覚えているが、結局使われなかった。

 その間2年か3年か、勉強らしいことは何をやったか記憶にはない。ただ明瞭に覚えているのは、5年生か6年生で習った通分とか約分などが全くできなかったことだ。

 ただ、自分は新聞を読むのが好きだったので、小学校1年ごろから毎日新聞を読んでいた。そのお陰か漢字を書いたり、意味を知ったりすることは何の不自由もなかった。

 近所の友達の家にあった少年向けの本や雑誌を読んだり、親友に「乞食王子」などの本を借りてむさぼり読んでいた。

 家の手伝いで遠くの山の方に松の枯葉を集めに行ったり、父の畑の手伝いをしたり、その途中で沢蟹を取ったり、イモリを見たりした。

 以前にも書いたように、シジミを取ったり、海藻を集めたり、ツワブキなどの食べられる草を取ったり・・・と、今思えば理科的な勉強は自然の中ですべてできていた。

 小学校1年から炊事の手伝いなどをしていたので、家庭科的なことも問題なかった。

 ウスビ・サコさんが言うように、長い人生の中で、数か月の空白などで学力低下について心配することはないのではないかと思う。

 学校が休みの間に、自分の好きなことに熱中するとか、新しいことを始めるとか自分なりの勉強をするとかすればよいのだ。

 コロナウイルスは確かに怖い。しかし、B29が毎日空を飛ぶのはもっと怖かったのだ。

 今はやろうと思えば大概のことはやれるように環境が整っている。もう一度身の回りを見直して何ができるか考えてみるとよい。

※ウスビ・サコ学長の話しはとても示唆的である。
URL:https://newspass.jp/a/hn44y

 

|

« 内閣支持率下落と検察庁法案の行くへ | トップページ | 家飲みと酒のアルコールの量の計算式 »

新型コロナウイルス」カテゴリの記事

コメント

学長のインタビュー記事をさがして読んでみました。面白い指摘もありますが少々楽観的すぎるようにも思えます。
放送中の大河ドラマの中で、木下藤吉郎が通りすがりの駒に文字の読み方を教えてくれと付きまとう場面がありました。
現在の子供たちも、ドラマの中の作り話とはいえ、皆があの藤吉郎同様に知識欲にあふれているのかどうかは少々疑問です。
いつの時代にも勉強ぎらいの子供はいるはずです。まして現状のように突然想定外の長期休校が続けばどうなるでしょう。
以前の記事でガリ版刷りの思い出が述べられていましたが、今の小学校にはパソコンで作成した問題集を高速でカラー印刷して綴じてくれるコピー機まであるようです。
それを家庭に配っても手を付けない子供、そういう子供の世話をする家計的余裕がない世帯はものすごく増えているはずです。
方や配られる問題集以上に自習する子供、そいう子供の世話ができる家計的余裕のある世帯。両者間にはこの数か月で1学年分の差がついているのかもしれません。
ところで、感染症の観点からは幼稚園から大学まで休校にすべきではなかったという声も出ているようです。今更言っても、で片付けないで今後のためにも検証すべきことでしょう。

投稿: たりらりら | 2020年5月20日 (水) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 内閣支持率下落と検察庁法案の行くへ | トップページ | 家飲みと酒のアルコールの量の計算式 »