« 今年のe-taxはこれまでで1番大変だった | トップページ | 便が出なくて苦闘 »

2020年2月23日 (日)

新型コロナウイルスで神経過敏になっている

  ヤフーニュースを見ていたら、次のような記事があった。「新型コロナウイルスによる肺炎が国内でも広がる中、福岡市営地下鉄で、マスクをせずに乗客がせきをしていたのを見た別の乗客が走行中に非常通報ボタンを押し、列車の運行が遅れていたことがわかった。
 

 市交通局によると、18日午後8時ごろ、天神南発橋本行きの列車内で非常通報ボタンが押され、「マスクをせずに、せきをしている人がいる」と係員に連絡があった。列車は最寄りの別府駅で停車。列車は3分遅れたが、他の列車への影響はなかった。」というのだ。
 

 別の記事では、マスクをしていない男性が隣で咳をしたので注意をしたら口論になって、非常停止ボタンを押して車掌を呼んだと書いてあった。
 

 朝日新聞20日の「声」欄には、「咳が出る人は外出禁止ですか」という投稿があった。それによると、風邪をひいて1週間が経ち、スーパーに買い物に出かけた。レジに並んでいたら大きな咳が出た。すると「マスクをしていても咳はしないでください!」と後ろの女性から大声で注意をされたというのだ。その上その女性はうちわのようなものを出してバタバタを煽いだという。投稿者は東京の人であった。
 

 この二つの記事は、コロナウイルスによって、人々が神経過敏になっていることを窺わせるものである。
 

 マスクをしていないからと言って生理作用の咳を止めることはできない。私など毎日1回は家で大きな咳が立て続けにでる。多分花粉症的な咳だと思うのだが止めようがないのだ。マスクをしていないときは肘で覆うなどするしかないだろう。
 

 「マスクをしていても咳をしないで」というのも無理な話である。この人は咳をコントロールできるのであろうか?そんなことは無理である。
 

 コロナウイルスはどこに潜んでいるか分からない「市中感染」状態だと思うから神経質になるのも分からないではないが、過剰反応も慎みたいものである。

|

« 今年のe-taxはこれまでで1番大変だった | トップページ | 便が出なくて苦闘 »

新型コロナウイルス」カテゴリの記事

コメント

非常停止ボタンを押してしまうというのは、神経過敏でもあり、イライラ・不安が国民の間に高まっている現れなのでしょう。
ところが政府は今になっても検査を受けるハードルをあまり下げようとしていないらしい。
費用がふくらむ、検査体制が整っていない、と言いたいのかもしれませんが、検査をしなければ陽性にならないという「知らぬが仏」戦法なのかもしれません。
しかし、それがかえって不安を増長するだけでなく感染を拡大する原因になってしまえば、失敗の二度塗り三度塗りになってしまいます。
中国での感染がわかった時点で中国から日本への入国を停止しなかった失敗。
ダイヤモンドプリンセスが横浜に来るまでに、外国籍の乗客は各国が迎えに来るように段取りをつけず、面倒を丸ごと日本政府が引き受けてしまった失敗。
いずれの失敗も、そのような場合の法律が整っていないのでやむを得ない、と弁護する人もいますが、整っていないのであれば、安倍総理お得意の「解釈」で断行すればどうなのか。
それにしても、クルーズ船に関しては最も責任があるはずの運行会社が記者会見の1つも開かないのは理解に苦しむところですが、今月7日にはジャン・スワーツという女性社長が日本でNHKの取材に応じていたとか。そのあと何をやっていたのやら。

投稿: たりらりら | 2020年2月23日 (日) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年のe-taxはこれまでで1番大変だった | トップページ | 便が出なくて苦闘 »