« 発症から1週間の土曜日 | トップページ | もっと報道して!!オーストラリアの森林火災 »

2020年1月22日 (水)

安倍首相は「新しい時代・・・」と強調したが

 通常国会が20日、開会した。安倍首相は、施政方針演説の中で、「新しい時代・・・」を5回も使い、最後に「世界の真ん中で輝く日本、希望にあふれ誇りある日本を作り上げる。その大きな夢に向かって、この7年間、全力を尽くしてきました。夢を夢のままに終わらせてはならない。新しい時代の日本を創るため、今日、ここから、皆さん,共に、スタートを切ろうではありませんか」と呼びかけた。

 安倍首相のいう「新しい時代・・・」とは何なのか。安倍首相は施政方針演説で、問題になっている「桜を見る会」や逮捕者まで出た「IR問題」、首相が任命した元閣僚の辞任等については、一切触れなかった。

 これまでも、森友学園、加計学園問題、公文書改ざん、廃棄など安倍政権の7年間で数々の疑惑が解明されないままうやむやにだれてきた。今国会でも、明らかにされなければならない問題を抱えている。朝日新聞は「『疑惑国会』開幕」という見出しを付けた。

 私から見ると、「新しい時代は」その延長線上にあるとみている。安倍政権が終わるまで数々の疑惑が残され、さらに新たな疑惑が生じるという時代である。新しい時代は、国民にとっては、政治への不信とあきらめがますます広がっていく時代であろう。

 施政方針演説で首相は、オリンピック、パラリンピックについて、ことのほか強調した。自ら「原発は完全にコントロールされた」と大ウソをすいて誘致してきたので、どうしても復興五輪と位置付けたいようだ。しかし、オリンピックは当初の5倍にもなろうという金を使って、広告会社がぬかりなく煽り立てるから、安倍首相が言わなくてもオリンピックは熱を帯びること間違いなしである。それに金にまみれたオリンピックが新しい時代を迎える号砲になるはずがない。

 「新しい時代・・・」という口当たりの良い言葉に騙されてはいけない。目の前に起きている事実をしっかりと見て、判断をしなければならない。野党には徹底的に、「桜を見る会」「IR汚職」など数々の疑惑の徹底解明に力を合わせて総力を挙げてもらいたい。それこそが新しい時代を開く鍵になるのだ。

 

 

 

|

« 発症から1週間の土曜日 | トップページ | もっと報道して!!オーストラリアの森林火災 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この人からだけは新しい時代とか夢とか言う話は聞きたくないと私は思うのだが、ご本人が真剣な表情で力強く演説するのを見聞きするとなかなかしっかりやっていると思う国民も多いようである。それが証拠に最近の調査では内閣支持率は50%近くに回復している。ナチスの宣伝相ゲッペルスは国民は女性と同じ如何様にも操作できると豪語し、演説をとても重視した。ヒットラーはそれに応え、あの身振り手振りを交えた絶妙の演説をした。しかも同じ言葉を何度も繰り返し、、。国民はコロリと術中にはまってしまった。安倍総理の演説もその道の専門家によってしっかり練られ振り付けられているのであろう。昨年末に吹き出した不祥事に納得してない国民は大多数なのに、内閣支持率は高い。これを橋本元府知事は日本国民の絶妙なのバランス感覚と言ったが私には全く理解できないが、、。

投稿: Toshi | 2020年1月22日 (水) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 発症から1週間の土曜日 | トップページ | もっと報道して!!オーストラリアの森林火災 »