2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 意外においしいノンアルビール | トップページ | 2週間ぶりにウオーキングへ »

2020年1月28日 (火)

「神ってる」徳勝龍の優勝

 大相撲は幕尻の徳勝龍が優勝した。若者の間で「神ってる」という言葉が使われるが、徳勝龍の優勝はまさに「神ってる」優勝であった。
 

 千秋楽は大関貴景勝を当てられた。幕尻の力士が大関に対戦するのは異例のことだ。貴景勝は優勝できないが大関の意地があるだろう。何としても徳勝龍の優勝に待ったをかけたいという協会幹部の思いがあったのではないか。
 

 それを見事覆して優勝したのであった。立派としか言いようがないが、貴闘力以来の幕尻力士の優勝で、しかも、かえり入幕での優勝は初めてだという。年齢的にも33歳は平幕では年寄りだ。それが連日の快進撃をしたのだからまさに「神ってる」としか言いようがない。
 

 徳勝龍の近大相撲部時代の監督伊東勝人氏が場所中に亡くなったそうだが、師に優勝を見届けてもらいたかっただろう。監督の名前が徳勝龍の真ん中に入っている。インタヴューで「場所中に、恩師の近畿大学の伊東監督が亡くなって…(涙)監督が見てくれてたんじゃなくて、一緒に土俵で戦ってくれたような、そんな気がします。」と言ったが、その通りであろう。
 

 NHKの小林アナから祝福されると、徳勝龍は四方に向かって順番に頭を下げた。非常に律儀で礼儀正しい印象であった。
 小林アナが「改めて国技館の四方を見渡しました。この光景、どう見えていますか。」と振ると、「自分なんかが優勝していいんでしょうか(笑)」と答えた。率直な気持ちだろうが好感をもてた。
 

 「優勝を意識していましたか」と聞かれて、「意識することなく…うそです。めっちゃ意識してました(笑)」と答えたのもよかった。
 

 小林アナに、。「(優勝争いの)先頭に立っても意識しないと言われていましたが、うそだったんですか」と聞かれて、「ばりばりインタビューの練習をしてました(笑)」と答え、笑いを誘っていた。
 

  インタヴューはニュースでも取り上げられていた。ユーモラスなお決まりでない受け答えに好感を抱いた。
 

  なお、奈良県出身力士の優勝は98年ぶりというから、奈良県人は大喜びであろう。
 

  来場所以後どんな相撲をとるか楽しみだが、33歳と思わず頑張ると言っていてので期待したい。

« 意外においしいノンアルビール | トップページ | 2週間ぶりにウオーキングへ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 意外においしいノンアルビール | トップページ | 2週間ぶりにウオーキングへ »