2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 蝿、蠅取り蜘蛛 | トップページ | 台風の強大化が恐怖 »

2019年10月15日 (火)

おぞましい神戸の教員いじめ

 神戸市の東須磨小学校で、教員4人が職場の同僚4人に暴力や嫌がらせを繰り返していた問題。中でもひどい嫌がらせを受けた被害者の男性教員は体調を崩して休んでいる。それほどひどい陰湿ないじめであったということだ。いじめの内容は、

 ・焼肉のたれや辛いスープを大量に飲ませる。  

 ・髪や衣服を接着剤まみれにする。

 ・「犬」と呼ばれる。

 ・関節技を掛けられる。

 ・ロール紙の芯で尻をたたかれる。

 ・背中やわき腹を押したり,小突かれたりする。

 ・車の屋根に土足で上がられ、車内でわざと飲み物をこぼされる。

 ・別の女性教員に対し、LINEでひわいな内容を無理やり送信させられる。

 こうした行為を一人の女性教員が中心になって他の3人の教員とやったというのだ。

 教員といえば、子どもたちのいじめに対し指導する立場である。いじめ問題が日本中でやかましく論議されているのだ。また、大人社会でも「パワハラ」「セクハラ」「モラハラ」「○○ハラ」などハラスメントが問題になっている時代だ。安倍政権は道徳を教科に格上げしたくらいだ。教育の場であるまじき行為である。

 ネットニュースによれば、加害者の序教員は教室で子どもに対しひどい仕打ちをしていたという。忘れ物をした児童に腹を立て、椅子を引いて転倒させたり、答案用紙を破ったりした。男性教師は指導に従わなかったと激高し、6年生男児を突き飛ばし、骨折させたなど。さらに児童をいじめに加担させたともいわれる。

 被害者教員が前校長に相談しても取り合った貰えず、現校長は女性だがやはり真剣に受け止めず、軽い注意で済ませた。そして2年近くもいじめが続いたのだ。他の同僚教員もいじめについては気が付いていたはずだが声をあげる者がいなかったのだろうか。それほど4人の加害者の力が強かったのだろうか。とんでもない学校である。校長は2人とも懲戒処分をして降格し、当の加害者は首を切るぐらいの懲戒処分にすべきだ。そして大事なことは、こうしたいじめが2度と起きないようにこの問題をいろんな角度から調査すべきである。

 ちなみに私も現職時代様々ないじめを経験したが、その都度他の教員にも訴えて徹底的に闘った。泣き寝入りはダメである。

 

 

 

« 蝿、蠅取り蜘蛛 | トップページ | 台風の強大化が恐怖 »

人権問題」カテゴリの記事

コメント

集団で弱い同僚を餌食にして、陰湿な暴力や暴言で苦しむ姿を見て喜んでいたという。人間として最低のことをしているという自覚もなく、自分を正当化することにだけ長けていて、いじめ行為を批判されても開き直るだけだったというが、大学まで卒業してこれまで一体何を学んできたのだろう。そんな人間が人間形成の途中にある子供たちの前に立って、一体何を教えてきたのだろう。被害者の担任クラスで反抗して学級崩壊をさせてしまえとか、自分たちの暴力や暴言を子供たちの前で自慢げに話したり、いじめを助長する教育をしただけで、即座に教壇から去るべきです。教員のなり手が減少しているそうですが、ここまで教員が劣化しているとは情けない限りです。弱者に寄り添って弱者の声なき声に耳を傾けることこそ教育の基本です。このようなことが神戸だけでなく全国各地に起きていないことを願うばかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蝿、蠅取り蜘蛛 | トップページ | 台風の強大化が恐怖 »