« プリンターインクのからくりを聞いて驚いた | トップページ | 分かりやすく身近でよかった西郷南海子さんの講演ー①— »

2019年9月25日 (水)

irobot ルンバが故障すると大変だ!

 irobot ルンバのメインブラシの左端の毛がほとんど抜けてしまった。どうして左端だけが抜けたのか不思議であった。それで8月28日に修理に出した。ルンバを買ったのは2017年3月で5年の延長保証をつけてあったので保証期間中であった。

 1週間ほどして電話があり、調べたが「本体にはどこも悪いところが見つからなかった。メインブラシを交換するだけだ」と言った。メインブラシは部品なので保障の対象にはならないと言った。

 修理担当の方で取り換えると工賃がいるので全部で8000円かかると言った。部品を買うといくらになるかと聞いたら、2120円(税込み)だが、送料が960円かかると言った。それでもやってもらうより自分で交換した方がはるかに安いのでメインブラシを注文した。メインブラシは3日後に届いた。

 しかしルンバはいつ戻ってくるのか分からなかった。それで電話をして、いつ戻してくれるのか尋ねた。すると今大変混んでいるのではっきりしたことは言えないと言った。驚いて送るぐらいにそんなことでは困ると言った。相手はそれなら緊急ということで送るが10日ぐらい後だと言った。仕方がないので承知をした。修理はしてないから送料が2000円必要だと言った。ルンバの送料は多分往復だろうがそれにしても片道1000円とは高いと思った。

 ルンバは20日に戻ってきた。修理に出してから3週間である。修理の人は大変混んでいると言っていたが、ルンバがどのくらい売れているのか知らないが、修理にてんてこ舞いをしているようだ。ということは故障が多いということを意味する。実際我が家のルンバも買って1年半で故障をしてクリーニングモジュール動作不具合で修理してもらった。そのときは保障でやってもらえたが。

 今回のことで部品は保証外だから、修理に出さないで、部品を買えばよかったのだが、ブラシの左端の毛だけが抜けるのはどこか本体の動作に異常があると思ったから、修理に出したのであった。返事は「どこにも異常は見当たらず、保証はできない」であった。3週間も不便をしてこのありさまであった。

 もう一つ分かったことは、ルンバの部品は家電店を通しては買うことができないということであった。インターネットか電話で直接ルンバの部品を扱うところへ注文する必要があるということだ。だから送料などが別にかかるということになる。

 ルンバは知人の勧めで買ったが、故障などの場合大変不便だと知った。何とかもっと親切な対応をしてほしいものだ。

 

|

« プリンターインクのからくりを聞いて驚いた | トップページ | 分かりやすく身近でよかった西郷南海子さんの講演ー①— »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プリンターインクのからくりを聞いて驚いた | トップページ | 分かりやすく身近でよかった西郷南海子さんの講演ー①— »