« メールの文章に句読点を打つのは上の人に失礼? | トップページ | NHK「昭和天皇は何を語ったのかー拝謁記」を見て »

2019年9月11日 (水)

久しぶりに見た名古屋の空の星

 名古屋の我が家の近辺では夜空の星が見られるのはせいぜい数個である。季節によっても違うが、火星、木星,金星、カペラなどである。この夏の間は雲の多い空が続いたこともあって、ほとんど星を見ることはなかった。

 8日の朝、ウオーキングに出かけるために家を出たら、東南の方の空に白く輝く星が見られた。木星ではないと思い、星座表アプリで調べたら、シリウスであった。その上の方に明るい星があり、ペガサスのようであった。よく見ていると、三ツ星が並んでいるのが見られた。ひょっとしてオリオンではないかと思ってじっと見ると、周りに4つの星があり、オリオン座だと分かった。念のため星座表で確かめたが出ていなかった。

 おかしいと思い、何度も空と星座表を見比べていたら、星座表のオリオンという字が、他の字と重なっていることが分かり、オリオン座だと確認できた。

 その他に東の方や真上にもいくつかの星が見られた。全部で20個ぐらいであろうか。我が家から見える空でこんなにたくさんの星を見るのは久しぶりであった。きっと秋の空になって空気が綺麗になってきたからだろうと思った。

 10分程見ていたら東の空が明るくなり、空全体もぐんぐん明るくなっていった。シリウスはまだ輝いていた。もう少し早く外に出ればよかったと少し後悔をした。もし、次の朝早く起きられたら、そして天気が良くて星が見られたらいいのにと思いながら歩いた。

 ずっと昔はさそり座とか北斗七星などたくさんの星が見られたのだが、街があかるくなったせいで空の星が見られないのが残念である。戦時中戦後の街灯のない時代、天気がよい夜には満天の星が見られ、天の川もきれいに見ることができた。子供心にきれいだが何だか怖いという気持ちになったものであった。そんな星空が今でも私の脳裏に焼き付いている。

 

 

|

« メールの文章に句読点を打つのは上の人に失礼? | トップページ | NHK「昭和天皇は何を語ったのかー拝謁記」を見て »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メールの文章に句読点を打つのは上の人に失礼? | トップページ | NHK「昭和天皇は何を語ったのかー拝謁記」を見て »