2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« まともな創価学会員がいた! | トップページ | 安倍首相は「国民に信任されたから憲法論議を」と言うが »

2019年7月25日 (木)

砂糖とガンの関係という記事

 Yahooニュースを見ていたら「果汁100%でもダメか。仏の研究で、甘い飲料とがんリスクの関連が示される」という記事があった。筆者は片岡ケイさんという在米ジャーナリストだ。

 私はジュース類はあまり飲まないので関係ないと思ったが、どんな内容か知りたくて読んでみた。フランスの研究が英国の英医学誌のブリティシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)に掲載されたそうだ。仏の研究で、甘い飲料とがんリスクの関連が示されたそうだ。果汁100%でも砂糖入りの飲料でも同じであることが分かったというのだ。

 この調査では、100%果汁のフルーツジュースに含まれる砂糖の量は中央値で100ミリリットルあたり10.3グラム、それ以外の砂糖入り飲料では10.7グラムとほぼ同等だった。

 10万人を対象に、最長で9年にわたる追跡調査を行い、砂糖入り飲料の1日の消費量と試験参加者のがん発症件数の関連を調べた。この調査期間中にがん発症が診断された件数は2193件で、うち693件が乳がんだった。果汁飲料を含む砂糖入り飲料を1日あたり100ミリリットル多く摂取することで、全体的ながん発症リスクが18%上昇し、乳がんではリスクが22%上昇していた。この調査では、その他のがんリスクとは関連が見られなかった。

 ただ、今回のフランスの研究は観察研究なので、ここから砂糖ががんの原因になるといった因果関係を導くことはできないと述べている。

 私はジュースやコーラなどは飲まないが、果物は毎日2回食べている。果物にも当然糖分が含まれている訳で、果汁100%のジュースと同じと言えそうだ。そうすると果物もよくないのだろうか?

 糖尿病の本や血糖値に関する本などでは、果物も糖分を含むからたくさん食べてはいけないと書いてある。1日にどのくらいの砂糖ならよいのであろうか?

« まともな創価学会員がいた! | トップページ | 安倍首相は「国民に信任されたから憲法論議を」と言うが »

食・食事・食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まともな創価学会員がいた! | トップページ | 安倍首相は「国民に信任されたから憲法論議を」と言うが »