2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 財政制度等審議会の「忖度」はひどい | トップページ | 久しぶりに「御真影」という言葉を見た »

2019年6月25日 (火)

おいしい梅ジュースをつくった

 スーパーの野菜売り場に行くと青い梅や黄色くなった梅を売っている。先日妹が梅をたくさんくれ、梅ジュースの作り方を教えてくれた。妻が早速教えてもらったやり方で梅ジュースを作った。

 夜に作って、次の日の昼ごろ飲んだがとてもおいしかった。初めてなので水で薄めてメープルシロップを加えて飲んだらよかった。妻は蜂蜜を加えたらよかったの言っていた。

 次の日は炭酸の入った河内晩柑ジュースで割ったらこれもおいしかった。その次の日はキリンレモンで割って見たらやはりよかった。だんだんと薄める割合も分かってきた。梅の実は柔らかくなっているのでそれも一緒に美味しく食べた。

 この梅ジュースの作り方は、非常に簡単である。大きな鍋に、梅と氷砂糖を入れ、水をひたひたに入れる。蓋をして沸騰させ、1分ぐらいしたら火を止めて、そのまま置いておくだけである。氷砂糖は妻が適当に入れたといったので、分量は分からない。

 次の日英会話教室があり、Sさんが梅ジュースを作ったと話した。Sさんのやり方は、梅を一晩冷凍室に入れて置いてそれを瓶に入れ、氷砂糖をのせ、梅を入れ、氷砂糖をのせ・・・・というようにして、1週間ぐらい置いておくのだと言った。梅の汁が出るのを待つのだろう。

 Tさんは酢と梅と氷砂糖を1:1:1の割合でガラス瓶に入れて作ると言っていた。Hさんは違うやり方を説明したが忘れてしまった。私は上に書いたやり方を説明した。

 結局、一番簡単なのは我が家でやったやりかたのようだ。よかったら試してもらうとよいと思う。我が家ではこれまで梅酒はよく作ったが、ジュースは初めてであった。梅酒はアルコールが入るので保存がきき、我が家にはビンテージの梅酒もあった。でも、妻のようなアルコールが駄目な者には向かない。その点ジュースは誰でも飲めるが、長く保存はできない。

Img_1411

« 財政制度等審議会の「忖度」はひどい | トップページ | 久しぶりに「御真影」という言葉を見た »

食・食事・食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 財政制度等審議会の「忖度」はひどい | トップページ | 久しぶりに「御真影」という言葉を見た »