2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NHK「なつぞら」楽しく見てます | トップページ | 平成元年は一億総中流だったのに »

2019年5月 4日 (土)

天皇の言葉はご自分のもの?

 平成が終わるに当たって、NHKなどのテレビや新聞で平成天皇の業績を辿る番組や記事が溢れた。天皇にこれだけスポットが当たるのはおそらく史上初めてではないだろうか。

 そうした中で節目節目の天皇のお言葉も何度も紹介された。これまでお言葉を聞くたびにいつも抱く疑問があった。それは「お言葉」は天皇ご自身が考えられるのか、それとも宮内庁の誰かが書いた案を天皇がご覧になって決めるのかということである。

 お言葉の中には安倍総理が目指す方向と違うものもあった。天皇の憲法を守り、戦争に反対し平和を求める姿勢に多くの国民は共感を覚えた。もしお言葉がご自身のものであったのなら素晴らしいことだと思う。

 天皇が被災地を見舞われたときに発せられる言葉はご自身のものとわかるが、公式メッセージのお言葉はご自身のものかどうかが分からない。

 退位礼正殿の儀のお言葉は閣議決定されたと書いてあったからこれは納得であった。

 天皇のお言葉となると、各方面への影響が大きいので、一字一句気をつけて言わないと、どこかの失言大臣たちのように「取り消します」ではすまないであろう。そう考えると誰かが点検をするか案を作るかしているのだと推察されるのだが。

 新天皇はどんなお言葉を発せられるのであろうか。

 

« NHK「なつぞら」楽しく見てます | トップページ | 平成元年は一億総中流だったのに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は平成天皇の生前退位、令和天皇の即位に当たって、メディアあげての一連の報道には辟易した一人であるが背景には現政権の揺るぎない意志が働いていたと思う。即ち、皇室の政治利用という深謀遠慮である。私が拙い文章を弄するより、山田厚史の闇と死角 皇室V官邸 緊張で始まる令和 というYouTubeを見ていただきたい。そのまま検索すれば出てきます。私はこれを見て完全に腑に落ちました。因みに山田厚史氏はかって朝日新聞の辣腕の経済記者でした。彼の機知に富んだ語りも実に面白い。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NHK「なつぞら」楽しく見てます | トップページ | 平成元年は一億総中流だったのに »