2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 埼玉県川口市立夜間中学ができたことを知った | トップページ | F35Aーステルス戦闘機が愛知県で組み立てられていたとは »

2019年4月23日 (火)

皇室への親しみ76%という朝日の世論調査

 4月19日の朝日新聞に朝日新聞が実施した皇室に関する世論調査が載った。それによると「皇室に親しみを持っている」との回答が76%と、同社のこれまでの調査の最高となったという。男女別では、男性は73%、女性は79%だが、40代以上の全ての年代で80%を超えたそうだ。

 「結婚や代替わりなどの大きな行事でメディアへの露出が増えるに伴い、親しみも増す傾向がある」と分析している。その通りだと思う。代替わりに伴う行事やや元号が変ることなどの他に、NHKを始めテレビやマスコミが特集で、頻繁に皇室、特に天皇・皇后を露出させるので、それが皇室への国民の眼を向けさせていると思われる。

 中でも、私が見るところでは、天皇と皇后の寄り添う姿が印象深く、好感を与えているのではと感じている。戦争直後昭和天皇が全国各地を訪問されたことがあった、私も黒い自動車から降りられた天皇をまじかに拝見した覚えがあるが、私たち少年にとって天皇は神様であり、雲の上の人という教育を受けていたので、親しみを感じるということはなかった。

 その点現天皇と皇后は被災地の見舞いなどで、膝まずいて親しく話しかけられる様子が、威厳ある昭和天皇とは異なった印象で親しみを感じさせるのである。

 次の天皇・皇后は、おそらく現天皇のやり方を踏襲されるのだろうが、安倍首相が望んでいる戦前回帰の天皇ではなく、さらに新しい国民に愛される皇室の形を創りだして頂きたいものである。

« 埼玉県川口市立夜間中学ができたことを知った | トップページ | F35Aーステルス戦闘機が愛知県で組み立てられていたとは »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 埼玉県川口市立夜間中学ができたことを知った | トップページ | F35Aーステルス戦闘機が愛知県で組み立てられていたとは »