2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 平成最後の桜(名古屋市山崎川) | トップページ | 「令和」の「令」をめぐって »

2019年4月 7日 (日)

忖度塚田副大臣の辞任は当然

 塚田国交省副大臣は、4月1日に北九州市で開かれた集会に出席し、関門海峡を新しい橋かトンネルで結ぶ「下関北九州道路」の事業に触れ、自民党の吉田博美参院幹事長から「総理と副総理の地元事業なんだよ」と言われたと紹介。「総理や副総理がそんなことは言えません。でも私は忖度します。国直轄の調査に引き上げました」などと発言した。

 この発言はNHKのニュースで音声が放送された。それを聞いた時、「エッツ!そんなこと言うの?」と驚いたものであった。追及されて塚田氏は「事実ではない。大きな会合で雰囲気にのまれ、発言してしまった」と述べ撤回をした。

 安倍総理は塚田氏をかばって辞めさせないと言った。こんな重大な発言を許して平気なことに呆れたが、もっとひどいモリカケ問題でもヌラリヌラリ切り抜けてきた本人だからかばうのは当たり前だ。

 しかし、批判が高まり、国会でも追及されるので、地方選挙中でもあり辞任をすることにしたのだ。こんな副大臣は辞めて当然である。

  辛坊氏は「アホや」と言ったそうだが、「アホ」で済ませてはならない。アホでは塚田副大臣が幼稚なミスをしたというだけで終わってしまう。「総理、副総理のために忖度をした」ということは絶対にやってはならない行為である。厳しく追及しなければならない。

  これまでにも覚えていられないくらいの数の大臣や役職者が失言をしては撤回をしてほおかぶりをしてきた。何を言っても後で撤回をすればそれで通って来たのである。それはいつも言うように「与党が絶対多数」だからできることである。

 こういうことをさせないためには参議院選挙で与党の数を減らすしかないのだ。それにしても野党の動きの鈍いこと。安倍政権のやりたい放題阻止の一点で協力できないのが歯がゆい。

« 平成最後の桜(名古屋市山崎川) | トップページ | 「令和」の「令」をめぐって »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

今回は副大臣は失言したのではなく、正直に本当のことを言ったと思われる。大問題になった後、事実に基づかないことを言ったと否定したが、もしそうであったなら、有権者を前に嘘を言って選挙応援をしたということになる。これも大問題である。でも聞いた有権者は本当のことだと思ったのではないか。森友、加計問題も忖度は否定されて今日に至っているが国民の大多数は忖度があったと思っていし、自民党議員もそう思っているから、公の場で笑いを取るためにポロリと本音が出たのであろう。失言の多くは、本当のことである。社会生活においても本音は決して言ってはいけない、口は災いのもととはよく言ったものである。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成最後の桜(名古屋市山崎川) | トップページ | 「令和」の「令」をめぐって »