« 新元号「令和」 | トップページ | カッコよすぎる東邦高の平成最後の選抜優勝 »

2019年4月 3日 (水)

新元号発表について

 新元号が発表されて新聞もテレビも玉石混交の関連ニュースで盛沢山である。前回元号発表まで大騒ぎであったことにふれたが、朝日新聞では内田樹氏が元号を持つことには賛成であり、「令和」についても「政治的な臭いは無く中立的でよかった」と言っている。しかし、万葉集から選んだことについては「政権は支持層の国粋主義者の意向を配慮したのでは?」と疑問を呈している。

 在米ジャーナリストの飯塚真紀子氏は「欧米のメディアの中には「日本の右傾化」と結びつけている記事も散見された」と書いている。

●英・デイリーテレフラフ   日本の新時代の元号を決めるのに、伝統を打ち破って、中国の書ではなく日本の書を使うという判断は、

                                   安倍保守政権の国粋主義的傾向と結びついているように見える。 

●英・デイリーメール     新元号の語源は、国家の威信の増強を狙う安倍首相の保守的アジェンダを映し出している。彼は、停滞し

                                 て いる経済を復活させると公約して人気の波に乗ったが、団体の調和や日本の歴史や文化の誇りといった

                                 伝統的価値観の回復という保守的アジェンダも前から支持してきた。

●米・CNN         テンプル大学アジア研究ディレクターのジェフ・キングストン氏のコメントを紹介。同氏は、CNNに、

               「“多くの学者が、令和の意味や安倍首相の説明にすっきりしないものを感じている”と話している。新しい元号は、日本の政治の右

               傾化を映し出している。和という字は、徳仁皇太子の祖父、裕仁天皇時代の昭和の和と同じだが、その文字を選択したのは、安倍

               首相が、日本の戦争という過去について、ポジティブな論調を推し進めようとしているからだろう。これまで使われて来た中国の書で

               はなく、元号のインスピレーションを得るのに日本の書を選択したことは、明らかに、安倍首相の保守的政治基盤へのアピールだ」

 飯塚氏は「安倍晋三首相は記者会見で、令和について、『人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ意味が込められている』と説明したが、耳に

 心 地よい美しい解釈の裏には、別の意味も込められているのだろうか? と述べている。安倍首相は「令」の最後の意義を取り上げたが、最初の意義が隠されていると危惧するのは私だけではなかったと知り嬉しかった。

 先の内田樹氏は、また年号発表に関連したお祭り騒ぎについても警鐘を鳴らしている。「問題は政権が元号発表を政治ショー化したことだ。首相や官房長官ら現政権側が大量にメディアに露出し、お祭り気分をあおることで、政治的な難問は棚上げされた。『めでたいときに野暮なことは言うなよ』ということなのだろうが、お祭り騒ぎに紛れて、今、日本が直面しているy蘇問題を忘れ去れことは政権担当者には許されないことである。また、統一地方選挙のさいちゅうであり、フェアでない」と述べている。

 この時期に発表したことにはいろいろな政治的思惑があったからだと思われる。お祭り騒ぎの裏を見ることが大事である。

 

 

|

« 新元号「令和」 | トップページ | カッコよすぎる東邦高の平成最後の選抜優勝 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新元号「令和」 | トップページ | カッコよすぎる東邦高の平成最後の選抜優勝 »