2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 3月19日はココログのリニューアルの日で記事が書けず | トップページ | 墓仕舞いも大変だと知った »

2019年3月21日 (木)

小学校の卒業式の振袖袴に驚いた

 買い物の帰りに家の近くの小学校の前を通ったら、校門に「卒業式」の立看板が出ていた。「ああ、今日は卒業式か」と思った。天気よくて暖かい日差しの好日であった。「今年の卒業生は幸せだな」と思いながら帰宅した。
 コーヒーを飲みながらネットや新聞で小学校の卒業式で女子児童が羽織袴を着用する者が多いことについて問題にされていた。すっと以前だったと思うが男子児童で和服に袴の者がいることが話題になったことがあった。それでどんな服装の児童が多いか見てみようと思って小学校の校門まで行った。
 校門の中の校庭には父母などが大勢集まっていた。しばらく待っていると、担任の先生に引率されて卒業生が出てきて、紙で作った花のアーチをくぐって通って行った。
 見ていると予想以上に女子児童で振袖袴を着ている者が多かった。数えていなかったので分からないが各クラス10人ぐらいはいたように思う。男子児童で袴に和服の者はいたかもしれないが私は見なかった。スーツにネクタイ姿であった。後で妻が「家の前を袴の男の子が通って行ったよ」と言っていたので男子児童にも和服の者がいたのだ。
 卒業式の振袖袴といえば女子大学生の定番であったが、小学校にまで下りてきていることが驚きであった。子どもが和服を着用しているのに、親は和服の人が少ないように感じた。
 私が勤めていた20数年前は母親は黒の和服の礼服を着て来る人が多かった。子どもは一張羅の洋服であった。いったいいつ頃から大きく変わって来たのだろうか。
 ネットで調べると、小学生向けのレンタルの振袖袴の広告がたくさん出ている。一番安いので15000円ぐらいで、25000円とか45000円という高いのもあった。私見た感じでは25000円程度の物を来ている子が多かったように思うが定かではない。
 いくら卒業式とはいえ、私は振袖袴は行きすぎだと思う。馴れない着物を着て着崩れやトイレなどが心配であるし、経済的に余裕のない家庭ではレンタルしてやれないという問題もある。
 単に華美であるというだけでなく、周りとの関係で禁止した方がよいという傾向にあるのは肯ける。来年の卒業式はどうなるのであろうか。
Img_1036
Img_1035

« 3月19日はココログのリニューアルの日で記事が書けず | トップページ | 墓仕舞いも大変だと知った »

教育・生涯学習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月19日はココログのリニューアルの日で記事が書けず | トップページ | 墓仕舞いも大変だと知った »