2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 浜松・舘山寺旅行―④― | トップページ | スタジオVITA秋のバス旅行―①― »

2018年10月25日 (木)

浜松・舘山寺旅行―⑤―

 ホテルには12時ごろ戻った。昼食を食べに行くのだが、水曜日はほとんどの店が閉まっていた。フロントで聞くと「かどや」という店がやっていると言ったので歩いて行ったが閉店していた。通りにはレストランがたくさんあったが、みな「うなぎ」を売り物にしていた。

  さらに歩いて行くと「権太」といううどん屋が営業していた。でも、客が入っていて空席は7つしかないと言った。その店の斜め向かいに営業している店があったので別れて入ることになった。私は女性たちとO君、OK君らとうどん屋に入った。

  女性たちはきつねうどんを注文した。O君はタヌキうどんを注文した。私はシラス丼が300円だったのでそれにした。店の売りらしくテーブルには特別のメニューが置いてあり、「全国で一番の漁獲量を誇る浜名湖のシラス」としてあった。

  他の人たちは「シラスは高いから3匹ぐらいじゃない」とからかった。注文したものが来るまでにかなり時間がかかった。きっと丁寧に作っているのだろうと思った。

  やっと出て来たがO君が注文したタヌキうどんがキツネになっていた。注文するときO君が「キツネは揚げだがたぬきは天かすのことだ」と説明していたので、店員が聞きまちがえたようであった。店員は恐縮して「揚げを別に持ってきます』と言った。

  シラス丼はシラスがたっぷり入っていて真ん中にウズラの卵が載っていた。みんなは「さすがだね。私もシラス丼にすればよかった」と言っていた。実際愛知のシラスの産地篠島で食べても650円ぐらいはするだろうと思われた。

  朝食の時K君が「シラスをたっぷり載せてシラスご飯にして食べたよ」と言ったのを思い出した。

  うどん屋というだけあって、うどんも見るからに美味しそうできっと手打ちなのだろうと思った。

  ホテルに戻ると、向かいの店に行った連中は「あの店は高いから食べずに帰った」と話していた。

  2時のシャトルバスに間に合うようホテルのバスが乗場まで送ってくれた。シャトルバスの運転手は来る時と同じ女性であった。うつらうつらしている間に浜松駅近くに来ていた。

  バスを降りるとチケット屋があったのでO君とOK君と3人はその店に行った。何と3階まで上らなければならなかった。名古屋までは3800円ぐらいであったと思う。正常に買うより600円ぐらい安かった。

  帰る時店員が「そのエレベーターで降りて下さい」と言った。店に入口にエレベーターがあったのだ。下に下りるとこれまた驚いたことに隣に切符安売りの店があった。3階まで上って損をした気になった。

  駅に行くとみんなが集まっていた。S君が切符を買うのを待っていたのだ。S君が買って戻ってきたのをIさんが見て、「同じ切符を買っているじゃない?」と指摘した。急行券を買うつもりで間違えたようだ。それで戻しに行った。「損するところだった」とほっとしていた。

 「ひかり」まで時間があるのでコーヒーを飲みに行った。マクドナルドの前まで来ると「15時から21時まで無料」と書いてあった。「何か他の物を買うと無料になるんだ」とS君が言った。

 S君たちはアイスコーヒーを注文したら150円であった。私はホットコーヒーを注文したらは無料だった。女性たちに「ホットは無料だよ」と教えて上げた。

 Tさんが私に「よく調べてるね。一緒に来ると得するわ」と褒めてくれた。S君は癪だからホットを貰ってくると言って貰って来た。車内で飲めるからいいと喜んでいた。

 名古屋までは「ひかり」はノンストップだ。30分で名古屋駅に着いた。大阪方面の連中と「来年また会おう」と言って別れた。来年も元気でまた旅行が出来るといいなあと思った。

Img_0352
                  サゴーロイヤルホテル

Img_0373
                      シラス丼

 

« 浜松・舘山寺旅行―④― | トップページ | スタジオVITA秋のバス旅行―①― »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜松・舘山寺旅行―⑤―:

« 浜松・舘山寺旅行―④― | トップページ | スタジオVITA秋のバス旅行―①― »