2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NHKスペシャル「マネーワールド AIが仕事を奪う?」を見て | トップページ | 抗がん剤が効かない理由と免役療法 »

2018年10月15日 (月)

トランプ氏の不正をめぐる捜査が始まるよう求める署名

AVaazから届いたメールを下記にコピペする。

みなさん

移民の子どもたちを檻のような施設に収容し、米国をパリ協定から離脱させたトランプ大統領。また大統領は指先一つで核戦争を始めることもできるのです。

けれど何より恐ろしいのは、トランプ大統領の権力をいっそう強固なものにする、巨大な腐敗ネットワークかもしれません。ニューヨークタイムズ紙は、トランプ一族が「脱税」や「あからさまな詐欺」を通じ、その帝国を築いてきたという衝撃的内容を暴露しました。しかも、これは氷山の一角に過ぎません。

英国やオランダ、カナダでは、トランプ大統領とその一族、さらには関連組織をめぐる、その他の大規模な醜聞疑惑について調査が開始され、徐々に疑惑が明らかにされつつあります。にもかかわらず、トランプ大統領の逆鱗に触れた場合の報復を恐れてのことか、各国の検察官は動こうとしません。検察官が動き出せば、それによって米国における捜査が強化され、蔓延するトランプ大統領の不正の証拠を、米議会に提出できるはずです。

けれどこれらの国々の検察官が一歩を踏み出すには、圧倒的な世論の支持が必要です。その「世論」をつくるため、ぜひキャンペーンにご署名ください。100万人分のご署名が集まり次第、Avaazは調査が進行中の各国において意見キャンペーンを展開、メディアに記事をどんどん流した上、各国の検察当局前でアクションを開催し、検察による捜査を開始するよう訴えかけます。

署名する

これはビッグチャンスです。トランプ大統領のビジネス帝国を揺るがしかねない、常軌を逸した巨額のマネーロンダリング(資金洗浄)や税金詐欺を示す証拠が、次々と明らかにされているのですから。

米国ではトランプ大統領とロシアの関係について、ロバート・モラー特別検察官による捜査が進められています。モラー氏は誰にも組みせず独立した立場で厳正な捜査をすることで知られていますが、多数の政治的課題も立ちはだかっています。だからこそ、世界中で次々と証拠を明るみに出せば、トランプ大統領の運命を左右する決め手となり得るのです。

大規模で強固、かつ柔軟性も兼ね備えたグローバルなAvaazコミュニティならば、世界各国でドナルド・トランプ大統領に対する捜査を促すことができるはずです。たとえ米国の大統領であろうと、誰一人として法を免れるのを許してしまってはなりません。

署名する

わたしたち市民にとっても、各国政府にとっても、決して簡単なことではありません。けれど、このコミュニティならば、きっとやり遂げられるはずです。これまでにも難題に挑戦し、成功させてきたのですから。世界各地で民主主義制度が脅かされている今だからこそ、その最大の脅威である人物に、手遅れになる前に皆で立ち向かいましょう。

希望と決意を込めて

エマ、ネル、ダニー、ミタリ、アレックス、マリゴナ、アンドリュー、オリビア、アンネケ -- Avaazチームと共に

« NHKスペシャル「マネーワールド AIが仕事を奪う?」を見て | トップページ | 抗がん剤が効かない理由と免役療法 »

国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トランプ氏の不正をめぐる捜査が始まるよう求める署名:

« NHKスペシャル「マネーワールド AIが仕事を奪う?」を見て | トップページ | 抗がん剤が効かない理由と免役療法 »