2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 麻生財務相の辞任を求める運動 | トップページ | おいしいタマネギの酢漬け »

2018年10月12日 (金)

AI時代は監視社会になる?!

  私がパソコンを初めて買ったのは今から30年ぐらい前だと思うのだが、その頃はMSドスの終わりごろで、WINDOWSが出始めたので買ったのであった。インターネットはようやく緒に就いた頃だったと思う。

  PCは急速に発達すると言われ、次々に新製品が発売され、価格もその度に安くなって行った。またインターネットも年々高速化し使いやすく便利になって行った。

  こうしたIT技術の発展は今思うと目覚ましいものがある。かつては大きなビルのようなシステムが必要であったパソコンがスマホになってしまい、今ではスマホがパソコンと同じ以上の性能になり日常生活から手放せなくなった。

  日本ではまだこれからだが、中国やスエーデンではキャッシュレス社会となり、スエーデンではキャッシュお断りという店が多いという。

  インターネットは誰でも普通に使うようになった。何らかのSNSをやっており、Facebook,インスタグラム、ツイッター・・・・等々、複数のSNSを利用する人も多い。トランプ大統領のようにツイッター政治を行う首脳も出てきた。

  買い物をするのもAMAZONや楽天などさまざまなインターネットショッピングが利用されている。

  こうした中でインターネットを使うことによってビッグデータと呼ばれるものがサーバーに蓄積されることになった。

  AIの進化はそうしたビッグデータの利用が大きな支えになっている。日々刻々蓄積され利用されているのだ。

  先日Iphone XSを買ったとき、「顔認証」にして大変便利だと思ったのだが、利便性の裏に危険性が潜んでいることを知った。

  それは私の重要な個人情報である「顔データ」が外部に流れ利用されるという危険性である。インターネットで「本当は怖い中国」という記事を読んだら、中国では全てのデータが国家に集められていて完全な監視社会になっているというのであった。

  共産党に怪しい人物と睨まれたら「顔認証」によって、暗殺さえ可能だというのだ。だから天安門事件のようなことを起こすことは不可能だという。

  以前スノーデンが米国の諜報関係の怖さを暴露して映画にもなったが、すでに世界のどこでも監視社会に組み込まれてしまっているのだ。

  私はblogを書いているがどこかでチェックされているであろう。また携帯電話を通して私の利用した相手も全てデータ化されているはずだ。

  スマホを使うと使用履歴などの情報が自動的に報告されるようになっているが、私が今日何時に何歩歩いたとか何処へ行ったかなどの情報も集められているのだ。

  外に出れば至る処に監視カメラが設置され46次中作動している。全ての行動は記録されているのだが、カメラだけでなくスマホやネットによっても監視をされているのである。

  AIの発達は人間生活を幸せにすると思いきや「監視社会」を造りあげ、その精度を高めて行っているのだ。恐ろしい時代になったものだと思う。AIが急速に発達して近未来はロボットに仕事を奪われるということが心配されることをNHKのマネー で知ったがそれ以上の怖さなのだ。

« 麻生財務相の辞任を求める運動 | トップページ | おいしいタマネギの酢漬け »

パソコン・インターネット・スマホ」カテゴリの記事

コメント

追跡型広告という言葉をご存知の方は多いと思う。例えば私がパソコンで中古マンションを検索したとする。すると私が中古マンションを探している人物として認識され、その後も中古マンションの広告が頻繁に出てくる。それをブロックする方法もあるが、
ややこやしいので放置している状況である。私の住所氏名が特定されなくても、私がどんな人物であるかはサイバー上では把握可能である。こうしたデータがカテゴライズされビッグデータになれば選挙活動に利用することもできる。真偽のほどは明らかでないが、ロシアや中国がアメリカの国家レベルの選挙運動に介入しているのも基本的な考え方は同じで、さらに高度化、大規模化したものであろうと勝手に解釈しているが、、。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AI時代は監視社会になる?!:

« 麻生財務相の辞任を求める運動 | トップページ | おいしいタマネギの酢漬け »