2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 西野監督、JFAとFIFAの行動規範に背く | トップページ | 定年後の年金収入での生活 »

2018年7月 2日 (月)

汗をかく暑い日がやってきた

 つい先日まで例年より涼しくしのぎやすいさわやかな秋のような気候だと感じていたが、やはり夏は夏で、汗をかくようになった。

 梅雨の合間の日光が照りつける中を20分ほど歩いたが、下着のシャツが汗で濡れてしまった。シャツを手で身体から離して風を入れると、ヒヤッとして気持ちよかった。

 家に帰るとすぐに顔を洗って、顔や首筋や腕などの汗を取った。そして冷蔵庫からノンアルコールビールの缶を取り出して、コップに注いで飲んだら、ビールの炭酸がジワジワっと喉を通り、暑さが飛んだ気持ちがした。

 アルコール分のないノンアルコールビールは、これまでほとんど飲んだことがなかったが、最近のノンアルコールビールは、ビールに近いテイストになっていて、これなら暑い日中に飲んでもよいと感じた。

 サイダーのような炭酸飲料は滅多に飲まない。それは糖分があるからだ。でも、ノンアルコールビールは糖質ゼロをうたったものがいくつかあり、炭酸飲料より良いのではないかと思った。

 車を手放したので、運転をすることはないが、日中にはアルコールの入ったものは飲まないようにしている。ビールなどアルコール類を飲むと、その後体がだるくなり、さらには眠くなるのだ。その点ノンアルコールビールはそういう気遣いはないのでよい。

 私は冬には強いが、夏は苦手になった。子どもの頃や若い頃は、夏が一番良いと思っていたのに、年を取ったら夏が苦痛に感じるようになった。

 買い物や用事で外に出ると、直射日光やアスファルトの照り返しで汗が出て不快になる。これまで比較的過ごしやすかったが、いよいよ夏本番になってきたようだ。

 ただ一つよいのは、晩酌のビールモドキが美味しく感じられるようになったことだ。ビールモドキというのは、第3のビールのことである。これまでは缶を1つだけで、焼酎などを飲んでいたが、これからは缶を2つ飲める。

« 西野監督、JFAとFIFAの行動規範に背く | トップページ | 定年後の年金収入での生活 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 汗をかく暑い日がやってきた:

« 西野監督、JFAとFIFAの行動規範に背く | トップページ | 定年後の年金収入での生活 »