2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東京電力の福島第二原発廃炉に思う | トップページ | 「良心宣言」というムーブメントの情報 »

2018年6月23日 (土)

また称賛された日本人サッカーサポーターの行為

 Yahooニュースを見ていて、「日本は『最高のファンを持っている』 ゴミ拾いの称賛は世界各国メディアに波及」という記事を見つけた。日本人にとって誇るべき内容であった。

  サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組でコロンビアを撃破し一躍世界的に有名になったた日本代表であった。日本中が沸いた試合でもあった。

  この試合の後、客席でゴミ拾いをする日本人サポーターの様子が英公共放送「BBC」に特集され、一流のマナーが脚光を浴びた。

  そのBBCの放送の後、世界各国も続々と報道された。「なぜ、日本は最高のファンを持っているのかを再び示した」などと波及しているという。

  コロンビアの黄色い服を着たサポーターが圧倒的に多かったスタジアムで、試合後黙々とゴミ拾いに汗を流し、清掃に努めた日本人サポーターの姿が世界に広まっている。

 権威ある英公共放送「BBC」が「サムライブルーのサポーターは、一度もこの良きマナーを欠いたことがない」と報じ、国際大会で習慣化した振る舞いを高く評価。日本人にとって誇らしい称賛の輪は各国に波及したと記事は書く。

 実際試合後のサポーターのゴミ拾は何年か前に中国で開催された国際試合のときに報じられたのを読んだ覚えがある。この良き行いはずっと続いていたのだ。

 米大手放送局「CNN」は「日本とセネガルのファンがW杯のスタジアム清掃を手伝う」と見出しを打って特集。同じように清掃活動を行った同組のアフリカサポーターとともに紹介し、「写真や動画がソーシャルメディアで広がった」と伝えていると伝えているが、セネガルのサポーターも同様の清掃を行ったのは素晴らしい。

 ニューズウイークはJapan fans went around the stadium picking up litter after their win against Colombia という動画を流した。

 記事はさらに、「ニューズウィークは『礼儀正しい日本のファンがW杯勝利後にスタジアムを掃除』と日本人サポーターをメインに特集。『エカテリンブルグでセネガルと日本が戦う6月24日は、少なくともスタジアムが綺麗なままであることは確実だろう。どちらが勝ったとしても』」と記している。次のセネガルと日本戦は両国のサポーターによってクリーンな客席が保たれるだろうとつたえているそうだ。

  ドイツ紙「ディ・ヴェルト」は「ファンが試合後にスタジアムを掃除する日」と特集。「日本では各所に空瓶が転がっていることなどなく、東京ではごみを持ち帰って捨てることが慣習となっている」と試合会場はもちろん、日本国内も美化の伝統が根付いていると紹介しているそうだが、日本の街のクリーンさは有名で、この習慣は江戸時代以前からのものである。

 その他にも、英紙「サン」が日本のサポーターの行為を称賛し、フランス紙「ル・フィガロ」も「日本とセネガルのファンがスタンドを掃除」と報じているという。

 この記事は次のように結んでいる。「欧米各国で注目を浴びている日本人サポーター。同じく称賛の対象になっているサポーターを持つ次戦セネガル戦では綺麗な客席が保たれるだろう。ピッチでは熱く激しく、客席はクリーンに。日本人の美徳が、W杯に新たな価値を示す一戦となるかもしれない。」

 このよい習慣が今度のワールドカップを機に世界に広がることを期待したい。
 

« 東京電力の福島第二原発廃炉に思う | トップページ | 「良心宣言」というムーブメントの情報 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また称賛された日本人サッカーサポーターの行為:

« 東京電力の福島第二原発廃炉に思う | トップページ | 「良心宣言」というムーブメントの情報 »