« 秘境 トカラ列島中之島旅行―⑱― | トップページ | 秘境 トカラ列島中之島旅行―⑳― »

2018年5月 1日 (火)

 秘境 トカラ列島中之島旅行―⑲―

 「薩摩白波」は有名な芋焼酎の銘柄である。その工場が枕崎にあるのは知らなかった。工場に入ると説明を聞いた後案内板に従って見学した。酒蔵の見学をしたことは何回かあるが焼酎は初めてであった。甕がいっぱい並んだ部屋や発酵をする部屋など見て回った。そして楽しみな試飲の部屋に来た。

  工場限定の焼酎とかいくつかの焼酎の試飲をした。甘いのや匂いのよいものなどいろいろあった。マスターとKさんたちは限定の焼酎を買っていた。私は送料がかかると思って買わなかったが、後で聞いたら金額で送料は無料になったのだという。

  「白波」の工場を見て外に出たときみんなで写真を撮った。サツマイモのビールが試飲できるというのでそちらに行こうとしたら、他の人は出発だと言ったので仕方なく諦めた。サツマイモをあしらったビールは、どんな味が知りたかったので非常に残念であった。

  「白波」工場見学の後、魚市場に戻った。頼んであった鰹のタタキを貰って2階のレストランへ行った。昼時なので3人はアサリ定食を注文した。大きなどんぶりにアサリがたっぷりと入っていた。こんなのは見たことがなかった。

  マスターとYさんと私は朝食をたくさん食べて来たので、鰹のタタキでビールを飲んだ。枕崎は台風で有名だが何もないところだと思っていたら、意外にも賑やかな町であった。

  食事の後指宿に行く。YTさんがいい露天風呂があると言った。途中に無人駅があるので立ち寄ることになった。本当に小さな駅で草が茫々と生えていた。YTさんの家はその近くにあった。月に3万円の家賃で借りているのだそうだ。近くには小さな港もあった。便利ではないがいいところだと思った。

  YTさんの家には上がらないで外だけを見て指宿方面に出発した。ときどき線路を左に見ながら走った。「鶴瓶の家族に乾杯」で指宿をやったばかりであった。どの辺に来たのかと思ったが分からなかった。走って行くとやがて開聞岳が見えてきた。Kさんが昔開聞岳に来て非常に印象に残っているので是非行きたいと言っていたところだ。

  開聞岳は富士山のように形のよい山であった。残念ながら春霞でくっきりとは見えなかった。でも、道筋どこからでも見ることができた。

 YTさんが「玉手箱温泉」という露天風呂に案内してくれたが、あいにく休業日であった。仕方がないので同じ経営の普通の温泉に行った。砂風呂もあったが、他の人たちはみな経験者で、砂風呂は後が大変だと言ったので諦めた。

 大きな温泉で湯はちょっと熱かった。それで長くは入れなかった。温泉から出た後売店を覗いたら野菜などが安かった。葉物野菜を少し買った。

 Img_4203


Img_4204


Img_4208


Img_4209


Img_4210


Img_4211


Img_4214


Img_4225


Img_4226


Img_4234

                        開聞岳
Img_4237
                         開聞岳

Img_4238
                      玉手箱温泉

 

 

|

« 秘境 トカラ列島中之島旅行―⑱― | トップページ | 秘境 トカラ列島中之島旅行―⑳― »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  秘境 トカラ列島中之島旅行―⑲―:

« 秘境 トカラ列島中之島旅行―⑱― | トップページ | 秘境 トカラ列島中之島旅行―⑳― »