« 安倍首相と麻生財務相を道徳教科書に推薦 | トップページ | 木で熟した我が家の大王グミ »

2018年5月26日 (土)

米朝首脳会談の中止

 5月24日に北朝鮮は核実験場を米韓英中露のメディアが見守る中で予告通りに爆破した。金正恩氏の非核化の意思をアッピールしたものだ、

 この同じ日に、米国のトランプ大統領は金正恩朝鮮労働党委員長に宛てた書簡を公表し、6月12日にシンガポールで予定されていた米朝首脳会談を中止する意向を明らかにした。
 
 両首脳の会談が発表されてから北朝鮮はすぐに拘束していた3人の米国人を開放した。そうしたことで米朝首脳会談は行われるだろうと世界に期待を持たせた。
 
 しかし、その後互いにけん制し合って、結局首脳会談は中止となった。トランプ大統領も金正恩委員長もその真意がどこにあるか掴みどころのない政治家である。NHKニュースの街頭インタビューである人が「どうせこうなると思っていた」と話していたが、多くの人は同じことを思っていただろう。
 
 トランプ大統領は書簡で金委員長を褒めたり貶したりしながら、最後には「もしあなたの考えが変われば、ためらわず私に電話をするか、手紙を送ってほしい」と記した。
 
 今回の米朝会談は肩透かしを食ったが、一縷の望みはつながれている。金委員長が十分な核を持っていると誇示すれば、トランプ大統領は米国の方がもっとたくさん持っている。いつでもやってやるぞと威嚇している。
 
 そういう危険な世界をおののかせるような応酬はやめにして、真摯に朝鮮半島非核化へ向けての対話を進めてほしい。

 一方の米国が大量の核兵器を保持している中で北朝鮮に即時核廃棄を求めるというのは矛盾しているが、米朝会談は、核を廃絶への第一歩でとなるものだ。

 究極の目標地球全体の非核化がである。世界の核保有国が核兵器や核施設を廃棄し、原発も廃棄することである。
 
 それは永遠の課題であろうが、その努力を続けてほしい。

|

« 安倍首相と麻生財務相を道徳教科書に推薦 | トップページ | 木で熟した我が家の大王グミ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米朝首脳会談の中止:

« 安倍首相と麻生財務相を道徳教科書に推薦 | トップページ | 木で熟した我が家の大王グミ »