2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 秘境 トカラ列島中之島旅行―②― | トップページ | 秘境 トカラ列島中之島旅行―④― »

2018年4月15日 (日)

秘境 トカラ列島中之島旅行 ―③―

 10時前にみんながおりてきた。Yさんが「今日は予定通り船がでます」と言ったのでホッとした。後でわかったことだが、フェリーは5m以上の高波があると欠航だそうだ。昨日欠航になったのは、奄美大島まで行って帰るフェリーが高波で中止になったのだそうだ。

  この日も風は強く駅の近くの並木も揺れていた。本当に船が出るのか心配ではあったが信じて鹿児島見物に出かけた。

  一日乗車券はバスの中でも市電の中でも600円で買うことができる。後で分かったのだが1日周遊券は市バスの他に私営バスでもやっていて、回るコースは全く同じだがこちらは500円である。多分市電に乗れないので安いのであろう。

  コースは鹿児島中央駅→西郷どん大河ドラマ館→天文館→西郷銅像前・市立美術館→黎明館→西郷洞窟前→城山→薩摩義士前→西郷南洲顕彰館→異人館→仙巌園→石橋記念館→桜島フェリー・かごしま水族館→金生町→天文館→鹿児島中央駅と一筆書きコースである。また1日乗車券には施設の割引クーポンもついている。

  マスターが「仙巌園」に行くと言ったので途中はバスの中からの見物であった。「仙巌園」は大名庭園と島津家別邸で、目の前に桜島が望まれた。広い庭園で池も森もあり散策に向いている。金沢の兼六園や高松の栗林公園や岡山の後楽園ともつくりや雰囲気が違っていたが名園と言われている。

  「仙巌園」を見た後天文館に行き、昼食を食べるところを探した。「天文館」というのは奇妙な名だが鹿児島切っての繁華街だそうで、幾筋もの通りがあり店が並んでいたが意外にも人影は少なかった。「人が少ないね」と言ったら、マスターが「夜の繁華街だから夜は賑わうよ」と言った。

  私のiphoneの「教えて」を使って「この辺でおいしいラーメンの店を教えて」と言ったらすぐにいくつか示してくれた。その中の一つを選んで探したらすぐ近くにあった。

  小さな店であったが、「豚トロラーメン」というのが店の売りであった。豚の背の首の辺りの肉が一番おいしいのだそうで「豚トロ」と言い、その肉を使っているのだという。確かに美味しかった。値段は800円ぐらいだったと思う。

 昼食を済ませて鹿児島中央駅に戻った。コーヒーを飲むと言ったが、私だけは時間がもったいないので一人でもう一度回ってくると言ってバスに乗った。

 見たかったのは西南戦争の激戦地「城山」であったが、「西郷どん大河ドラマ館」というのが気になったので下車をした見に行った。NHKドラマに合わせて広い敷地に平屋の大きな建物を造ったのだ。

 中に入ると、両側に出演者の大きな写真と説明が続いていた。その次にビデオで制作のエピソードを映していた。それから「クイズ室」と実物大セットに分かれていたのでセットに行くと、西郷の生まれた家とお向かいの大久保の家があった。いろいろと凝って造ってあるらしかった。

 次は篤姫と斉彬と側室の衣装が3点、そして斉彬の短銃が置いてあった。それでけで出ると大きな土産物を売る店であった。

 何とも見る物のないつまらないものであった。人生でこれまでに見た展示で最低最悪であった。

 バスに乗るとマスターが窓を叩いた。大河ドラマ館を見に行くらしい。それで私は腕をクロスして駄目だと伝えた。マスターとSさんはバスに乗って来たので、如何ににくだらないかを説明した。そして私が「城山」に行くというと一緒に行くと言った。

Img_3989_2





Img_3991_3


Img_3993_2


Img_3994_2

Img_3995_2

Img_3999_2


Img_4002
Img_4008

« 秘境 トカラ列島中之島旅行―②― | トップページ | 秘境 トカラ列島中之島旅行―④― »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秘境 トカラ列島中之島旅行 ―③―:

« 秘境 トカラ列島中之島旅行―②― | トップページ | 秘境 トカラ列島中之島旅行―④― »