2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 秘境 トカラ列島中之島旅行 ―③― | トップページ | 秘境 トカラ列島中之島旅行―⑤― »

2018年4月16日 (月)

秘境 トカラ列島中之島旅行―④―

 バスは薩摩義士碑前から城山の方に登って降りるルートになっている。途中西郷隆盛が立てこもった西郷洞窟がある。

  城山で下車し歩いて行くと、見晴らしの良いところに出た。鹿児島市街が一望できた。西郷たちはここから見下ろして戦況を確認したのかと思った。

  マスターが「桜島」を見に行こうと言った。私営バスの方が早く来たので150円払ってそれに乗った。午前中に見た仙巌園を通り、フェリー乗り場がある「鹿児島水族館前」でおりた。桜島フェリーは大きなビルの2階から乗船した。フェリーは24時間営業で15分ごとに出ているというので驚いた。桜島が眺められるように前の座席に座った。

  海は穏やかで15分ほどで桜島に着いた。船からは下りずにそのまま桟橋から戻りの船に乗った。結局桜島まで往復しただけで、桜島を船からたっぷり眺めただけであった。

  水族館にはジンベイザメがいるということであったが、時間がないのでそのまま鹿児島中央駅方面の市バスに乗り、6時ごろにホテルに戻った。

 夕食を食べるのに鹿児島中央駅の広告を見て、「薩摩魚鮮水産」という店に行った。魚などの単品を取りシェアした。ビールや芋焼酎を飲んだ。Kさんはワインであった。2600円。

 その後ホテルに戻り、荷物を持って鹿児島中央駅から市電に乗った。フェリー乗り場近くの駅で降りて歩いて乗場まで行った。待合室には枕崎から来て一緒に行くYさんがいた。

 フェリーは新造の「としま」で、まだ3回しか就航していないということであった。大きなビルディングのようなフェリーで後部から自動車を積んでいた。

 22時に手続きをして乗船した。12人の大きな2等船室に私たち6名だけだったので楽であった。荷物を置く台が枕元の上にあり、細長いマットを床に広げてその上で寝るのだ。毛布が1枚ついていた。

 23時の出航のときデッキに上がって鹿児島の夜景を見た。船が動きだし堤防から離れて行った。鹿児島湾内でも波は高かった。通路を歩くと足をとられそうであった。私たちは船室に戻り好きなところを選んで横になった。

 外洋に出るには20分ぐらいかかった。外洋に出ると波はさらに高く、船は大きく揺れた。ときどきドーンと波が窓にぶつかり船が揺れた。新造の大きなフェリーでもこれだけ揺れるのだから、前の船や昔の船は大変だったろうと思った。幸い誰も船酔いをしなかった。

Img_4012
                     城山から市街を望む

Img_4014

                   城山から桜島を望む
Img_4017
                        桜島フェリー

Img_4020
                     フェリーから桜島

Img_4030_2
                       海鮮料理

Img_4031


Img_4034

                    フェリーとから後部
Img_4035
                     フェリーとから前部

Img_4040
                    鹿児島港夜景

Img_4042

                     とから2等船室


« 秘境 トカラ列島中之島旅行 ―③― | トップページ | 秘境 トカラ列島中之島旅行―⑤― »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秘境 トカラ列島中之島旅行―④―:

« 秘境 トカラ列島中之島旅行 ―③― | トップページ | 秘境 トカラ列島中之島旅行―⑤― »