« 敬老パスを更新して | トップページ | トランプ大統領にやっぱり低く見られた日本 »

2017年11月11日 (土)

小池代表と前原代表は米国に操られたのか?

 先の衆議院選挙で、希望の党が失速しそれが自民党の大勝につながった。もし民進党が野党協力をしていたら自民党は大きく議席を減らしていたという数字も、いくつかの新聞や週刊誌で示された。

  8日のYahooニュースを見ていたら、希望の党の小池代表が踏絵と排除で失速したのは米国がやったことで、米国は大喜びをしているという週刊朝日の記事があった。

  タイトルは「小池百合子、前原誠司の失脚の裏に米国政府  在米日本大使館の内部文書入手」というものである。米国はいろんな手を使って裏で対日工作をしていることが今回も分かった。

  記事から一部を抜き出した。

  ―総選挙後、在米日本大使館がまとめた内部文書を本誌は入手した。         

  《改憲勢力が発議可能な3分の2を確保した総選挙結果は米国には大歓迎の状況だ。むしろ米国が意図して作り上げたとみていい。民進党を事実上、解党させて東アジアの安全保障負担を日本に負わせる環境が改憲により整う非常に好都合な結果を生み出した》

 そして《日本が着実に戦争ができる国になりつつある》と分析。こう続く。

《米国には朝鮮有事など不測の事態が発生した時に、現実的な対応が出来る政治体制が整う必要があったが、希望の小池百合子代表が踏み絵を行ったのは米国の意思とも合致する》―

  「むしろ米国が意図して作り上げた」と恐ろしいことを平気で書いている。今度の選挙で改憲勢力が2/3をはるかに超す議席を得た。それによって改憲議論が一気に進むとみてよい。安倍首相自身が意気込んでいる。 

 改憲によって日本が名実共に戦争が出来る国になることを1日も早くと米国は望んでいるのだ。

  今度のトランプ米大統領の訪日では、「シンゾー」との親密ぶりを見せつけ、「完全に一致した」と互いに称賛した。おそらくゴルフをやりながら内緒で大事なことを決めたのであろう。 

 北朝鮮の脅威を煽り、日本に武器を爆買いさせたのはさすがに腕のいいビジネスマンと言いたいが、これは安部総理が完全にトランプ大統領に飲み込まれていたからできたことだ。

 ひょっとして米国に選挙での大勝利を後押ししてもらったからお礼の大判振る舞いかもしれない。イヴァンカ氏への54億円援助、ゴルフ、最高級鉄板焼き接待など・・・・。

  トランプ大統領の各国歴訪は、北朝鮮への圧力強化の包囲網を作ることと考えられるが、米国に代わって日本や韓国などが軍事力行使できるのを地ならししているものと思われる。

 記事は次のように書く。

―安倍官邸は圧勝した総選挙で、いかにも日米同盟によって北朝鮮問題が解決するかのような幻想を振りまいたが、先の在米日本大使館の報告書には“本音”と思われる記述もあった。

《むしろ、心配な点はイラク戦争に向かった当時と現在の朝鮮有事とでは、比べようがないほど米国民は関心がない。日本や韓国が(軍事)負担を負うことが確実にならない限り、米国は軍事行動には踏み切れないのではないか》―

 記事の全文

  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171107-00000009-sasahi-pol&p=2

|

« 敬老パスを更新して | トップページ | トランプ大統領にやっぱり低く見られた日本 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小池代表と前原代表は米国に操られたのか?:

« 敬老パスを更新して | トップページ | トランプ大統領にやっぱり低く見られた日本 »