2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ホーキング博士の警告 | トップページ | Jアラートで民放が困っているとか »

2017年9月23日 (土)

映画「ダンケルク」を観た

 9月18日の敬老の日に、山崎マザック美術館が敬老無料開放なので見に行った。その後、名古屋港水族館が半額だというので地下鉄でそちらに向かった。途中、名古屋港水族館の通常料金を調べたら敬老手帳を示せばいつでも半額だと分かった。それでミッドランドスクエアに映画を観に行くことにした。

  観たい映画は、「ダンケルク」と「関ヶ原」であった。関ヶ原は売り切れていたので、ダンケルクにした。この映画のことは8月の終わりごろ、NHKアサイチで取りあげていて、たまたまそれを見て興味を惹かれたのであった。

  14時からの部がまだ少し席があったのでよかった。コマーシャルや予告編のあと14時15分から上映が始まった。

  ダンケルクの街の中を一人の若い兵士が駆けて行くところからであった。銃声が響き敵が狙っていることが分かった。空からはビラが撒かれた。それには「完全に包囲された」と書いてあった。

  兵士は何とか海岸に出た。そこにはおびただしいイギリスの兵隊たちが集まって、何列もの行列を作っていた。救出の船を待っているのであった。一つの船に兵士たちが乗りこんだがドイツ軍の飛行機が襲撃してきた。

  船は被弾し傾いて行った。砂浜に並んでいた兵士たちは列を崩して逃げた。戦闘機が行ってしまうとまた集まった。

  イギリスの空軍戦闘機メッサーシュミットが敵機と闘っている場面になった。この映画にはストーリーという程のものはない。

  場面があるだけである。海岸で救助の船を待つ大群の兵士たち、イギリスの港をでてダンケルクに向かう徴用された一隻の民間の船。そこには船長親子が乗っている。その船での出来事が映画の骨格ともいえる。

  空でのイギリス戦闘機の戦い、海岸での様子、救助された船が敵の飛行機に攻撃されて大混乱をする様子などが交互に描かれる。機銃の音、爆発の音などすざまじい。戦争とはこういうものだということを描いているようだ。

  この映画は「ダンケルクの奇跡」と呼ばれる英仏連合軍の撤退作戦の実話にもとづいて作られたのだ。それは1940年5月のことであった。40万もの軍隊が80万のドイツ軍に攻められて、最後はフランスのダンケルクという小さな港町に追い詰められたのだ。英国首相チャーチルは徹底抗戦をせずに撤退することを決断したのであった。この辺が日本軍の玉砕戦法とは真逆である。人の命を大切にしたことがわかる。

  撤退のために民間の船を徴用する命令が出された。漁民を始め船を持っている者は多くが自発的に危険な救出に向かったと言われる。全部で900隻の船で救出作戦が行われたのだ。救出されたのは33万人と言われる。この33万の兵力を失わなかったことで、後のノルマンディーの史上最大の作戦がやれたのだという。

  この映画にはそのような説明は一切ない。私が映画を観た後ネットで調べて知ったことである。映画を観る前に、史実を調べておくとよいと思った。

  映画を観ながら思ったのは、水や食料はどうしたのだろうということや、海水に浸かった鉄砲は使えるのだろうかということや、海水でずぶぬれになったから気持ち悪いだろうな・・・というようなことであった。

  船に助けられた兵士にジャムを塗った食パンが1枚ずつ支給される場面があったが、その途中で爆撃を受け船は沈んでいき、兵士たちは海に飛び込む。怪我をしていない者や体力のある者はよいが、そうでないものは死ぬしかないのだ。

  この映画では敵のドイツの名や敵の顔や姿などは出てこない。イギリス側からの視点で作られている。臨場感を増す為なのかもしれない。

 この映画の監督は、クリストファー・ノーランで、すごいのはCGを使わずに実写で撮っていることだ。どうやって撮影したのかと思う。素晴らしい迫力とリアリアティである。

 

「ダンケルク 画像」の画像検索結果

 

「ダンケルク 画像」の画像検索結果

「ダンケルク 画像」の画像検索結果

「ダンケルク 画像」の画像検索結果

« ホーキング博士の警告 | トップページ | Jアラートで民放が困っているとか »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ダンケルク」を観た:

« ホーキング博士の警告 | トップページ | Jアラートで民放が困っているとか »