2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« エルミタージュ美術館展 | トップページ | 子どもの頃の遊び―②― »

2017年9月12日 (火)

快挙!桐生選手の9.98秒!!

 東洋大学の桐生選手が遂に10秒の壁を破って、日本人初めての9秒98を記録した。10日の朝日新聞一面トップを飾る記事となった。福井市であった日本学生対校選手権の決勝で達成したものだ。素晴らしい快挙であった。

 

 テレビで見ると、2位の多田選手もいい走りであったが、10秒07で2位であった。桐生選手は高校生の時に10秒01を出したが、その後は期待外れで、リオ・オリンピックでは日本選手4番手に甘んじた。

 

 その間サニーブラウンとかケンブリッジなどの選手が先を行っていた。そこへ桐生選手がまた耳目をさらったのだ。

 

 この快挙には9月9日に開催されたという運とスターターの素晴らしい判断という運もあったとネットニュースに出ていた。

 

 福井陸協の木原専務理事は、九月に開催されたことで「これはいい風が吹くな」と思ったという。それは迎い風の夏風から追い風の秋風になるからだという。

 

 しかし、追い風でも強いと参考記録にされてしまう。男子予選や直前の女子100mの決勝も追い風参考だった。

 

 スターターの福岡渉氏はこの風を熟知していたそうだ。風のリズムを吹き流しを見て読んだのだという。そしてタイミングよく「オン ユア マーク」を掛け号砲を撃ったのだ。スターターがそこまで気を使ってピストルを撃つとは知らなかった。

 運も味方に付けることが大事だと言われるが、桐生選手の快挙にそういう背景があったとは。桐生選手が見事な走りをみせて歴史を開いたが、日本にはケンブリッジ、サニーブラウン、山県、多田など多くの選手が10秒を切ろうと頑張っている。彼らも桐生選手の後に続いて9秒台に突入することを期待したい。

「桐生選手画像」の画像検索結果

« エルミタージュ美術館展 | トップページ | 子どもの頃の遊び―②― »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 快挙!桐生選手の9.98秒!!:

« エルミタージュ美術館展 | トップページ | 子どもの頃の遊び―②― »