« 小池都知事主導の「希望の党」に”希望”はない | トップページ | 驚きの「こんにゃく」画期的調理法!!NHKガッテン »

2017年9月30日 (土)

あまりにも身勝手な民進党―2度目の大罪

 民進党が今度の衆議院選挙で希望の党に合流することを決めた。両院議員総会で前原代表からの「どんな手段を使ってでも安倍政権を止めなければならない。名を捨てて実を取る決断だ」という合流提案を、ろくに議論もせずあっさりと受け入れてしまったのだ。

  最近まで細野氏らの、民進党を脱退して希望の党へ行った人たちに続く人が出るのを止めさせようとしていたのに、希望の党が立ち上がった途端、民進党は解党同然になり、立候補したい者は希望の党に公認を申請するように決めたのだ。

  数は減ったとはいえ、87人もいる党が、解党をしてできたばかりの希望の党へ合流というのは前代未聞のできごとである。

 前原代表は民進党への支持率が低いので、このままでは当選がおぼつかないと考え、小池人気にあやかるために解党を決めたのだ。

 それにしてもこの間代表になったばかりなのに、代表というのはそんなにも権限が強いものなのか。それ以上に不思議なのは民進党には菅元首相、野田元首相や岡田元代表、蓮舫前代表などがいるし、枝野幹事長もいるのに、どうして議論も尽くさずに簡単に合流を決めたのか納得できない。前回の選挙で民進党に投票した選挙民を無視しバカにした行動である。

 しかも、希望の党の小池代表は、公認に当たっては選別をすると言っている。無条件での受け入れではなく、安保法制や憲法改正に反対の人ははねのけるのだ。民進党と希望の党が政策協定した訳ではなく、一方的に何とかしてくれと泣きついたのだから、希望の党側からすれば当然のことであるが。

 とにかくなりふり構わずに民進党は希望の党に頭を下げたのだが、持参金として「政党交付金」を差し出すという。希望の党としては願ってもないことだが、そこまで卑屈にならなければならないのかと呆れる。元々政党交付金は民進党に交付されたものでそれを希望の党に持って行くのはおかしい。私は政党交付金には反対をしてきたが今回の使い方を見ても政党交付金は廃止すべきである。

 民進党は民主党時代に一度政権を取ったが、菅元首相が消費税導入を言い、野田元首相が身勝手解散をしてしまった。それが元で民進党は見放され安倍政権を誕生させたのであった。安倍政権によって憲法の解釈改憲や安保法制や特別機密保護法や共謀罪法などさまざまな改悪がなされてきた。その責任は民主党にある。それが1番目の大罪だ。

 今回の身勝手合流は2度目の大罪である。自分たちの保身だけを考え、地方議員や支持をした有権者のことを全く考えていないのだ。「二度の大罪」というのはそういうことである。

 小池知事は「寛容な保守政党を目指す」と言ったが「寛容な保守」とはどういう意味なのか。安倍政権とはどう違うのか。サッパリわからない。昨日も指摘したように小池氏は安倍首相と同じ戦前回帰派なのだ。騙されてはいけない。

 前原代表自身は以前小池氏と同じ党にいたことがあり、考え方も近いようだからいいと思っているのだろう。しかし民進党を解党して道づれにするとはとんでもないことだ。

 しかも民進党・共産党・社民党・自由党や市民連合などとの合意を破棄しての行動である。旧ソ連が日ソ不可侵条約を破棄して日本を攻撃したのを思い出させる。おそらく勝てば官軍だと思っているのであろう。

|

« 小池都知事主導の「希望の党」に”希望”はない | トップページ | 驚きの「こんにゃく」画期的調理法!!NHKガッテン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私は以前から民主党( 民進党)にシンパシーを感じてきた。1人1人の議員の能力は自民党議員に比べ勝るとも劣らない。特に愛知県内の同党有力議員は私と同じ出身校であることも親しみを感じていた。ところで、ナポレオンの言葉に一匹のライオンが率いる100匹の羊の群は一匹の羊が率いる100匹のライオンの群れに勝るという言葉がある。リーダーシップの大切さを強調したものである。今となっては詮方ないことだが民主党はこれが決定的に欠けていたと思う。それはともかく、代議士は落選すればただの人以下である。当選するために主義も主張も棚に上げて死に物狂いになるのも当然のことであろう。落選すればうん千万円の所得がゼロになる。きれいごとを期待する方が無理である。

投稿: toshi | 2017年9月30日 (土) 06時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あまりにも身勝手な民進党―2度目の大罪:

« 小池都知事主導の「希望の党」に”希望”はない | トップページ | 驚きの「こんにゃく」画期的調理法!!NHKガッテン »