2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 河口湖・西湖旅行―⑨―ミューズ館 | トップページ | 第67回 日本舞踊稲垣流豊美会を観た »

2017年8月30日 (水)

河口湖・西湖旅行―⑩―ホテル源吾

 今回の河口湖・西湖旅行では、宿泊にホテル源吾を使った。初めにも書いた様に、イギリス在住のDilumさんがネットで見つけ、私が電話で確認をし二人で相談をして決めたのだ。

  「源吾」という名前はホテルにはふさわしくない感じなので行くまではどんなホテルだろうと思っていた。

  行ってみたら、河口湖へ行く幹線道路沿いにあって、「乳ケ崎」というバス停がすぐ近くにあった。向かいに大きな「OGINO」というスーパーがあり、付近にはガストなどレストランがいくつかあった。

  ホテルは鉄筋3階建でお客も思ったより泊まっていた。イタリア人とか中国人など外国人も多かった。70代のオーナーと奥さん、娘さん、そして1人か2人のお手伝いさんの、いわば家族経営のようであった。

  オーナーは源吾という名前のような朴訥農夫という感じの人で「酒とタバコが飲めなくなったら死んだ方がまし」と言っていた。また、「英語はサンキューとグッバイとイエス、ノーしか知らん」と言っていた。それでもネットで外国から受け入れているのがすごい。

  料金は私たちが泊まったのは、2泊朝食付き3人で、税金など含めて34000円余でリーズナブルであった。朝食が大変ヘルシーな献立で、野菜、海藻、魚、味噌汁、卵焼き、納豆など十分であった。食事はテーブルの部屋と大広間とがあった。

  浴室は1階に大浴場があり、朝は6時~9時半まで、夕方は16時~22時半まで入れた。ただ難点はトイレが共同であることだ。

 他に良い点は、コーヒーとお茶がフリーで、夏場はかき氷もフリーであった。河口湖駅まで送迎をしてくれたのもよかった。

 Dilumさんもいいホテルだと言っていた。交通の便がよいしサービスもよく、宿泊料が高くないのでお勧めのホテルである。

Img_3250

                      ホテル源吾オーナー
E46388a0195949448c70b5bd02d243a1

                       一日目の朝食

« 河口湖・西湖旅行―⑨―ミューズ館 | トップページ | 第67回 日本舞踊稲垣流豊美会を観た »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河口湖・西湖旅行―⑩―ホテル源吾:

« 河口湖・西湖旅行―⑨―ミューズ館 | トップページ | 第67回 日本舞踊稲垣流豊美会を観た »