2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 河口湖・西湖旅行―⑧―いやしの里と西湖の岸辺 | トップページ | 河口湖・西湖旅行―⑩―ホテル源吾 »

2017年8月29日 (火)

河口湖・西湖旅行―⑨―ミューズ館

 西湖の砂浜を見た後、西湖にさよならをして河口湖岸の「ミューズ館入口」でバスを降りた。湖の向う側に昨日行った場所が望見された。湖を見ながら歩いて行くと、「河口湖ミューズ館」があった。館の前にはきれいな花がたくさん咲いていた。

  ミューズ館は布人形作家与(あたえ)勇輝氏の作品を展示している美術館だ。私は以前に名古屋の高島屋百貨店で展覧会を観たことがあり、たいへん魅了されたのを覚えている。河口湖にその美術館があるのは知らなかった。

  他の二人に聞いたら見たいと言うので入ることにした。この美術館は周遊券での割引がなかった。ホテルで割引券を貰って来ればよかったと思った。一般は600えんだが、ここでもDilumさんは学生並みの540円の料金であった。

  館内には布で作った精緻な表情豊かな人形が展示してあった。昭和、大正などの衣装を再現してあり、子どもや娘さんなどの仕草がとてもよく表現されていた。与氏の人形は本当に癒しのにんぎょうである。

  奥にはビデオルームがあり、制作過程などを説明していた。頭部はどのようにして作るのかとか布の収集なども分かった。

 ※公式ホームページアドレス

 http://www.fkchannel.jp/muse/author/

 ミューズ館を出てバス停に戻った。少し時間があったので傍の喫茶店に入ったが、食べたいものがなかったので出て、次のバスで戻ることにした。

 ホテルに戻ると、預けてあった荷物を貰い、ロビーで無料のコーヒーを飲んだ。ホテルのオーナーに無料サービスのかき氷を頼んだら作ってくれた。甘い物好きの河村さんは煎じを3杯も掛けて喜んでいた。

 ホテルに同宿していた中国人の若いカップルが富士山に登るのだと言った。こんなに天気が悪いのに大丈夫かと心配であった。そのカップルと一緒にオーナーが河口湖駅まで送ってくれた。

 17時に河口湖駅を出る名鉄バスに乗った。途中富士宮近くで渋滞があり、名古屋のバスセンターに着いたのは30分遅れで9時50分ごろであった。

 今回は天気に恵まれず富士山を見ることができなかったのが非常に残念であったが、河口湖・西湖周辺は見るものがたくさん用意されていて、美術館だけでも6つぐらいある。その他にも楽しめるものがあるのだ。自動車で行けば回るのは楽だと思うが、2日間周遊券を1300円で買って回るのもよいものだ。バスは1時間に4本あるから、それほど待たなくてもよい。

Img_3245

                        ミューズ館
Img_3246

                       ミューズ館ガーデン

                   
「与勇輝」の画像検索結果「与勇輝」の画像検索結果

「与勇輝」の画像検索結果「与勇輝」の画像検索結果

 

 

« 河口湖・西湖旅行―⑧―いやしの里と西湖の岸辺 | トップページ | 河口湖・西湖旅行―⑩―ホテル源吾 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河口湖・西湖旅行―⑨―ミューズ館:

« 河口湖・西湖旅行―⑧―いやしの里と西湖の岸辺 | トップページ | 河口湖・西湖旅行―⑩―ホテル源吾 »