« 面白い!大阪府議会参考人招致での籠池氏の発言 | トップページ | 国民健康保険と介護保険の納付額決定通知書がきて »

2017年7月17日 (月)

安倍首相が閉会中審議を受け入れた。

 先日の前川喜平前文部科学省事務次官の閉会中審議の後野党が安倍首相を閉会中審議に呼ぶことを要求したが、自民党の竹下国対委員長は「首相の関与を示す事実は出てこなかった。予算委での閉会中審議を開く必要はない」と断り、公明党もそれに賛成していた。

  ところがここに来て安倍首相自身が予算委に出席すると自分から言い出して、近々予算委が開かれることが決定した。自民党・公明党の中にはそんな必要はないという意見もあるようだが、首相自らの決定である。

 東京都都議選で惨敗を喫し、自分の責任ではないと強気の首相であったが、その後のメディアの世論調査で、軒並に内閣支持率が急落したので、支持率をとても気にすると言われる首相は急遽態度を変更したのだ。

 衆議院と参議院で閉会中予算委審議が行われるが、ここは野党各党はしっかりと対応してあの安倍首相の親友の加計学園に便宜を図ったのかどうかを問い詰めてほしい。どうせ知らぬとか忘れたなどと常套の返事をすることは予想されるが、そこを工夫して突破してほしい。

 森友学園問題についてはどうなるのであろう。野党は稲田防衛相の「防衛省も自衛隊もお願いします」発言を取り上げるようだが、森友学園の土地払下げやそれにからむ昭恵夫人のことも問いただしてほしい。

 安倍首相は予算委出席で内閣支持率を回復したいという願望があるようだが、果たして希望通りにいくであろうか?「こんなひとたち・・・」という気持ちで国民をバカにしてはいけない。本当のことを真摯に語ってもらいたい。

 民進党・共産党・自由党・社民党よ、がんばれ!!

|

« 面白い!大阪府議会参考人招致での籠池氏の発言 | トップページ | 国民健康保険と介護保険の納付額決定通知書がきて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

審議を開くのであれば野党の議員ももう少し本気になってもらいたいものです。
森友学園にしろ加計学園にしろ正式な認可が下りる前からボーリング調査が行われ建築工事が進む。その流れにはおかしなことがいくらでもあるのです。
それを突っつかれると森友学園のようにほぼ出来上がっているのに開校を取りやめて首謀者は雲隠れしてしまう。
先の審議には愛媛県前知事の加戸氏が参考人として招かれ「10年前から獣医学部新設を申請していた。加計ありきではない。」などと何の証明にもならないことを並べていました。
昨日のサンデーモーニングでは大宅映子氏が「加戸氏の発言をメディアが取り上げなさすぎ」などと常識ある評論家ぶったことを述べていました。
わざわざ取り上げれば知事時代のボロまで色々出てきかねないのでメディアはあえてスルーしたのかもしれないにもかかわらず。
大宅氏はともかく蓮舫議員はもう少しましな質問をしなければ民進党は消えるでしょう。

投稿: たりらりら | 2017年7月17日 (月) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150718/71135751

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相が閉会中審議を受け入れた。:

« 面白い!大阪府議会参考人招致での籠池氏の発言 | トップページ | 国民健康保険と介護保険の納付額決定通知書がきて »