« 海がプラスチックのゴミで汚染されていることは知っていたが | トップページ | 人生の最期をどう迎えるか »

2017年7月10日 (月)

混声合唱団ホッとスルーズコンサート

 7月2日に、混声合唱団ホッとスルーズの創立20周年記念演奏会が昭和文化小劇場で開かれた。この合唱団は地域合唱団である。プログラムによると、平成7年に村雲婦人会コーラス部として誕生したそうだ。

  平成17年には男性も加わり、「混声合唱団 ホッとスルーズ」が結成された。指揮は当初から亀井澄子さんである。地元の中学校の文化祭、シニアコーラス交歓発表会、女性会の行事などで演奏をしてきたそうだ。

  私がホッとスルーズを知ったのは、我が昭和男爵コーラスも参加したシニアコーラス交歓発表会であった。団員のEさんがホッとスルーズにも属していたからだ。ユニークな名のこじんまりした合唱団であったが、その時もう10年経っていたのだっだ。

  そのうち我が合唱団に入ったKさんがホッとスルーズにも所属していることが分かった。Kさんは体調を壊して退団されたが、その後Mさんと知り合いホッとスルーズは身近な合唱団としてシニアコーラスでも注目してきた。

  それでホッとスルーズが昭和文化小劇場でコンサートをやると聞いたとき驚いた。あの小さな合唱団が小劇場を埋めるほどの聴衆を集められるのだろうかと思った。

  当日開場10分後ぐらいに行ったら場内はほぼ満席であった。私の杞憂は霧消した。入場のときもらったプログラムは立派なもので、他に小さなプレゼントもついていた。これだけの人数を集められたのは、地域に根差した合唱団だからだと思った。女性のパワーがそれを可能にしたのだろう。

 プログラムを見ると、指揮者の亀井澄子さんは知り合いの奥さんであることが分かった。またバイオリンを演奏した水野章子さんは娘さんで、司会をしたのは関西でアナウンサーをしているという息子さんだと分かった。ご主人も特別参加でテナーに入っておられた。

 第1部  「愛をこめて」

   LOVE AND PEACE-私たちは歌い続ける

   広い宇宙はお父さん

    この街で

   霜月の午後~奥様お手をどうぞ

   ああ人生に涙あり(水戸黄門より)

 どの歌も、選曲がよくいいメロディや歌詞の歌ばかりであった。合唱もハーモニーがよく、声もよく出ていて気持ちよく聴くことができた。最後まで聴きたかったのだが、私は、この日時間を間違えて「組曲 悪魔の飽食」のチケットを買ってあったので、ここまで聴くと残念であったが、会場を後にした。

 この後の曲は、聴衆と一緒に歌おうということで、

 上を向いて歩こう    たなばたさま

 第2部は、寺岡悦子合唱曲

 おたまじゃくしは、 ゴーヤのつるが、 白菜 ぎしぎし、 さくら, あくしゅ

 第3部 歌は生きる力

 一週間  灯  故郷の人々   アメイジンググレイス

 プログラムに、指揮者が書いておられる言葉を拾うと、次のようなのが目についた。[選曲]『何を歌うか』を決めるときには、

    むつかしいことを    やさしく

    やさしいことを      ふかく

    ふかいことを       おもしろく

    おもしろいことを     まじめに

    まじめなことを      ゆかいに

    あくまでも         ゆかいに

 この井上ひさしさんのことばを思います。

 私の求める良いウタ(詩・詞)は、こういう歌です。深い思索から生み出された平易なことばで書かれた、美しい日本語の響きと実感のある良いウタ。思わず口ずさみたくなる魅力的で美しいメロディー。ウタの感性とぴったり合ったよい曲。またはよい編曲の品の良い作品。 

 Img_2925


 

 

 

|

« 海がプラスチックのゴミで汚染されていることは知っていたが | トップページ | 人生の最期をどう迎えるか »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150718/71072325

この記事へのトラックバック一覧です: 混声合唱団ホッとスルーズコンサート:

« 海がプラスチックのゴミで汚染されていることは知っていたが | トップページ | 人生の最期をどう迎えるか »