2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東京新聞望月衣塑子記者へのインタビュー記事―①― | トップページ | 東京新聞望月衣塑子記者へのインタビュー記事―③― »

2017年7月25日 (火)

東京新聞望月衣塑子記者へのインタビュー記事―②―

 BI68日には官房長官に対して、1人で20分間、質問を23回されました

望月知り合いのテレビのディレクターからも官房長官の会見は、追及が甘いんだよねということを聞いていました。それまで会見は、テレビを見るか新聞でコメントを読むぐらいでした。記者が一度質問をして、官房長官が「そんな事実はありません」と答えたらそれで終わりという感じで、なぜ畳み掛けないのかと思っていました

  社会部記者の感覚からすると、畳み掛ける質問はわりと当たり前ですが、政治部は一言聴くだけです。一方で、稲田朋美防衛相の失言などは、さまざまな角度から質問が出ますから、記者としてのアンテナの立ち方が政治部と社会部では違うのかなと思うことはあります。

 失言は辞任に直結するという意識もあるのでしょう。古い政治記者に聞くと、昔はもうちょっと緊張感があったとも聞きますが、いまは、そういうものとは、異質なものになっている。政治部も自分たちで疑惑を取材していれば、もっと違うのかもしれませんね。

 「空気を破っているよね」という雰囲気はあった

 BIなぜ、他の記者は“疑惑”について突っ込んだ質問をしないんでしょうか?

 望月:政治記者は日々、北朝鮮によるミサイルの発射や災害など幅広い出来事について日本政府のコメントを引き出すことを日常的にやっていて、自分とは立場が違う。であれば、自分で聞くしかないと思っています。政権を敵に回すだろうなとも思いましたが

  ただ、最近はジャパン・タイムズや朝日新聞の記者が続いて質問してくれることがあって、心強いです。

BI68日に望月さんが20分以上質問をしていた時の周囲の記者の雰囲気は

 

望月:空気を破っているよね、みたいな雰囲気はありました。こういう状況が続くようであれば、質問を短くされるとか、会見そのものが短くされるとかいった懸念があるという意見を、私に伝えようという動きが官邸の記者クラブ内にあったと聞いています。

 

 私は質問する際、状況を説明し始めると長くなりがちで、そこは反省をしています。68日以降、会見の司会役からは、「質問は手短にお願いします」と連発されるようにはなりました。

 それでも菅官房長官は、私が手を挙げていて、無視することは絶対にない。その点はさすがだなと思います。ほかの大臣は公務を理由に全ての質問に答えず、会見を打ち切ってしまうことありますが。菅官房長官は、きっちりやり取りはしてくれている。あの場での受け答えで政権がどう考えているかは分かりますから、非常に重要な場です。

 

 その後も、社内外の記者から「質問を短く」とか、「ルールを守れ」と言われることもありますが、疑惑があっても追及をしない姿勢に違和感があるから続けています。週刊誌で菅官房長官に関する疑惑が報道されても、政治部の記者はだれも追及しない状況は続いています。

 

 

« 東京新聞望月衣塑子記者へのインタビュー記事―①― | トップページ | 東京新聞望月衣塑子記者へのインタビュー記事―③― »

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京新聞望月衣塑子記者へのインタビュー記事―②―:

« 東京新聞望月衣塑子記者へのインタビュー記事―①― | トップページ | 東京新聞望月衣塑子記者へのインタビュー記事―③― »