« 味がよくなったノンアルコール | トップページ | 前川前事務次官は立派である »

2017年6月 1日 (木)

VOICE TRAという外国語変換アプリ、なかないいね

 先日、NHKの「ニュースで英会話」番組で、外国語を翻訳するアプリについてのニュースを取り上げていた。マイクロソフトとグーグルが装備したということであったがよくはわからない。

 番組にゲストとして日本の開発者が参加していた。その人は政府が2020年の東京オリンピックを目指して開発させている音声翻訳アプリの責任者であった。

 タブレットを持って来て、Voce Traの説明をした。音声で日本語を話すとかなり正確に英語に翻訳して示し、音声も発するのだ。相手が英語で答えると日本語に翻訳する。

 このアプリは無料で提供しているといった。どうして無料にできるのかという質問が出た。多くの人に使ってもらって、データを集めよいものに修正していくからだと答えた。このアプリはIAで学習していくのだ。

 これまで翻訳ソフトを試したことはあったが、その出来栄えはとても使えるものではなかった。今のスマホは部分的に単語を選択して意味を出す辞書機能がついているが、単語の場合は正確である。しかし、文章になるといい加減というしかない。

 説明では、Voice Traは、文法で翻訳するのではなく、多くの使用例を集めて、それを様々な角度からデータ化し、それを使って最適な翻訳をつくるのだそうだ。文法からのやり方はダメだと言っていた。

 私も早速Iphoneにインストールした。AppストアからVoice Traといれて検索すると、すぐに候補が表示される。それをタップしてインストールするだけで極めて簡単である。最初言語選択をして、次に「同意」を説明する文章がでるから、最後まで行って「同意」をすればすぐ使える。

 画面の下に、自分が選んだ「日本語」と「English」というボタンが表示されている。青い色が付いた方が自分の言語である。

 マイクのボタンをタップして音声で「スーパーは何処にありますか?」などと入れると、画面の上段に「入力した文ですという欄があって、「スーパーはどこにありますか」と表示され、その下の中段に「こう翻訳しました」という欄があって「Where is the supermarket」と表示される。英語を表示するとき音声でも発音してくれるのでヒアリングにもよい。最下段には「翻訳の意味はこれです」という欄があって「スーパーはどこですか」と表示される。

 このような簡単な文は正確に訳すが、間違って訳されることがある。その時は、上部にある「誤りの報告」というところをタップして、上段か中段か下段のどの文章が間違っているかを報告することができる。

 相手に答えてもらうときは、Englishの方をタップしてもらって音声で入力してもらうのだ。極めて簡単である。しかも言語の切り替えもすぐにできる。相手の方のタブを長押しすると選択画面が出て言語を切りかえられるのだ。

 選べる言語は、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ロシア語などや中国語、韓国語、タイ語など今のところ30言語である。ただ、中国語は簡体字と繁体字が選べる。ポルトガル語もブラジルポルトガル語というのがある。

 

 私は日本語教室で学習者に紹介したら喜んでいた。またボランティアの人にも紹介をした。みなびっくりしていた。タイやベトナムやインドネシアやフィリピンなどの学習者もいるので役に立ちそうだ。

 

|

« 味がよくなったノンアルコール | トップページ | 前川前事務次官は立派である »

面白い話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150718/70688098

この記事へのトラックバック一覧です: VOICE TRAという外国語変換アプリ、なかないいね:

« 味がよくなったノンアルコール | トップページ | 前川前事務次官は立派である »