2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大阪・奈良・京都旅行―⑤― | トップページ | 嘘?真? »

2017年6月22日 (木)

大阪・奈良・京都旅行―⑥―

 第3日目6時に大浴場に行った。この日は中国人が2人入りに来た。出発は8時半の予定であったが、御前様だったダニエルが起きて来ず、9時15分ぐらいにホテルを出た。ホテルのすぐ近くに9時からやっている大衆食堂を見つけたのでそこに行った。おかずがいろいろ皿に乗っていて値札が付けてあった。好きな物を選んで食べられるのだ。

 ご飯と味噌汁とおかずを2品選んだ。少しずつ他の人とシェアをしたので品数は増えた。手頃な朝食の店であった。

 この日は京都へ行くので四つ橋線で梅田まで行った。梅田も大きな駅でJRに乗り換えるのに人に尋ねながら行った。始発の快速に乗れたので席を確保できた。

 京都駅でナヒードと中央改札口で会うことになっていた。落ち合ってまず市バス案内所に行った。地下鉄で行ってバスセンターでバスに乗り換えるとバスがたくさん出ていることが分かった。

 道順を考えてまず大徳寺に行き、それから金閣寺と竜安寺に行くことにした。京都のバス停にはバスが接近すると知らせてくれるようになっていた。さすが観光地だと思った。

 大徳寺にはこれまで2度行ったことがあるのだが、塔頭の大慈院で泉仙の鉄鉢料理やっているのでそこへ案内したいという狙いもあった。

 大徳寺は臨済宗の大きな寺で中には塔頭がいくつもある。まず大仙院に案内した。受付の女性が上手な英語で応対をした。中に入ると尾関宗圓師がいた。83歳だということであった。

 寺の中の案内は先ほどの女性で庭の説明や襖や文字の説明などを英語で大変詳しく分かりやすくしてくれた。ナヒードなどはいろいろ質問をしたが上手に答えていた。私は英語が上手で分かりやすく感心したと女性に言った。

 一回りして戻ると、尾関師がまだいた。著書や筆で書いた言葉を並べて売っていた。以前来た時も同じ場所で尾関師と話したことを伝えた。その時師が言ったのは「退職をしたら奥さんを大事にしなさい。お金に困ることはありません」という言葉であった。それから20年余りなんとか食べて来られたのだから当たっていると思った。

 大仙院を後にして、大慈院へ行った。鉄鉢料理はいいのだが調べたら3400円ほどした。だから食べるかどうかはともかく見るだけでも・・・と行ったのだ。結局外から見ただけで食べずに帰った。

 大徳寺では英語で詳しく案内をしてもらえたのが有難かった。大徳寺を出て門前の蕎麦屋で蕎麦の昼食を食べたなかなかおいしい蕎麦であった。

« 大阪・奈良・京都旅行―⑤― | トップページ | 嘘?真? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪・奈良・京都旅行―⑥―:

« 大阪・奈良・京都旅行―⑤― | トップページ | 嘘?真? »