« 大阪・奈良・京都旅行―⑧― | トップページ | iphone紛失騒動記 »

2017年6月27日 (火)

恐るべし、中国の検閲・ネット監視。7月からは日本も!?

 先日、中国のLINEともいうべき「微信」で友人のTさんから日本の書籍「50歳を過ぎたら粗食をやめなさい」を読んだと言って本の写真を送ってきた。

 ところが数日して、中国の「公衆平台助手」というところから、「微信辟謡(デマを打ち消す)助手というの係がこの本に書いてあることはウソだと言う意味の警告を送ってきた。

 原文をコーピーしようと思ったがどうやってもできないし、転送もできなかった。それで原文をLINEで写して書いてコピーしてPCに送ったが、文字化けしていた。簡体字では書けないので日本語漢字で書き写した。

 辟謡提醒:「你好 近期你閲読的文章被第三方辟謡機構評定為不実信息、請進入辟謡助手小程序了解更多。」

 文章標題:「日本医学権威:吃的越清淡 老化越厳重。」

 詳しく以下のように書いてあった。

 全民校真

 ( )篇文章是対日本厚生労働省栄養調査報告的誤読。原調査的結論是、BMI(判断健康体重的標準)小于20kg/㎡的老年人応該通過均衡栄養搭配譲自己的BMI提高到20kg/㎡以上、因為大量研究発現低体重老人死亡風険更多。

 粗茶淡飯只要把握好粗細食物的比例、不会影響栄養素的吸収、不会造成栄養不良。清淡飲食是指少油少( )少糖、適量吃肉、多在家吃飯少外面就餐、完全可以通過均衡搭配保証老年人栄養、不至于老化厳重。

 Tさんのメッセージ欄にあった書籍の写真は拡大できなくなり、それをタップすると上記の「全民校真」が現れた。

 朝日新聞の24日社説によると、中国政府は6月から「インターネット安全法」を施行したという。これまでも厳しいネット管理・統制を更に強める法律だという。実質的に言論の自由を否定する内容だというのだ。

 習近平政権は「ネット主権」を主張し、ネットに於いても国家の安全・秩序維持を最優先させる考え方だと指摘する。

 Tさんと私の交信に警告が来たのは、単に書物の内容が「謡言」(デマ)だというだけなのか、それにしてもこれまでに経験したことがない出来事であった。いみじくもネットは監視されているということを知らされた訳である。「共謀罪法」が施行されると日本もネットの監視が厳しくなるに違いない。他人ごとではないのだ。

|

« 大阪・奈良・京都旅行―⑧― | トップページ | iphone紛失騒動記 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150718/70955102

この記事へのトラックバック一覧です: 恐るべし、中国の検閲・ネット監視。7月からは日本も!?:

« 大阪・奈良・京都旅行―⑧― | トップページ | iphone紛失騒動記 »