« 共謀罪法阻止集会のレポ | トップページ | 森友問題究明証人喚問要求署名の訴え »

2017年5月18日 (木)

加計学園問題徹底究明せよ

 森友問題と共に大問題である加計学園問題について、17日の朝日新聞朝刊はトップで「新学部『総理の意向』 文科省に記録文書」という見出しで伝えた。同じ日の中日新聞が一面トップで「眞子様のご婚約」について取り上げていたので朝日のスクープなのかもしれない。

  リードで次のように書いている。「安倍晋三首相の知人が理事長を務める学校法人『加計学園』(岡山市)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画について、文部科学省が、特区を担当する内閣府から『官邸の最高レベルが言っている』『総理のご意向だと聞いている』などと言われたとする記録を文書にしていたことがわかった」

  これまで野党の国会での追及に対して、安倍首相は「加計学園から私に相談があったことや圧力がはたらいたということは一切ない」などと答弁して、関与を強く否定している。

  記事はさらに続けて、「朝日新聞が入手した一連の文書には、『10/4』といった具体的な日付や、文科省や首相官邸の幹部の実名、『加計学園』という具体名が記されたものもある。加計学園による獣医学部計画の経緯を知る文科省関係者は取材に対し、いずれも昨年9~10月に文科省が作ったことを認めた。文書の内容は同省の一部幹部らで共有されているという」と書いている。

  また、「大臣ご確認事項に対する内閣府の回答」という題名の文書には、「(愛媛県)今治市の区域指定時より『最短距離で規制改革』を前提としたプロセスを踏んでいる状況であり、これは総理のご意向だと聞いている」と記されているという。

  政府は昨年11月に「国家戦略特別区域諮問会議」で52年ぶりの獣医学部の新設を認める方針を決定したのだ。国の事業者公募に、加計学園のみが申請し認められた。

  以前にも取り上げたように獣医学会は強く反対していたにも拘わらず加計学園の獣医学部新設が認められたのだ。

 安倍総理と加計学園理事長の加計孝太郎氏は、米留学以来の40年以上にわたる親友だと言われ、ゴルフをしたり会食をしたりしているそうだ。そんな加計氏の獣医学部新設計画に首相が力添えをしたことは容易に想像できる。

 安倍首相はいつもの通り、知らぬ存ぜぬで切り抜けようとしているが、森友問題と共に加計問題も国会で徹底的に追及し安倍首相退陣に追い込んでもらいたいものである。

 自民党の中にも愛媛選出の村上誠一郎議員の様に今治市が加計学園に36億円の土地を無償供与したことを心よく思わない人もいるというから、何とかして疑惑の解明に努めて欲しい。奢れるものは久しからずという諺が現実のものであってほしい。正義が正義であることを証明してほしい。

|

« 共謀罪法阻止集会のレポ | トップページ | 森友問題究明証人喚問要求署名の訴え »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今治市は16.8ヘクタール、評価額36億7,500万円の土地を加計学園にタダで譲渡し、学校建設に県と市が最大96億円の補助金を支払う。しかも、工事を担当するのが加計グループ企業の「SID創研」。何重にも加計グループに利益が転がり込むと言われています。地方財政が厳しい折に、約100億円もの補助金を使ってしまうのは無責任ですね。さらに獣医学部を卒業しても四国では獣医不足の見込みはないので就職も望めない。広大な土地と莫大な補助金で加計グループが潤うだけですね。

投稿: danny | 2017年5月18日 (木) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150718/70589671

この記事へのトラックバック一覧です: 加計学園問題徹底究明せよ:

« 共謀罪法阻止集会のレポ | トップページ | 森友問題究明証人喚問要求署名の訴え »