« 治安維持法体験者が指摘する共謀罪の怖さ | トップページ | ゴールデンウイーク後半は東京へ―⑤― »

2017年5月21日 (日)

予想通り、またもや数を恃んでの強行採決!!

 「共謀罪」法案が、19日の衆議院法務委員会で自民・公明・維新の三党の賛成で予想通り強行採決された。

 

 維新が賛成するのは当然として、あの平和の党、生活の党を掲げてきた公明党が、今回も自民党を助けて賛成した。与党であることだけを大切にして、国民を足蹴にするものであった。

 

 戦前の悪名高い治安維持法で、創価学会の先達が犠牲になっていることをゴミ箱に捨ててしまったようだ。

 

 第二次安倍政権になって、2/3以上の絶対多数をいいことに、これまで数々の強行採決を繰り返し、民主主義を踏みにじって来た。数の横暴極まれりである。

 

 衆議院本会議で絶対多数で可決され、参議院に回ってもいい加減な審議で、またまた強行採決をすることは目に見えている。何度もいうように、絶対多数と言っても選挙区制によるマジックであって、得票率からいうと投票者の過半数にも届かないのだ。

 

 特別秘密保護法、安保法制、共謀罪、この3点セットで日本の将来は暗黒のものとなるであろう。気がついたら戦前のような圧政の国になっていたというになるのだ。もうこれ以上長生きはしたくない。

 

※知人からのメール

 テロとは何の関係もない共謀罪が衆議院の法務委員会で数の力で強行採決されましたね。
 自民とそれに協力した公明党や維新の会こそ共謀罪で裁かれるべきだと思います。
 既にネットの監視や電話傍受も始まっているようですが、これからますます政権批判や原発反対運動や、沖縄基地反対運動などが弾圧を恐れて萎縮したり、
監視社会になって自己規制が進み、お互いが疑心暗鬼になり密告社会になりそうですね。
 またリテラの記事をお送りします。

http://lite-ra.com/2017/05/post-3170.html

|

« 治安維持法体験者が指摘する共謀罪の怖さ | トップページ | ゴールデンウイーク後半は東京へ―⑤― »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150718/70619826

この記事へのトラックバック一覧です: 予想通り、またもや数を恃んでの強行採決!!:

« 治安維持法体験者が指摘する共謀罪の怖さ | トップページ | ゴールデンウイーク後半は東京へ―⑤― »