« 融通が利かない山崎川ライトアップ | トップページ | 共謀罪法は一般市民に無縁ではない―⑧― »

2017年4月 9日 (日)

岩倉桜まつりで五条川へ行く。見事な桜!!

 英国からわざわざ花見に来たディラムさんとマークさんを案内して8日に岩倉の五条川に行った。日本の桜を見たいというのは昨年から分かっていたことであった。それで桜を見るバスツアーに申し込んだが、その前に名古屋の近くの桜を見せたいと思っていろいろ調べた。

  愛知県で一番の花見の名所は岡崎の乙川沿いで、2番目が五条川であった。名古屋城もいいそうだが交通の便も考えて岩倉の五条川に決めた。

  8日はあいにく曇り時々雨の予報であった。上小田井駅で落ち合った。二人が泊まっているkさんも一緒であった。上小田井から岩倉までは準急で6分ぐらいで着いた。料金は240円であった。

  岩倉駅に下りると立派な駅になっていた。構内に岩倉桜まつり案内所があり、そこで素敵なパンフレットを貰った。日本語のバージョンしかないと思ったら、英語のもあった。

  駅から歩いて神明社の方へ行った。途中食べ物屋が並んでいて、ディラムさんは鬼まんじゅうが美味しいからと言って買った。Kさんは花見団子を買った。

  神明社に行くと山車が1台飾ってあった。それを見て境内を通り抜けて歩いた。雨が降った後らしくぬかるんでいた。境内にはテントを張った無料休憩所があった。

  五条川に出ると桜は前日に岩倉市役所に問い合わせた通り満開であった。私は以前にも3回見に来たことがあるので、ある程度土地勘がある。それでまず南へ歩いて行った。南の方へ行く人は少ないからいいと思ったのだ。ゆっくりと桜を楽しみながら、写真を撮りながら歩いた。

  信号のある大通りの城跡橋まで行きそこで折り返した。桜はその先も続いていた。一豊橋の近くだったと思うが、道端で甘茶を供しているところがあった。そこで甘茶を頂いた。小さなお釈迦様の像があり、頭から甘茶をかけていた。私たちも並んで甘茶をかけた。3度かけるのだそうだ。

  この日は4月8日でお釈迦様の誕生日だったのだ。タイやベトナムではお正月である。ディラムさんのスリランカでは5月にお釈迦様の誕生日があると言っていたので驚いた。

 その辺りから川沿いに屋台が続いていた。豊國橋の近くでKさんたちはちょっとした食べ物を買った。それを食べながら歩いた。その辺りから雨がぱらついてきた。傘を出して歩いた。

 岩倉橋を過ぎて川に下りる道があったので下りて行った。歩いている人はほとんどいなくて桜がとてもきれいに見ることが出来た。昭和橋のところに休憩所があったので、トイレに行った。道がぬかるんでいて滑って転びそうになった。トイレは仮設であった。

 平成橋まで歩いてその先まだかなりありそうだが引き返すことにした。以前来たときはそちら側に川にせり出した仮設食堂がたくさんあったが、そういうものはなくなったようだ。

 途中に新しい木造の喫茶店があったのでそこに入って休むことにした。ディラムさんが買った鬼まんじゅうを食べた。本当はいけないのだろうが店の人はだまっていた。

 雨がほとんどなくなった。岩倉駅まで800mという看板があったので親切だと思った。帰りにも神明社を通ると舞台が造ってあった。天気がよいと催し物をするのだろう。

 ディラムさんも五条川は初めてだと言い、Kさんも初めてだそうで、マークさんはもちろん花見は初めてなので、みなさんとても喜んでいた。私も久しぶりであったがずいぶん変わっていて新鮮であり五条川に来てよかったと思った。

ライトアップは今夜9時までである。

Img_2440


Img_2441


Img_2442


Img_2443


Img_2443_2


Img_2444_2


 

 

|

« 融通が利かない山崎川ライトアップ | トップページ | 共謀罪法は一般市民に無縁ではない―⑧― »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩倉桜まつりで五条川へ行く。見事な桜!!:

« 融通が利かない山崎川ライトアップ | トップページ | 共謀罪法は一般市民に無縁ではない―⑧― »