« テトロン | トップページ | 共謀罪法は一般市民に無関係ではない―①― »

2017年3月21日 (火)

スマホ料金は確かに高い

 スマホが普及して小学生でも持っている子がいるし、赤ちゃんにスマホを持たせて子守をさせているという状況も生まれている。電車で座席に座っている人の大半はスマホをいじっている。かくいう私もその仲間である。高齢者でもスマホをいじれるんだと見せたい気持ちもないではない。

  今日話していたら、ガラケイだと電車の中で出すのがはずかしいからスマホにしようかとお思っているが、月々の支払いが高いので迷っているという人がいた。

  私の場合Iphone6s64Gなので定価が11万8000円だったと思う。それを2年間の分割払いにしているので毎月7200円前後払っている。私は電話はほとんど使わないし、3G契約のパケットも丸丸残るくらいである。本当は1Gにしたいのだが契約でできないのだ。2年の年期が開けるまで待つしかない。

  私の考えは今年の秋に年期が開けるので、それ以後は現在のiphoneを使って行くつもりである。そうすれば機種代がなくなり、パケットも最低で済み払いが少なくなると思っている。

  数日前にYahooニュースで、スマホ代金についての調査を見つけた。MMD研究所が、「2017年 携帯電話の利用料金に関する調査」を実施し結果を公表したという記事である。MMD研究所というのはどんな研究所かは知らないが興味深い記事であった。

  調査の対象は15歳以上の男女971人。メインで利用している端末の月額料金を調査したもので、内訳は大手キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)のユーザーが335人、格安SIMが321人、大手キャリアのフィーチャーフォンが315人。

 ■支払っている平均額
 現在支払っている月額の利用料は、大手キャリアのスマートフォンのユーザーは半数が「7000円以上」と回答、平均は7876円になった。私もこの中に入る。
 
 一方、格安SIMのユーザーは「1000円以上2000円未満」が最も多く33.6%、「2000円以上3000円未満」が21.5%で続き、平均は2957円だった。楽天やYmobilを使っている知人たちはこの中に入る。
 
 大手キャリアのフィーチャーフォンユーザーも「1000円以上2000円未満」が最も多く35.2%で、平均は3071円だった。

 ■大手キャリアのユーザー「高いと思う」
 月額の料金についてどう思うかを聞くと、大手キャリアのスマートフォンユーザーの40.1%が「とても高いと思う」、46.4%が「どちらかといえば高いと思う」と回答し、合わせて86.5%が高いと感じている結果になった。私も高いと感じている1人である。

  格安SIMのユーザーは「妥当だと思う」が31.7%で最も多い回答だった。
 月額の平均が格安SIMと大きく変わらないフィーチャーフォンのユーザーは、最も多い33.7%が「どちらかといえば高いと思う」回答し、「妥当だと思う」は33%だった。

 ■適正だと思う月額料金
 適正だと思う月額料金を聞くと、大手キャリアのスマートフォンユーザーの回答の平均は4117円になり、実際に支払っている額の平均(7876円)とは3759円の開きがある結果になった。私は3000円以下に収まればいいと願っている。

  格安SIMのユーザーが適正だと思う額の平均は2176円で、ギャップは781円だった。
 フィーチャーフォンのユーザーが適正と思う額の平均は1952円で、ギャップは1098円。

 ■スマホ代金は7~9万円が2割で最多、「分からない」も2割弱
 現在利用している端末の代金について聞くと、大手キャリアのスマートフォンユーザーで最も多かった回答は「70000円以上90000円未満」で、20.6%だった。これに次ぐ19.7%は、「月々の分割で支払っているため、端末料金は分からない」と回答した。平均は5万9312円だった。私はいろいろ値引きがあって8万円台であった。
  格安SIMのユーザーは、27.1%が「10000円以上30000円未満」で最も多く、次いで「30000円以上50000円未満」が21.5%だった。平均は3万5614円。「月々の分割で支払っているため、端末料金は分からない」と回答したのは5.6%、「わからない」は3.1%だった。
 

  フィーチャーフォンのユーザーは平均が2万1545円、「10000円以上30000円未満」が22.5%で最多だった。「わからない」が19.4%、「0円」が19%で続いた。

■端末に支払ってもよい額の平均は2万円台半ば
 端末代金ではこのほか、大手キャリアのスマートフォンユーザーの82.5%が「高いと思う」と回答、格安SIMのユーザーでも「どちらかといえば高いと思う」が36.2%で最多になった。

 スマートフォン(端末)に支払ってもよいと思う金額の平均は、大手キャリアのスマートフォンユーザーは2万4984円、格安SIMユーザーの平均は2万3580円で、同じ価格帯になっている。私も2万円ぐらいで買えれば有難いと思う。

 
 格安SIMへの乗り換えについては、大手キャリアのスマートフォンユーザーは24.5%、フィーチャーフォンユーザーは26.7%が検討していると回答している。私は先に書いた様に買い替えずに使い続けるつもりである。

 
※元の記事は、ケータイ Watch,太田 亮三氏

 

 

 

|

« テトロン | トップページ | 共謀罪法は一般市民に無関係ではない―①― »

パソコン・インターネット・スマホ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマホ料金は確かに高い:

« テトロン | トップページ | 共謀罪法は一般市民に無関係ではない―①― »