2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 星空はなぜなくなったのか? | トップページ | 空港の荷物検査員が過重労働と初めて知った »

2017年2月25日 (土)

金正男殺害事件ばかりのNHKニュース

 金正恩北朝鮮主席の兄の金正男氏が殺害されてからもう10日以上になる。iphoneで「キムジョンナムが殺されたのはいつ?」と音声で尋ねたら、「キンマサオトコが殺されたのは2017年2月13日です」という答えが返ってきた。「ん?キンマサオトコ?」と一瞬たじろいだが、直ぐに笑ってしまった。

 この事件は、マスコミに恰好のニュースとして連日報道されているが、とりわけNHKニュースはいつもトップニュースとして扱っている。

 10日もたつのに今朝もトップニュースであった。それだけ世界の耳目を集める事件であったことは認める。国際空港という人の目が集まる場所で、インドネシア人、ベトナム人女性の犯行であり、たった2秒間で人を殺してしまったのだ。誰が見ても北朝鮮の金正恩の指図だと連想が行く。

 だから関心が集まるのは当然で、トップニュースになるのも無理がないとは思う。しかし、このニュースの陰に隠れて、大事な国内ニュースが報道されていないことは大問題である。

 大事な国内ニュースとは、今開会中の国会で審議されている案件関連ニュースである。その一つは「共謀罪」関連であり、南スーダンでの「戦闘」の有無の問題であり、さらに「安倍晋三記念小学校用地超格安払下げ問題である。

 いずれも非常に大事な問題なのに、NHKは取り上げようとしない。NHKは国会中継をやっているから必要ないというのであろうか。

 国会中継をやっていても、それを皆が見られるわけではない。上記のような大事な問題はニュースの時間で取り上げるべきだし、「クローズアップ現代+」や「NHKスペシャル」のような特別番組で取り上げるべきであろう。

 あの安保法制のときでも、NHKは形ばかりの人畜無害なニュースとして扱っただけであった。NHKにしてみればトランプ大統領ニュースに続いて、金正男事件が飛び込んできたので、これ幸いと国内重要案件を放送しない隠れ蓑にしているのであろう。

 トランプ大統領はあからさまにマスメディア攻撃を繰り返しているが、安倍政権はもっと賢く巧妙にメディア懐柔工作をして、NHKや大新聞を萎縮させてしまった。そして次々と国民生活に大事な案件を強行採決で成立させたしまった。以前にも指摘したがメディアの責任は重大である。

 NHKは視聴料を取っているのだからなおのこと、国民に大きな影響のある問題はきちんと報道をすべきである。

« 星空はなぜなくなったのか? | トップページ | 空港の荷物検査員が過重労働と初めて知った »

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金正男殺害事件ばかりのNHKニュース:

« 星空はなぜなくなったのか? | トップページ | 空港の荷物検査員が過重労働と初めて知った »