2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 賞味期限切れ | トップページ | LINEの無料スタンプをゲットして困ったことが起きた »

2017年1月30日 (月)

クリーニング代が高いのを知って驚く

 先日冬用の礼服をクリーニングに出した。昨年12月にコンサートで3回着たので出したのだ。礼服はいつもは1回着ただけでもクリーニングに出す。特に夏用は汗をかくことが多いので1回着ればだすのだ。

 クリーニングはいつも妻が出しているので、私はクリーニング代のことは全く知らなかった。礼服が戻ってきて代金を支払うとき、たまたま私が払った。

 そこで請求されたクリーニング代を見てびっくりしてしまった。上下のクリーニングが3200円で、撥水加工を頼んだのでその料金が900円であった。それに8%の消費税がつくのだ。

 これまで何の気なしに礼服を着ていたが、1回着ただけでクリーニングに出すと3440円もかかっていたのだ。

 ということは、コンサートに1回出演すると3440円のクリーニング代が必要ということになるのだ。合唱を初めて年に3回以上出演してきたが、毎年1万円余りのクリーニング代を払っていたことになる。コンサート出演に思わぬ出費があったのだ。

 寒くなってからずっと着ていたダウンのジャケットをクリーニングに出したが、念のためいくらかかるか尋ねたら、2360円(税込)であった。このジャケットは冬物バーゲンで6000円で買ったものであった。これまで2回クリーニングに出しているから今回で買値より高いことになってしまう。

 妻は気軽にクリーニングに出すようだが、クリーニング代がそんなにかかるのなら、これから買うときは家で洗えるウオッシャブルの物を買わなければ・・・と思った。

 もっとも退職後はジャケットを着ることはほとんどなく、カジュアルなもので過ごしているので、洗濯好きな妻がせっせと洗ってくれている。

 ネットで調べたら礼服は1回着たらクリーニングに出すことを勧めていた。しまってある間にカビが生えたり虫に食われることがあるというのだ。クリーニング代は1200円~2500円としてあった。

 我が家では2年ほど前から白洋舎の御用聞きが来るようになり、妻はそれをいいことに利用しているのだが、調べてみると白洋舎のクリーニング代はダントツに高いようだ。それに1件ごとに配達料が200円~250円ほどかかるので余計に高くなるのだ。高齢化の今日、御用聞き商法もいい儲けになるようだ。

 年金が毎年減らされるのでクリーニングも考えなければと思ったことであった。

 

« 賞味期限切れ | トップページ | LINEの無料スタンプをゲットして困ったことが起きた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も洗濯ものは妻に任せっぱなしなので、今日のブログで、えっ!そんなに高いのとの思いでした。
世の中高いものと一般に思われているものは必ず価格破壊者が現れる。お寿司は高い食べ物と言われていたが回転寿司の出現で庶民の口にも入るようになった。洋菓子も高いイメージがあるが、安値の
チェーンストアで美味しい洋菓子が買えるようになった。理髪料もしかり。勿論、高い価格はそれなりの品質が保証されている?はずである。特に洗濯代の場合は仕上がりが重視される。安くて仕上がり品質のいいところを見つけることが大切ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニング代が高いのを知って驚く:

« 賞味期限切れ | トップページ | LINEの無料スタンプをゲットして困ったことが起きた »