« 「夏目漱石の妻」を見て驚いた | トップページ | シン・ゴジラは自衛隊が全面協力していたのだ »

2016年10月 8日 (土)

自民議員全員起立―私と同じ受け止めをした人がいた

 衆議院での安倍首相所信表明演説のとき、自民党議員が全員起立して拍手した問題で、私と同じように、戦前の「兵隊さんありがとう」の歌を思い出した人がいた。友人が送ってくれた「弁護士 沢藤統一郎の憲法日記」のコピーにその歌が載っていた。

 私の年代の人かどうかは知らないが、この歌を知っているということは、おそらく同年代なのであろう。他にも同じ感じ方をした人がいることを知って嬉しかった。

 文章はパロディになっていて、安倍首相の気持ちを本人が語る形式になっている。面白いので以下に引用させてもらう。

 

「起立・斉唱」と「起立・拍手」

 久々に澄みきった青空が心地よい秋の日曜日に、爽やかならぬワタクシ・アベの登場でお目汚しをお許しください。ワタクシの今国会冒頭の所信表明演説が「北朝鮮現象」と評判が悪いのですが、釈明させていただきたいのです。

 問題の個所は、ワタクシが意識して声を張り上げた次のくだりです。

 「我が国の領土、領海、領空は、断固として守り抜く。強い決意を持って守り抜くことを、お誓い申し上げます。現場では、夜を徹して、そして、今この瞬間も、海上保安庁、警察、自衛隊の諸君が、任務に当たっています。極度の緊張感に耐えながら、強い責任感と誇りを持って、任務を全うする。その彼らに対し、今この場所から、心からの敬意を表そうではありませんか。」

 わたしは、「今この場所から、自衛隊員らに、心からの敬意を表そうではありませんか。」と演説したに過ぎず、けっしてワタクシから我が党の議員にスタンディングオベーションを求めたものではありません。もっとも、事前に最前列の我が党の若手議員諸君には内々「起立・拍手」の指示をしていたのは報道されたとおりですが、けっして全議員に指示もお願いもしていたわけではありません。前列が立てば、順次附和雷同が連鎖するだろうと、計算づくのことだったからです。

 君が代の「起立・斉唱」だって同じことでしょう。誰かが起立することは、周りの人に同じ行動を促す圧力になる。着席したままでは国家に意識的な反発をもっていると見なされかねない。順次起立の附和雷同現象が生じるものなのです。みんなが起立して一人不起立は、これはもう非国民。処分の対象としても大きな世論の非難はおきないのです。それとおんなじ雪崩現象を計算し期待したということです。

 できれば、公明や維新あたりには同調圧力が及ぶことを期待したのですが、そこまでは実現しなかった。その点ややものたりず残念ではありますが、さすが我が党の議員。ほぼすべての諸君の領土・領海・領空を守る兵隊さんたちへの鳴り止まぬ「起立・拍手」。これこそが戦後レジームを脱却した戦前回帰への大きな第一歩。そして、ようやくにして我が党の議員だけでも国防国家という価値観を共有する北朝鮮の域に近づいてくれたかと、感慨一入というところでございます。

 このとき、ワタクシの念頭にあったのは、あの「兵隊さんよありがたう」の歌詞とメロデイでした。念のため、歌詞を掲載しておきましょう。

   肩を並べて兄さんと  

 今日も学校へ行けるのは

   兵隊さんのおかげです 

 お国のために     

 お国のために戦った  

 兵隊さんのおかげです 

 

  夕べ楽しい御飯どき  

 家内そろって語るのも 

 兵隊さんのおかげです 

 お国のために     

 お国のために傷ついた 

 兵隊さんのおかげです 

 

  淋しいけれど母様と  

 今日もまどかに眠るのも

  兵隊さんのおかげです 

 お国のために     

 お国のために戦死した 

 兵隊さんのおかげです 

   明日から支那の友達と

   仲良く暮してゆけるのも

   兵隊さんのおかげです

   お国のために

    お国のために尽くされた

    兵隊さんのおかげです

    兵隊さんよありがとう

    兵隊さんよありがとう

 ワタクシがいう「海上保安庁、警察、自衛隊の諸君」とは、この歌の「兵隊さん」にほかならないのです。

 この歌は、日中戦争開始翌年の1938(昭和13)年10月、大阪朝日、東京朝日による「皇軍将士に感謝の歌」の懸賞募集の佳作一席に選ばれたのがこの歌だそうです。ちなみに、一等に選ばれたのは「父よあなたは強かった」だとか(ウィキペディア)。当時は、朝日新聞も国家や政府・軍部に全面協力の立派なことをしていたわけです。

 国民生活に奉仕する人びとはたくさんいることでしょう。障がい者や老人の介護に専念している多くの人にではなく、危険な消火活動に当たっている消防士にでもなく、「兵隊さん」には特別に感謝しなくてはいけないのです。平和を守るためには、国際間の格差や不平等や貧困をなくし医療や教育の普及をする活動が不可欠と言えば言えることでしょう。でも、そういう取り組みに地道に努力している人たちに感謝することはないのです。飽くまでも感謝の先は「兵隊さん」でなくてはならないのです。

 国の平和と安全を守るためには、武力を手段とする道と、武力によらない道とがあります。日本国憲法を素直に読めば、「武力による平和」「武力による安全保障」という道を明示的に放棄し、武力によらない平和、武力によらない安全保障という道を選択しています。ワタクシ・アベはこの憲法を天敵としています。この憲法を壊して、戦前同様に富国強兵をスローガンとする国防国家を作りたい。そのためには、何よりも、国民の中に根強くある「戦争は悪だ」という惰弱な厭戦意識や戦争アレルギーを払拭して、まずは「兵隊さんよありがとう」精神を涵養しなければならないのです。

 ワタクシが言及した「任務の現場」の中には、もちろんのこと辺野古や髙江もはいります。ここでは、国家的大局観を見失って、地方的な利益に固執する一部の人びとの激しい抵抗を排除するために、「海上保安庁、警察、自衛隊の諸君」が体を張ってがんばっています。

 まさしく、我が国の領土・領海・領空を守るための、辺野古大新基地であり、髙江ヘリパッドの建設ではありませんか。それを「沖縄地上戦の悲惨な体験から絶対に基地は作らせない」と妨害するのは、非国民ともいうべき不逞の輩以外の何者でもありません。そんなオジイやオバアの抵抗を排除するために、今日、今も、「兵隊さんたち」が極度の緊張感に耐えながら、強い責任感と誇りを持って、ごぼう抜きの任務を全うしているのです。

 その沖縄の彼ら「兵隊さん」に対し、今この国会のこの場所から、自民党議員諸君だけでも一丸となって、心からの敬意を表そうではありませんか、と申しあげたのです。

 えっ? 弁明になっていない? なぜそう言われるのか理由が理解できない。反日の非国民諸君には、ワタクシ・アベの言葉が通じないということなのでしょう。

2016102日)

 

|

« 「夏目漱石の妻」を見て驚いた | トップページ | シン・ゴジラは自衛隊が全面協力していたのだ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

安倍総理の気持ちになりきり、なかなか面白い内容でした。今の自民党は何をやっても支持率は落ちないという慢心驕りが横溢している様に思えます。しかし先般の都知事選挙では自民党の公認を得られない小池氏が自民党の公認の増田氏に圧勝しました。その小池氏も昨日は自民党幹事長の二階氏と会談し手打ちをしたのではと言われています。状況は猫の目の様に変わり何が何だかよくわからない。結局、政治家は確固とした信念があるわけではなく、損か得かだけで動くという誠に鼻白む結論にならざるをえないのではと思います。

投稿: Toshi | 2016年10月 8日 (土) 07時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民議員全員起立―私と同じ受け止めをした人がいた:

« 「夏目漱石の妻」を見て驚いた | トップページ | シン・ゴジラは自衛隊が全面協力していたのだ »