2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 凄い労作―参院選テレビ報道の検証―⑦ | トップページ | 凄い労作―参院選テレビ報道検証―⑧ »

2016年9月 6日 (火)

悪をのさばらせる結末が気に入らない映画「後妻業の女」

 たまたま見た9月2日の「NHKアサイチ」に豊川悦司が出ていた。後で分かったのだが映画「後妻業の女」に結婚相談所長として出たのであった。大竹しのぶが後妻業の女を演じる喜劇だというので観に行くことにした。

  結婚相談所長柏木(豊川悦司)と早くに夫を亡くした小夜子(大竹しのぶ)という美貌で奸智にたける女が手を組んで、結婚相談所にやってくる金や資産がありそうな男を陥れ、結婚または内縁の形で一緒になり、資産を狙うのだ。

  ドラマは9番目の夫となる、津川雅彦演じる元大学教授中瀬耕三とその次女朋美(尾野真千子)、長女尚子(長谷川京子)を巡る部分が中心となる。

  小夜子は耕三が脳溢血で入院し危篤となったとき、しめしめと思う。そして必死になって金庫の鍵を探すが見つからない。柏木に鍵師が紹介してくれという。柏木は立ち会うことと取り分の半分を貰うことを条件に鍵師を紹介し、金庫から通帳などを取り出すのに成功する。

  ところが耕三は奇跡的に持ち直す。そこで柏木は濡れタオルでもかぶせて殺せという。小夜子は点滴の管に空気を入れる。それで耕三は亡くなる。葬式では小夜子は喪主を務める。

  柏木とその知人のクラブ経営者を証人に作成してあった公正証書によって小夜子は遺産を全額相続すると宣言する。それについて疑問に思った次女の朋美はクラスメイトの弁護士に相談をする。弁護士は元警察官だという興信所探偵の本多(永瀬正敏)を紹介する。

  本多はいろいろと調べ小夜子が関係した9回の結婚について調査をまとめる。その過程で小夜子のこれまでの後妻業としての悪事の実態が解って来る。柏木と小夜子は少なくとも3人は殺しているのだ。だが本多はそれを弁護士に報告せず、それを元に柏木に5千万円で資料を売ることにした。柏木は本多を殺すことにし、小夜子の息子にそれをやらせる。

  息子は本多を殺すことに失敗する。そして母親の小夜子の所から逃走の金を取ろうとしたのを見つかり母親ともみ合いになる。そして小夜子は死んでしまう。柏木は小夜子をスーツケースに入れて捨てようとし、二人で車に積む。そこへパトカーが通りかかり不審に思われる。万事休すというときにスーツケースが動き出す。開けると何故か生き返った小夜子が現れる。

  娘の朋美は偶然に父親の引き出しから遺言書を見つける。そして遺留分としての遺産が貰えるので喜ぶ。

  最後は小夜子と柏木が元のように結婚紹介をするところで終わっている。

  この映画は、小夜子が10回の結婚詐欺を柏木と手を組んでやっていく過程の様子を喜劇タッチで描いている。また、登場人物が本多や鍵師や獣医などみな一癖ある人物ばかりで、女好きの柏木に絡む女も自分の利益を第一に考えている連中である。10番目鶴瓶が演じる不動産屋も一筋縄ではいかない男で、小夜子はやられてしまう。

  そうしたあわよくば騙してやろうと言うあくどい人間関係を面白く描いているのだが、結末が殺人の悪事を働いた柏木と小夜子やそれにつけ入った本多が法的に処罰されるのではなく、逃れてまた悪事を働く道にいることが納得できない。してやったりという終わり方なのである。

 婚活という言葉を聞くようになって久しい。今では若い人だけでなく、熟年、高齢者のための婚活も増えている。結婚相談所は全国に4000社、利用者は60万人と言われている。

 「熟年離婚」が増える一方で、未婚の中高年男性も急増してる。50歳の時点で一度も結婚経験がない男性は、2010年時点で5人に1人、1995年から2倍以上も増加したという。

 また、65歳以上の一人暮らしは約600万人、男性の5人に1人、女性の2人に1人が独身だそうだ。それで、50代以上の世代による「熟年婚活」が急増しているのだ。離婚後のセカンドライフを楽しみ新たなパートナーを望む人々や、未婚の中高年男性をメイン顧客とした熟年層向けの結婚相談所や婚活サービスが増えている。

 そうした風潮をうまく利用して、結婚相談所で効率よく相手を見つけ、資産を狙って結婚詐欺を働く犯罪が現れた。それを“後妻業”といい、それをテーマにして作られたのが「後妻業の女」である。京都で起きた事件は誰の耳にも記憶されていよう。

 大竹しのぶ、豊川悦司らも好演である。熟年、高年婚活へのある意味で警鐘を鳴らした映画だともとれなくはないが、悪が懲罰されず生き残る描き方には賛成できない。

 ここまでで終わるつもりでいたが、たまたま書店で「後妻業の女」という文庫本を見つけた。映画の原作になったもので著者は直木賞作家の黒川博行の受賞第1作である。

 結末がどうなっているか気になったので最後の方を読んでみたら、何と小説では、柏木がパトカーに見つかったときに逃げようとしたが捕まったのだ。そしてスーツケースを開けると、中から小夜子の死体がでて来たのだ。

 小説はそこで終わっているが、それが普通というものであろう。映画ではどうして小夜子を生き返らせ、柏木たちものさばらせたのであろうか?鶴橋康行監督が結末を変えたのであろう。原作者はどうして不自然な結末を許したのであろうか。

「後妻業の女 画像」の画像検索結果

« 凄い労作―参院選テレビ報道の検証―⑦ | トップページ | 凄い労作―参院選テレビ報道検証―⑧ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪をのさばらせる結末が気に入らない映画「後妻業の女」:

« 凄い労作―参院選テレビ報道の検証―⑦ | トップページ | 凄い労作―参院選テレビ報道検証―⑧ »